« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020.07.31

7月最後の日

202007311

嘘のようなホントのような、、、7月最後の日。

今日は、クマゼミの声がうんざりするくらい煩くて蒸し暑い朝で始まった。
そして夕方、湿った砂埃のような雨の匂い(ペトリコール)がしてきたと思ったら久しぶりの正しい夕立。夏らしいと言えば夏らしい日だった。

この真夏の雨の降り始めの匂いも好きだけど、真冬の静電気の匂いも好き。

202007312

隣のマンション駐車場の東側の植え込みにある大きなクワズイモ?

よく見たら花が咲いていた。

このクワズイモは、8年ほど前に南側の植え込みフェンス脇に生えてきたのをマンションの管理人さんが2年前に日当たりの良いこの場所に植え替えたのだけど、想像以上に育ってしまって、、、ちょっと邪魔みたい。

8年前、南側にあった頃、このクワズイモの大きな葉っぱの下で黒猫クゥーちゃんが6匹の子猫を生んだ。その内の1匹がピョン吉。

202007313

ピョン吉は、ダンボール箱に入るのが好き。そしてご飯にはあまり興味が無い。
ヒロシは、ご飯が大好き。そしてダンボール箱には全く興味が無い。

同じ頃に同じ地域で生まれた同じようなキジトラ柄の猫なのに、、、

----------------------------------------------------------------------------------------------

結局今年の7月は台風が発生しなかったようだが、西日本を中心に北海道や中部地方を含む全国的に広い範囲で発生した大雨洪水災害がまだまだやってきそうな今の日本列島。
そして、コロナ第2波の到来? この先どうなる?どうする?

とりあえず少し早めの終活しようか?

先日、一昨年の台風21号で大量に屋根瓦が飛んでしまった(昨年修復済み)実家の納屋に置いてあるこの先使わないであろう材木の一部を運び出したのだが、やはり雨漏りの影響がそこかしこに見てとれた。

ケヤキやナラ、クスなどの材木を移動させて行くと、いちばん奥に立てかけてあったレーシングカートが30数年ぶりに姿を見せた。

202007314

18歳くらいの頃、仲間4人で共同購入した1970年代半ばの中古のヤマハレーシングカート。

当時、阪奈にあったカートコースに持ち込んで走らせた。
いつか、この車体に250ccくらいの単車のエンジンを載せて遊んでやろうと思いつつ、、、この有様。

現在のレーシングカートがどうなっているのか知らないけど、この頃のレーシングカートはクラッチなんて付いていないからスターターを持っている本格派の人たちは別として大体みんな押し掛けスタート。そしてブレーキングでロックさせてしまったり、コーナー立ち上がりでスピンしたり、他のカートとの接触でコース上で止まったりしたら即エンストである。後続車がいなければまた押し掛けして復帰できるけど、シケインなんかでエンストしたらコース幅が狭いので顰蹙(ひんしゅく)をかってしまうのである。

202007315

これが、MT100型エンジン。昭和のオッサンみたいな四角い頭。

ヤマハレーシングカートの最初期1975年くらいに発表したエンジンなので、昭和58年頃は既に時代遅れの旧式。
その頃は、KT100Jと言う丸っこいシリンダーヘッドのエンジンが主流だった。

202007316

たぶん?部品は全部揃っているので、整備すれば動くと思うけど、100%やらないので処分の対象である。
でもこのエンジン、なかなか雰囲気のある良い佇まいしてるよなぁ~
だけど、今回はコレをどうにかしようと思って納屋を発掘しに行ったわけじゃないので、見なかった事。

本当は、一番気になっていたのは、、、

202007317

この部品取りに使った1974年頃のゼッツーのエンジン。
32年ぶりに陽の光に晒されたエンジン。雨漏りの影響が殆ど無かったので安心した。

22歳の時、峠で転倒してアスファルトとガードレールの隙間に挟まってしまったゼッツー。
見事にシリンダーとシリンダーヘッドのフィンが砕け散ってしまったので修理しようと思い、部品取りになるようなエンジンを探していたところ当時20歳でハードトップのハコスカGT-Rに乗っていた知人がもっていたもの。この当時でGT-Rは250~300万円くらい(現在は1500~2000万円)していた。この人は結構なボンボンな人で、GT-Rの他に240ZGも所有していた。そして大きなお屋敷の縁の下に置かれていたこのエンジンと書付きフレームを格安で譲ってもらった。エンジン3万円、フレーム5万円。

先日、ヤフオクでゼッツーの部品を探していて現在の価格相場に驚いて撃沈してしまった。

所謂、当時モノと呼ばれる中古部品の落札価格が尋常でない。
例えば、初期型のミラー左右が ¥31,500。ディスクブレーキローター(円盤)が1枚 約¥40,000。
初期型のスピードメーター&タコメーター&インジケーター&ベースのAssyが何と ¥362,000。
極め付けが、ブレーキ&クラッチレバーが ¥94,000。20cmほどの長さの古い黄ばんだ樹脂コーティングしてあるアルミの棒っきれ2本の値段。こんな高価な消耗部品って使えるんかなぁ? 飾ったり眺めて楽しむのであれば、額装や桐箱の製作承りますけど。

車体本体は、Z1-900よりもZ2-750RSのほうが断然高くて怖い。投資目的か?

因みにエンジン単体では、オーバーホール済みのピンが80万円~100万円。普通の中古が40万円~50万円。ウチの部品取り用のキリでも30万円くらいするみたい。

202007318

このエンジンもゼッツーを復活させてからになるが、いつかオーバーホールして完成させてやろうと企んでいる。

エンジンの腰下(画像左)とシリンダーブロック、ヘッド、カムカバー(画像右)には雨漏りによる影響は見られなかったが、段ボール箱に入れて保管してあったカムシャフトやバルブ、カムチェーンテンショナーなどのパーツは残念ながら錆びて使い物にはならない。元のエンジンに付いていたノーマルのバルブスプリング、バルブ一式、カムシャフト、クランクシャフト、ケイヒンVM26キャブ、その他重要な部品は、ゼッツーと共に木箱に閉じ込めてあるのでたぶん?大丈夫のはず。それに昔とは違って今は純正部品と同等あるいはそれ以上の品質のリプロパーツが豊富に出回っているので、ゼッツーに関しては何の心配もないのである。

今回、発掘調査をして唯一勿体ない事をしたなぁと思うのが、Z750(A4)と750RSのフロントフォークのインナーチューブがサビサビでパァ~になってしまったこと。分解してインナーチューブを新しいものに交換すれば使えるようになるのだけど、部品代だけでそれぞれ2万円ほどかかるし、リビルドしてもどうせ使う事のないものなので、これらはジャンク扱いで処分の対象になる。

さて、これらをどうやって運び出そうか? 32年前に納屋に運んだ時は、実家の玄関からエンジンを抱えて40cmほどの段差を超えて中の間~居間~台所~中庭~納屋へと休憩しながら運んだのだけど、その頃は若干23歳の細マッチョなころの話し。エンジンの腰上はバラした状態なので問題は無いのだが、腰下部分は台車に載せるだけでもこちらの腰が痛くなりそうな重さ(70kgくらい?)なので今の体力では到底無理な話し。しかも10年くらい前に母が大腿骨を骨折した際に台所に設置した介護用手摺りが行く手を阻んでいる。

来週、甥っ子が実家に来るので、その時に中庭から廊下の上まで持ち上げるのを手伝ってもらいそこから家の中を台車でゴロゴロ運び出すしかない。

202007319

倉庫に戻って、使わない材木を物色するが、もう疲れてヤル気がでない。
この奥の正面に少し見えている木箱の中に23年間もゼッツーが閉じ込められている。
その上の大きな段ボール箱の中には、ヤマハSRXの部品が入っている。

2020073110

材木が立てかけられている画像の右側に全く見えないが、木箱の中に同じく23年間も閉じ込められている御年51歳のW1-Sがある。
W1~W3も消耗品ならリプロがあるようなので、純正部品に拘らなければ復活も難しい事ではない。

2020073111

はぁ~ 老後の楽しみの宝石箱やぁ~

2020073112

出来れば復活させてやりたいけど、このキリギリス状態のヤマハSRX(手前)も組み立てて手放そうかなぁ、、、

ホンダXLR250も乗る事ないかもなぁ、、、

2020073113

陰に隠れているトライアルバイクのホンダTLM220Rは手放すことにする。

このコロナ禍で気付いた事は、あまりにもモノを持ち過ぎているという事。

身体に着いた贅肉も、、、もう少し身軽にならねばなぁ。

本日の1曲。

| | コメント (0)

2020.07.13

空梅雨かと思っていたら、、、

【お知らせ】

只今、mokkouyaでは、木端・無垢板・材木の処分市をしています。

このご時世、いつまでこの仕事が出来るか分からないし、老眼による体力・気力の低下で中々自分の作品が作れない。帝塚山の倉庫に置いてある材木も自分がこの仕事をしている間に到底使いきれないくらいの量がある。せいぜい10年分くらいの材木と老後の楽しみに取ってある分を残して、あとは使わないだろうと思う材木をぼちぼち手放そうと思っている。

今回は、機械場にあった材木のみの処分市なので、300円とか500円とかタダで持って帰ってみたいな木端が殆どですが、本格的?な材木も追々並べる予定です。

このところ大阪でもコロナの感染がまた広まりつつありますが、興味のある人は是非覗いてみてください。

202007131

7月に入って漸く花を咲かせたゲンペイカズラ(クレロデンドロン)

ウチのゲンペイカズラは、毎年2月頃に葉っぱを5枚ほど残してあとは全部摘み取ってやると5月頃に若葉が芽吹いて中頃に蕾が膨らんでくる。そして、6月の初めごろには花を咲かせるのだけど、今年は6月に入っても中々葉っぱが出て来なかった。もしかして今年は咲かないつもりなのかな?と思っていた。やっぱり気候が異常な方向に変動してるのかな?

異常気象と言えば、今年も梅雨入りしてから中々梅雨らしい雨が降らなかった。
と思っていたら7月に入って各地で集中豪雨が、、、
九州や中部地方で発生している「令和2年7月豪雨」による洪水や土砂災害の犠牲になられた方々とご遺族の皆様に心よりお悔やみ申し上げますとともに、被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。

ニュース番組に映される河川氾濫の中継映像を見るたびに恐怖を感じ、洪水があった地域の変わり果てた風景や被災された方々の姿を見るたびに心が痛む。

大阪は、比較的自然災害の発生が少ないとは言うものの、ウチは1級河川である淀川の堤防から50mほどの場所なので決して他人事ではないような気がする。大阪市北区の水害ハザードマップをみると淀川が氾濫した場合、この辺りでは最大で水位が3mになるらしい。

----------------------------------------------------------------------------------------------

それにしても今日は寒い。

ウチのニャンコさんたちも殆ど1日中寝ている。

202007132

ピョン吉は、比較的寝相が良い。お腹を出して眠っているところを見た事が無い。野良出身ではあるが、ちょっとベンガル風。

202007133

ヒロシは、、、外猫の頃からこの格好。良く言えば、マンチカン風。

202007134

この寝姿を見ているだけで癒される。

202007135

こんなにリラックスしているけど、まだ抱っこは出来ない。

202007136

ヒロシはこんなとぼけた顔をしているけど、爪がピンピンに尖っていてじゃれるたびに手や腕にプスッと刺さって危険だったのである。

でも今日、初めて爪切りに成功した。漸く本格的に戯れることが出来るようになってウレシイ。

202007137

このところ出来るだけ外出をしないようにしているので、70’~80’の音楽CDの「My Best盤」を作って遊んでいる。

でも、CDが古いからなのか?CD-Rに書き込めない曲もあったり、、、

202007138

お気に入りの「一発屋的アーチスト」のCD

1983年にヒットした【Men Without Hats】の「the Safety Dance」
1987年にヒットした【BROS】の「when will i be famous?」

本日の1曲。 1980年に鹿取洋子さんがカバーしてたよなぁ。

| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »