« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018.10.14

La Strada

201810121

1954年のフェデリコ・フェリーニ監督作 【La Strada(道)】

所謂、名画と言われている作品は幾つか知っているけど、はたして観た事が有るのか?と言われると実は何となく知っているけどちゃんと観た事が無いものが多い。

このイタリア映画の名作と言われる【道】もその一つで、何となく話のあらすじは知っているけど観た事が無かった。

---------------------------------------------------------------------------------------

このところ、Twitter を見るたびに下の画像の広告が「いっぺん観てみぃ~」って言わんばかりに貼られていた。

---------------------------------------------------------------------------------------

201810122

---------------------------------------------------------------------------------------

一日に何回もこの広告を見ていると、やっぱり観てみたくなって、、、


201810123

昨日、届いた。

近年の名画と比べると、やはり質素で素朴で純粋な作品だけど、心に残る作品であることには間違いないと思った。
この映画が初めて放映された60数年前に観た人たちとは感じ方がまるで違うとは思うけど、いつの時代も「映画って本当に良いもんですねぇ。」 by水野晴朗

今のイヤ味ったらしくて、ずる賢しいデジタル社会に生きていると、時々ノスタルジックで素朴な風景を見たくなる。

201810124

フェデリコ・フェリーニと言えば、27~28年くらい前にタワーレコードでたまたま手に取ったCDのジャケットが気に入って衝動買いした映画 【La Voce Della Luna (ボイス・オブ・ムーン)】のサントラ盤CD。お気に入りの1枚。

本日の1曲。

「それでは次週をご期待ください。 さよなら、さよなら、、、さよなら。」 by淀川長治

| | コメント (0)

2018.10.05

朝焼け

201810051

今朝、6時少し前に外に出てみたら東の空が真っ赤だった。

そして、昭和40年男は、思わずあの歌を口ずさんでしまうのだ。

それにしても朝焼けなんて、なんか久しぶりに見たような気がするなぁ。

201810052

ウチの金木犀の花が咲き始めた。

朝からこんな幸せな香りに包まれて1日が始まるなんて、、、


201810053

7月に路地のプランターに埋めておいた山芋のヘタからニョキニョキと伸びた蔓。

201810054

10日ほど前に零余子(むかご)がついているのに気づいた。

201810055

今日、窓枠から上に伸びた蔓が枯れかけていたので、少しだけ収穫。
来週あたり、蔓が枯れてきたら残りの零余子も収穫して山芋も掘り起こしてみようかと思う。

この零余子、素揚げにして塩を振って食べたら美味しいやろか?
それとも食べるのを我慢して春になったらプランターに植えてやろうか?
ついでに落花生を植えてみるのも良いかも。

本日の1曲。

| | コメント (0)

2018.10.04

続 【ある晴れた昼下がり、、、】

201810041

1日の大半を寝て過ごすガリちゃん。

今朝、外に出ると路地の金木犀の蕾が開き始めていて顔を近づけると微かな甘い香りがしていた。
あと2~3日もすればこの心地よい香りがあっちにもこっちにも広がってきて、汚れて濁った心が澄んで穏やかになりヤル気のない澱んだ目に活力が蘇る。 もうすぐそんな季節がやってくる。
ところが、昨日までの秋晴れが一転、今日からは雨模様。

それで、また台風がこっちに向かってくるって、、、やめてぇ~! 
ホントに、、、もぉ。

-------------------------------------------------------------------------------------

10月から始まった朝ドラ『まんぷく』が、今のところ朝の楽しみになっている。
ドリカム吉田美和さんが歌う主題歌の「あなたとトゥラッタッタ♪」も何だか楽しい。
それと、安藤サクラさんってスゴイ。何がスゴイのか分からないけど、何かスゴイ気がする。


201810042

1930年型 【Bentley 4½Litre Blower】ミニチャンプス製の1:43ミニカー

クラシックカーと言えば、やはりベントレーが一番格好良い。
眺めていても飽きないし、走る姿も良い。
と言っても本物には滅多にお目にかかれない。

201810043

1930年のル・マン24に出走したドリー・ベンジャフィールド/ジュリオ・ランポーニ組の乗る8号車。

-------------------------------------------------------------------------------------


それで昨日、用事で出かけようと外に出たら、、、

20歩ほど北に歩いたところに何と、ベントレーの本物が、、、

1926年製造 【Bentley 3Litre Speed Model Fitted With 4½Litre】

実に92年前に作られた車が目の前にあるのだ。
ちなみに、画像の左端に映っているオレンジ色のハスラーが止めてあるところがウチの建物。

201810044_3

このベントレーは、4年半前に一度見ているのだけど、この時は直ぐに走り出したのでじっくり見ることが出来なかった。

201810045_2

今回、このベントレーのオーナーさんに話を聞きたかったのだけど、建物から中々出てこられなかったのと、ウチの用事があったので、黙って写真だけ撮らせていただいた。
またいつか、ここに用事で来られた時にタイミングが良かったら話しかけてみようと思う。

しかし、普通に乗っているところがスゴイなぁ~

本日の1曲。

201810046_2

| | コメント (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »