mokkouya.cocolog-nifty.com > クマゼミ観察記

2007年7月17日の午後8時半頃、
街灯の少ない暗い道を駐車場から独りトボトボ歩いていた。
道幅は決して広くは無いが、けっこう飛ばすクルマが多い道である。

十字路の手前に在るお寺の前まで来たとき、少し先の水銀灯に照らされた
アスファルトの上を何かモソモソ移動しているのが見えた。
近づいてみるとクマゼミの幼虫だった。
羽化する場所を探しているのだろうか?
でも、そんなにのんびり歩いていたら、クルマに轢かれてしまうなぁ、、、
雨も、パラパラ落ちてきたし、、、
仕方ない。ちょっとお節介しようかなぁ、、、

ちょっと、そこのお嬢さん。
人通りの少なくなった暗い夜道を独りで歩くのは危険ですよ!
よかったら、ウチに寄っていきませんか?
なんなら今夜、泊まっていっても構わないですよ。
そして、明日の昼ごろまで、ゆっくりしていっても、、、

と、言う訳でクマゼミの幼虫を誘拐してきたのである。

昆虫に興味のある方、この夏、クマゼミの羽化を観察してみようと思っている方、
よかったら参考にしてくださいね。