あっという間に飛んで行ってしまったF‐2