« I feel like crying now | トップページ | 2019年 »

2018.12.31

mokkouyaの2018年のおさまらない日々

暮れも大晦日だけ。
なのに、mokkouyaは本当に最後の最後までおさまらない2018年だった。

永く付き合いのあるA社を通じて、B社にある修理の依頼をした。
その修理というのはメーカーの想定外の修理なわけだけれども、B社に変わる前身の会社の時代からA社に依頼してやってもらっていた修理だったので、ダメ元でお願いしてみた。
はっきり言って面倒な修理なので「出来れば」でいいのでという感じだったのだけれども
快く¥●000-でできるというので発注(←ここ重要)

数日が過ぎ出来上がってきましたとA社から連絡。
昨日引き取りに向かう。

急いでいたのでその場では確認せず引き取って帰って、開けてびっくり!

一応修理してあるのだけれど、「なにこれ!」的修理。
素人目に見ても次使うときには確実に壊れるのが判るくらいの出来。

これがお金を払ってしてもらう修理?

あまりにも納得できなかったので速攻、これはどうなの?とA社に電話すると
A社の奥さんは明らかに面倒でぞんざいな対応。挙句の果てに
「B社が、こんな修理引き受けたくなかったって言うてましたわ」と
それ、お客に言う?!って耳を疑う言葉。
マジか!

じゃあ年明けに持ってきてくださいという話で電話は終わったのだけれども、
mokkouya二人して、気持ちのおさまらん空気になり、差し違えるのも覚悟で(まぁ物騒な・笑)今日30日引き取った品物を持ってA社に突撃した。
店先には奥さんと代替わりした息子。
「ああ、毎度」といいつつも明るい顔ではない。

その後の展開は予想通りだった。
これ見てくださいと持っていった品物を、まじまじと見る気もない様だった。
むこうからしたら、うちは出来上がりに文句をつけるクレーマーなのだろう。あまりにも腹が立ったのでB社から帰ってきた品物を検品せずに出してるんですか?と問うた。
そしたら、B社を信用して開けていないという。
おいおい、せめてここで、「確認してませんでした、えらいスンマセン」と出んかー?
そして確認して当たり前だと思うけど。
それでお金もらってるのに、怠慢すぎやしないか。


実は今までも同様なことが何度かあって、そのたびにこの繰り返しだった。

今回は返金となり、おさまったのかおさまっていないのかよくわからない終わり方になったけれど、うちはA社にしてみるとうっとうしい客なのかもしれない。

永く世話になってきたけれど、もう終わり。そんな気がした。
うちがA社の立場ならお客に申し訳ない気持ちになるのだけれど、皆さん、これ間違っていると思う?

こんなこと年明けまで持ち越して、悶々するのが嫌で今日片付けてきた。
気持ちがおさまらなかったので、久々にブログを書いた。

今日はもう大晦日。
最後にはもっと別の楽しいことをUPしたいな。

|

« I feel like crying now | トップページ | 2019年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« I feel like crying now | トップページ | 2019年 »