画像では普通に見えるが、妙に鮮やかだった『ドバト』