« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020.05.30

飛び出そう青空の下へ

【業務連絡】

本日、5月30(土)の12時(正午)より2020年 7月~9月期の木工教室の 予約受付が始まります。

漸く新型コロナウィルス感染症の拡大による緊急事態宣言が解除されたとは言え、まだまだ安心は出来ない状況ですが、木工教室は通常開催しますので勇気を出して受講予約宜しくお願い致します。

202005292

上の画像は、地味な色の積層材を使った上級者向きの蟻組みの小引出し。

ただし、通常カリキュラムでは、積層材では無く、無垢の板材を使用します。

※ 積層材を作るのにかなりの労力(4月5日からの当ブログ参照)が必要なので対応不可です。因みに、材料費を計算してみたら通常カリキュラム「蟻組みの小引出し」の7倍になりました。

202005293

この角っこの木組みの方法が「蟻組み」

なぜ蟻組みと言うのか?諸説があり、組み手の形が蟻が頭を寄せ合っている様に見えるのだとか、蟻の巣の様な、、、とか?

ハッキリ言って、個人的にはどちらにも見えませんが、、、

202005294

英語圏の国々では、この台形の組み手が鳩の尾の形に似ていることから「ダブテール」と言うのだけど、こちらの方がしっくりくる様な気がする。
「鳩尾組み」なら納得できるんだがなぁ、、、

202005295

底板は、「通しホゾ組み」

ホゾ? へその事らしいが、よく分からんのだ。
要するに突起の部分。

202005296

このツマミは、真ん中からチェリー、ホワイトアッシュ、ウォールナット、オークを積層して旋盤で削り出したモノ。

希望があれば作りますが、とっても高いです。
怖くて値段は言えません。

202005297

精密な手書きの図面を基に製作。もちろん仕口見本も積層材。

この後、Photoshop Elements を駆使して寸法図を作成して、Word で制作図面を作るのだけど、これが思いのほか時間がかかるのである。
聞くところによると、3D-CADのフリーソフトっていうのがあるらしいけど、やっぱり従来通りアナログ?な方法でやろうと思う。

202005291

上の写真は、26年前の今頃。

34年前に10年落ちの中古で買ったゼッツー。

900Z-1や750Z-2が新車で売られていた昭和47~48年頃に流行っていた歌謡曲「太陽がくれた季節」
あの時代が好きでたまらない。

本日の1曲。

| | コメント (0)

2020.05.24

1ヶ月半が経過した。

202005231

緊急事態宣言が発令されて1ヶ月半が経過したけど、、、

正直、この1ヶ月半は、平常時よりも真面目に休み無く仕事をしていたので、あっという間に過ぎ去った。

ともあれ、まずは爆発的な患者急増がなかったのでホッとした。

だけど、なんか自粛警察って呼ばれていた心が荒んだ人や、自分さえ良ければいいという振る舞いをする輩が際立った1ヶ月半でもあった。

それはそうと、特別定額給付金とかアベノマスクって、遅すぎてホントに役に立たん。

ウチには、届く気配もないし、、、

----------------------------------------------------------------------------------------

ウチは、昨日から木工教室を再開した。

有り難い事にこのコロナ不況の最中、脚を運んでくれる受講生の方々には本当に感謝の言葉しかない。

それにしても久しぶりの木工教室。

バタバタしていたので、さすがに疲れた。

木工教室の後片付けをして、珈琲休憩したらいつの間にか椅子に座ったまま寝落ちしていた。

目を覚ますと、ヤマダもぴょん吉もヒロシも同じように寝落ち。

202005232

寝落ちのぴょん吉

202005233

寝落ちのヒロシ

----------------------------------------------------------------------------------------

4月の初めにぶちまけた端材。

202005234

体積にして約0,3㎥

ウチでよく使う長さ2,400×幅180×厚さ34mmの板材に換算して約20枚分。

202005235

が、2週間後には10分の1ほどの量になった。

202005236

それを毎日、せっせと貼り合すこと2週間、、、

202005237

端材を加工し始めて約1ヵ月かけて積層したのが上の画像。

202005238

それを整面し、厚みを出して、所定の寸法に切った部材と切り落ち。

202005239

結局、出来上がった積層材は、段ボール箱に詰めたら3箱分くらいの量に、、、

2020052310

寄せ木の額縁用の積層材。

2020052311

寄せ木のCOBON用の積層材。

2020052312

寄せ木のスツール用の積層材。

この他に余った地味な色の薄板で作った積層材で只今上級者向きの蟻組みの小引出し「コテコテの大阪モデル」を製作中。

3~4日中には完成する予定。

2020052313

ウチの路地の瀕死の花柚子の葉っぱに群がる3密中のナミアゲハの2齢幼虫たち。

もう葉っぱが無くなりそうなので何とかしてやらねばなぁ、、、

-----------------------------------------------------------------------------------------

これから新しい生活様式とやらが始まるそうだけど、、、

あゝ、、、アナログな生活様式が失われるのかぁ、、、

はたして昭和大好き40年男は、ついて行けるのだろうか?

本日の1曲。

| | コメント (0)

2020.05.10

ラミネート三昧

202005091

2週間前の淀川河川敷。
河川敷で寛いでいるヒトもネコも穏やかに見えた。

しかし、緊急事態宣言が延長された今、スーパーやホームセンターは家族連れで連日大賑わい。こんなんで大丈夫なんか?
真っ赤なシャー専用の太陽の塔にならなければ良いが、、、
でもちょっと見たい気もする。 アカン。

202005092

黒っぽいハトぽっぽ。

202005093

中州の岸辺寄りは流れが穏やかでヌートリアやカモ達の散歩道?になっている。

202005094

ナヨクサフジの青い花が満開。

202005095

この日の河川敷は、風が強く気温も低かったので、散歩している人は疎らで少々寂しく感じた。

それにしても、、、
日常では連日、口を尖らせたコメンテーターが機関銃のようにコロナ関連のニュースで騒いでいるけど、ここではヒバリがピーチクパーチク鳴いている以外に騒ぐものは居ない。ただただ静かに時間が流れてるだけ。

202005096

2週間前に製材整面した段ボール箱7個分の薄板の一部を材種と材色別に分けた。

202005097

積層する部材の組み分けと貼り合わす準備。

積層したときに鉋で削る方向を揃えたり、木目の流れや色合いを合わすのに結構時間がかかる。
そして、自動鉋盤で厚みを整える際に樹種や木目、硬さによってどうしても段落ちするモノがあるので、その部分を鉋で平滑に削ってやらないと積層したときに隙間が出来てしまうのである。

202005098

一度に接着出来るのは、多くても15枚くらい。

この時期は接着剤が乾き易いので、もたもたしていたら初めに塗った板が接着不良を起こすのである。

202005099

16種類の幅と長さに積層した部材。

数えてみると、貼り合せた板は全部で1935枚。

ケヤキ、ニレ、タモ、ナラ、クリ、キハダ、ヤマグワ
セン、ケンポナシ、ブナ、トチ、クルミ、ミズキ
クス、マカバ、アサダ、チェリー、レッドオーク
ホワイトアッシュ、ウォールナット、マホガニー
メイプル、シカモア、アルダー、カリン、ブビンガ
ウエンジ、アサメラ、アパ、モンキーポッド、レオ
モアビ、ニャトー、ホワイトメランチ、アユース

以上、35種類の広葉樹を使用。

一旦、この状態で放置。

それぞれの樹種によって比重や収縮率が異なるので、充分馴染ませて狂いを出し切ってから後日整面して寸法切りする。

2020050910

20cmを超える幅の積層の場合、初めに3分割で積層しておいて、それを整面してから接ぎ合わせる。

15枚ほど積層すると、必ず板幅の真ん中が1mm程度膨れてくるので、板の捻じれと反りを取ってから接ぎ合わす面を少し空かして削ってから接着しないと経年変化で木口から割れてくるのである。

前回、積層大会をしたのが3年前。寄せ木の額縁を沢山作った。
次回の積層大会はまた3年後の予定。
本音を言うと、薄板はしばらく見たくない。

本日の1曲。

| | コメント (0)

2020.05.02

やっぱり延長するみたい。

【業務連絡】

木工教室受講生の皆様、如何お過ごしでしょうか?

5月7日からかつての日常に戻ることは困難と考え、5月4日に
緊急事態宣言を1カ月程度延長するとした安倍首相の発言を受け、
感染症蔓延防止の為、5月期の木工教室も休講とさせて頂きます。
(緊急事態宣言が終了する5月末まで休講予定。)

また皆様にお会い出来る日を楽しみにお待ちしております。

202005011

今年も路地のコンクリートの隙間から勝手に生えてきた野茨の花が咲き乱れている。
今年で樹齢は4年になる野茨、年々花の数が増えて立派になってきている。
路地に面した窓を開けると少し酸味のある甘い香りがいっぱい入ってくる。
あゝ 少し幸せな気分になる。

今日から5月。

気が付けば、ウチとは無縁の大型連休ゴールデンウィークが始まっていた。
と言ってもウチは、4月から超超超~大型連休である。
5月も続くぞ! 参ったか! ちきしょーっ!

202005012

一昨日、気分転換にパイナップルを全部外に出してやった。

いつもは、植木鉢の間を猫が通れるように開けて並べるのだが、今年からはその必要が無くなった。

このパイナップルたちは何時まで経っても花を咲かそうとしないのだけど、この葉っぱの鋭い棘が人間の子供やリードを付けずに散歩させている飼い犬からオカちゃんやヒロシを守ってくれていたのだ。

202005013

最近、ヒロシは我がままを言うようになってきた。
外猫時代は、すごくクールな猫を装っていたが、一緒に暮らすようになってそれが正反対であることが分かった。
実は、ぴょん吉よりも甘えん坊で構ってちゃんだと言う事が、、、

つかつかと足元までやって来て背中を向けて座り、少し間をおいてからゆっくりと振り返って「マッサージしてよ。」って目で訴えるのである。

今、ヒロシが夢中になっている遊びは、ゴルフボールより少し小さいくらいに丸めた紙屑サッカー。
なんて安上がりなオモチャ。

202005014

でも、あまりヒロシばかり相手していると、ぴょん吉先輩がヤキモチを焼くので気を付けてあげないと、、、

あゝ、、、我が家にニャンコさんが居てくれてホントに良かった。
2匹とももうすぐ8歳。人間の歳に換算すると48歳くらい。
もう立派な中年男なのだが、可愛くて仕方ない。

本日の1曲。 カッチョええなぁ~ Char

| | コメント (0)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »