豊臣君の時代にこの梅林があったのかどうか知らないが、羨ましい。