« 三台目・ミニフォルテ・ブラザーズ(再生編) | トップページ | ほぼ、「なつぞら」 »

2019.05.29

三台目・ミニフォルテ・ブラザーズ(組立て編)

201905290

 【業務連絡】

5月31(金)の12時(正午)より2019年7月~9月期の木工教室の予約受付が始まります。

その他の教室では今日現在、NHK日曜日(午前)クラスに空席があります。

---------------------------------------------------------------------------------------

昨日は、朝から残忍で身勝手な事件のニュースで1日が始まった。
犠牲になられた方々に心からご冥福をお祈り申し上げます。

大阪は、1中雨が降っていて、機械場に籠って仕事をしていると、蒸し暑くて想像以上に体力を消耗し、夕方には中途半端に絞った雑巾の様にクタクタになってしまった。
今からこんな調子では、果たしてこの先の湿湿蒸し蒸し鬱陶しい梅雨~茹だる様な夏を乗り切れるのだろうか?
あぁ、、、早く秋にならんかなぁ。
 

今日は、いよいよミニフォルテの組立てに入って行こうと思う。
 

201905291

上の画像は、既に送りローラーを組付けて、綺麗にしておいたラベルやプレートを元の位置に貼ってある。

201905292

 ガランガランと音を立てていたのは、本来この場所に2本のネジで取り付けられているダストカバーのネジが、1本無くなっていて、しかももう1本のネジも緩んでいた為である。
そして、ネジが無くなっていた方のネジ穴は、たぶん無理やりネジを捻じ込んだようで、ネジ山が潰れて新しいネジが入らなかった。

なので、タップで修復。ねじねじねじねじねじねじねじねじねじ、、、

201905293

モーターのボディ内部にまで木屑が入り込んでいたので、思いのほか掃除に時間がかかってしまった。
そして、綺麗になったモーターを組付ける。

201905294

モーターのプーリーと刃軸にドライブベルトを張って、減速機を組付ける。
この時、送りローラーのスプロケットにチェーンを掛けるのだが、これが慣れないうちは難しくてちょっとしたコツがいる。
この作業は、1号機と2号機も含めてもう20回くらいこなしているので楽勝だけど。

201905295

全てのパーツを組付けて試運転。

簡単に書いたけど、ドライブベルトの張り具合、カッターヘッドの高さ調整、替え刃の取り付け(3枚刃の微調整)、送りローラーの調整をきっちりとやっておかないと、ミニフォルテの本領が発揮できない事は言うまでもない。

201905296

画像では判り難いが、厚さ0,5mmまで削ることが出来たので合格。
その後、慣らし運転を兼ねて約30分連続運転×5回程度したが、不具合も無く調子良く可動している。

もちろん現在も使用中。

201905297

before 

201905298

after

201905299

before 

2019052910

after

2019052911

3台目・ミニフォルテ・ブラザーズ ‼

ついでに10年前に中古で購入した1号機は、刃軸のベアリングから異音が出ていたので新品に交換。

8年前に中古で購入した2号機は、過去に大きな故障をした形跡はあるけど、主要部分は丁寧に修理・交換してあったので悪いところが全くなく絶好調。

ちなみに、製造番号で見ると、1号機は最終型。2号機は中期型。3号機は初期型。

細かいところを見ると、ボディーの鋳型の形状以外にモーターのプーリーの大きさ、昇降シャフトの蓋、木っ端返しの形状が違っていたりする。

このミニフォルテ・ブラザーズは、3台とも入手後に自身がバラシて整備しているのだけど、それぞれの使われていた環境や手入れの具合が部品から見て取れるのが興味深い。例えば1号機はミニフォルテを複数台所有している大きな木工所で不特定多数の従業員に使われ、時には荒っぽい扱いを受け、アルミダイカストの昇降ハンドルは折れて別のハンドルが付けられている。やがて、送りローラーが破損し、調子の悪くなった1号機は使われなくなり湿気の多い倉庫の片隅で何年も放置されていた。(想像話し)

2号機は個人営業の小さな木工所で大事に使われていたのだが、ある日、生き節の入った国産ヒノキの板を削る際、誤って切り込み量を多く取ってしまい、それによって欠けた大きめの硬い生き節が刃軸と木っ端返しの間に挟まったか?或いは、硬くて短い角材を通した際に、送りローラーの調整が狂っていて、角材が横向きになってしまい刃軸と木っ端返しの間に挟まってカッターヘッドが破損し、その衝撃で刃軸や送りローラーも破損。しかし、小さな木工所には代替え機が無い。困った経営者は早急に信頼できる機械屋に修理を出した。破損したカッターヘッドはアルゴンかプラズマ溶接で欠損した部分を肉盛り整形し、刃軸のベアリングと送りローラーを新品に交換。モーター自体もややくたびれていたので、そこに在庫であった同サイズのモーターを入れ替えた。ようやくミニフォルテは修理から戻ってきたのだが、、、残念なことに年老いた木工所の経営者は体調を崩してしまい、廃業せざるを得なくなってしまったのだ。

数日後、お爺さんは、昇降盤や角鑿盤、自動鉋盤など大型の木工機械を中古機械屋に引き取ってもらうことにした。だけど、ミニフォルテだけは残しておきたかった。数年後、家業を継がなかった長男が、物置で養生シートに包まれた小型の木工機械を見つけた。処分に困った長男は知人に相談し、ヤフオクに出品することを決めたのだが、、、いったいお幾ら万円で出品すれば良いものだろう? この話し、いつまで続くねん!

まだまだこの想像話は続きそうなので、この辺で止めておくが、、、

3号機は、大体1号機と2号機を足したような感じ。
ちなみに3号機は近々手放す予定。

是にて、3台目・ミニフォルテ・ブラザーズ物語は終了。

本日の1曲。

|

« 三台目・ミニフォルテ・ブラザーズ(再生編) | トップページ | ほぼ、「なつぞら」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三台目・ミニフォルテ・ブラザーズ(再生編) | トップページ | ほぼ、「なつぞら」 »