『ボントン・ロール』
見事である。