« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020.03.31

今のところ

【業務連絡】

このところ新型コロナ感染者も日々増加し、外出規制の要請も頻発しておりますが、今のところ木工教室は、4月期も引き続き通常開講します。
ただし4月期に限り教室受講日のお休み・変更に関しましてはキャンセル料は課金しません。

状況を鑑みて事前に休みたい、変更したいという方はお早めに(2日前迄に)お申し出ください。すでに受講日を変更されている方も、4月期に関しましては上記有効といたします。【注意】2日前(48時間前)以降のご連絡は、大阪市の交通インフラロックダウン時を除いてこの限りではありません。

本来ならば、ウチのような不要不急の仕事は、休業するのが好ましいのかも知れませんが、日々の生活の為、止むを得ないと言うところが心苦しい。

ただこの状況もいつまで持つか? 実際のところロックダウンしてもしなくても、コロナが終息してもしばらくは、川底を這いずり回るような生活になるのかも知れないが、、、人生ゲームの振り出しに戻るくらいは良しと考えておかねばならない。そしてゲーム終了だけは避けたい。

202003311

今、世界中で起きている事を何も知らないニャンコさんたち。
この子たちが居るだけで心が救われている気がする。

 

先日、亡くなられた志村けんさん。
老若男女問わず幅広い年齢層の人々に支持されていたのがTV報道やSNSを通じて感じられる。
『8時だョ!全員集合』や『ドリフ大爆笑』を見て笑って育った世代としてやはり残念で寂しい。

30年くらい前、舞台大道具の仕事で、渋谷公会堂(建て替えられる前の)に行ったとき、「全員集合の舞台転換の時は時間が無いからあの上の搬入口から下に舞台セットを投げて落としてたんやで。ほんで、パトカーを舞台に飛ばした時も大変やったらしいで。」と先輩から聞かされワクワクしたことを思い出す。

あゝ、活気溢れるあの時代の象徴がまたひとつ失われたんやなぁ、、、

本日の1曲。

202003312

| | コメント (0)

2020.03.29

災害時備蓄品

202003292

仲良く並んで窓の外を眺めていたと思ったら取っ組み合い。

今日は日曜日であった。
いつもなら木工教室がある日なので、今頃クタクタのはずが、、、
大河ドラマが始まるまで月曜日だと勘違いしていた。

このところ、スマホのニューストピックスは、「1日当たりの新規感染者数として最多」の連発。
タイミング悪く、今は日本人にとって1年で一番気が緩む花見の季節。
今まで比較的自由で平和な暮らしが当たり前だったのが行動を規制されたことによりストレスが溜まっている様で、桜が見ごろの公園などでは些細なことからトラブルになっているらしい。
どうやら子供よりも大人の方が我慢できないみたい。
欲求を絶たれ自制心が堪え切れずに爆発した感じがみっともない。
だけど、オリンピックが延期になって、それまでの淡い期待と張りつめていた不安が一気に崩れて虚しさだけが残るよなぁ。

それにしても、TVニュースで見るアメリカやイタリア、スペイン、フランス、ドイツ、イギリス、、、これが現実か、、、
2週間後の日本は、いったいどうなってるんやろか?ちょっと怖い。

あれ? 北朝鮮がまた弾道ミサイル発射?
ええ加減にしとけよ金! 今、そんなことやってる場合とちゃうやろ!
でも今は誰も構ってくれへんわ。みんなそれどころやあらへん。

202003291

今日、いなばのチャオ缶詰が3箱届いた。
とりあえず、ニャンコさんたちの災害備蓄品は用意できた。
人間の分は何も備えは無いけど、、、
いざとなったらキャットフードを分けて貰うと言う手があるから多分大丈夫。

本日の1曲。

| | コメント (0)

2020.03.26

なるようにしかならん。

202003261

関東がちょっと大変な状況になりつつあるけど、他の地域にとっても決して対岸の火事ではない。
明日は我が身、、、覚悟しておかねば。
とは言うものの、こんな状況は今まで経験したことが無いので、正直どうして良いものか分からない。
この先どうなるのか?仕事は?日々の生活はどこまで制限されるのか?
そろそろ不安になってきた。
それにしてもちょっとマスコミは不安を煽り過ぎ。
そして、タレントコメンテーターは政府批判し過ぎ。
呆れ総理婦人は平和ボケし過ぎ。

202003262

そんな状況でもほったらかしのムスカリは今年も綺麗な花を咲かせてくれる。

202003263

ローズマリーもひっそりと咲いている。

202003264

5ヶ月前、ツマグロヒョウモンの幼虫に葉っぱを食いつくされたド根性スミレも一生懸命咲いている。
今年に入って良くない事ばっかり続くけど、きっと何処かに良い事は隠れているはず。
こんな時こそ否定的な見方や消極的な気持ちにならず、今の現実を受け止めて、それに対して出来る事をしようと思う。
どの道、なるようにしかならんのだから。

本日の1曲。

| | コメント (0)

2020.03.14

気分を変えて、ホーホケキョ!

202003131

【ジョウビタキのジョビ子さん】

選抜高校野球が残念なことになってガッカリしてたら、、、
とうとうオリンピックの開催までどうのこうの言い出した。
えらいこっちゃ。
それにしてもコロナの野郎! パンデミックてかっ!
なんか美味しそうやないか!クソ!

 

家でニュース番組観ていても同じような話題でつまらんから、今日は昼から気分転換で河川敷へ散歩しに行くことに、、、

溜まっていたニャンコさんの食べ残しのキャットフードをハトやカモにあげながら上流の方に向かっていると、空中でホバリングしながら小さな虫を食べているジョウビタキのジョビ子さんに出会う。

202003132

去年、ヌートリアの巣があった芦原に行くと「ホーホケキョ」の声。

鶯って、間違ったイメージを持っている人が多いと思うけど、自分も昔はそうだったけど、ウグイスって春先の山の梅の木に止まって鳴く薄緑色の小鳥って言うよりも水辺の草むらの中で忙しなく動き回っている地味な色の小鳥の方が正解かも知れない。

上の画像は、鳴き声の聴こえる辺りに見当を付けてコンデジを最大ズームで撮った画像。

距離にして10メートルくらい離れているからウグイスが見えてからコンデジのズームを合わせてもピントが合う前に何処かへ移動してしまうので中々撮れない。しかも地味な鳥なので見つけ難いのである。

202003133

上の画像の矢印の辺りを拡大すると、ピンボケのウグイスが写っていた。
判るかな?センダイムシクイみたいな白っぽい眉毛の小鳥。

202003134

帰り道、ヌートリアのヌーさん現る。
少し小柄な若いヌーさん。

202003135

少し泳いでは、潜って何かを捕らえてモグモグ。
帰って、PCにデータを移して見たら大きなオタマジャクシを掴んでいた。

今日、出合った野鳥は、ジョウビタキ、ウグイス、ヒバリ、ハクセキレイ
ツグミ、ヒヨドリ、スズメ、ムクドリ、ドバト、カラス、ヨシガモ、カルガモ
ヒドリガモ、キンクロハジロ、オオバン、カワウ、、、

ちょっと歩き疲れたけど、少しは気分転換できたかな。

本日の1曲。

 

| | コメント (0)

2020.03.11

春なのに

202003101

オカちゃんが居なくなって1ヵ月経った。

鳴きっぱなしだったヒロシもようやく少し落ち着いてきた様に思う。
最近は、良くしゃべってくれるし、マッサージやブラッシングを催促するようになった。
ぴょん吉とも少しずつ慣れてきたみたいで、最近は追いかけっこしていることもある。とは言うものの、、、
ヒロシは、ぴょん吉の顔をベロンベロ~ンって舐めてあげるのだけど、ぴょん吉はそれが嫌みたいで猫パンチ。
そしてどつき合いが始まる。
でも、ぴょん吉(画像左)とヒロシ(画像右)は、何となく上手くやっていけそうな気がする。
まるで、ド根性ガエルのように。

 

それにしても、もう春なのに、、、ちっともワクワクしない。

こんなことを書いたら不謹慎かも知れないが、連日のコロナ関連ニュースはもううんざり。
こういう時こそ明るいニュースを取り上げろって思う。
昨日、ニャンコさんのおやつを買うついでにトイレットペーパーとティッシュペーパーもそろそろ買っておこうかな?と思い近くのコーナンに行ってきた。
いくら何でももう商品は並んでるやろ。と高を括っていたらトイレットペーパーは全く無い。ティッシュペーパーも1家族に限り1パックでお願いしますって、、、
ニュースでは、あれだけ在庫が有るって言ってたのに、、、ホントに無いの?
ウチは、年末に買ったトイレットペーパーが残り6ロールとティッシュペーパーが1パック残ってるからまだ2週間くらいは過ごせるから良いけど、、、

202003102

今に始まった事ではないが、諸事情により、この数年遊びに行くことが出来ないので新しい発見や話題が無い。
なので過去を振り返ることが多くなった。
とは言ってもやりたい事は山ほどある。いつも前向きのつもりなのだが、、、

 

高校生の頃、単車イジリと並行して波乗りに夢中になっていた。
高2の夏休みにトラックの整備工場でバイトさせてもらい得たお金でサーフボードをオーダーした。
それまでは、ギャラップ大阪で買った3万円のシングルフィンでやや大きめのディック・ブリューワの中古ボードをボロボロになるまで使っていたのだが、当時主流だったツインフィンがどうしても欲しくて、近くの『サーフィング・ハワイ大阪』で生まれて初めてオーダーしたのだ。
当時、実家の近くには、Willi Wili(The Surf Riders)やO.F.E(オーシャン・ファー・イースト)などのサーフショップもあったのだが、どうしてもこのマークの板が欲しかった。

結局あまり上達はしなかったけど。

202003103

1980年代の初め頃、丘サーファーと言うのが流行したのだが、今にして思えばあの頃のファッションって派手やったなぁ、、、

地味な紺色や灰色、深緑色を好んで選ぶ今の自分からは想像もつかないが、ライトニング・ボルトのTシャツに真っ青なペインターパンツでオレンジ色のコンバースローカット履いてアメ村に遊びに行ってた時代。
学校に行くのにも何を血迷ったか?マックレガーの白い開襟シャツにベンデイビスの黒いワークパンツでトップサイダーのデッキシューズ履いて行くのが恰好良いと思っていたあの時代。

それが、精いっぱいのお洒落やったなぁ、、、可愛かったんやなぁ。

202003104

先日、ネットサーフィンしていたら懐かしいサーフショップの名前に目がとまった。

『ラハイナ』アメ村の西の端っこの方にあったサーフショップで、高校生の頃、良く行っていたのだけど、サーフィンがどうのこうのって言うよりもこのお洒落な「花クジラ」のマークのついたグッズを買いに行っていたと言うのが正しいかも知れない。
ここのTシャツやパーカーは、クタクタになるまで着倒した。

そして、中の仕切りを取っ払って縁を縫ったぺったんこの学生カバン?(雑誌GOROとバイク雑誌モトチャンプの2冊くらいしか入らない)に貼っていたピンクの「花クジラ」ステッカーとTシャツ(地味な方)を衝動買い

202003105

サーフィング・ハワイ、ラハイナ、ゴッデス、H・I・C、タウン&カントリー
ディック・ブリューワ、オフショア、クイックシルバー、ローカルモーション
リップカール、アイパ、ダブ、ラッシュ、モス、、、懐かしいなぁ。

興味のない人には、まったくもってつまらん今日の木工屋である。

本日の1曲。

 

| | コメント (0)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »