« 風は秋色 | トップページ | 『和』の手仕事 »

2017.10.06

それはそうと、、、

201710051

秋の余韻に浸る間もなく季節が過ぎ去る予感。

最近、肌が乾燥してきているのか?持ったモノが手から滑り落ちて、、、
ビニール袋が、、、新聞紙が、、、中々捲れずにイラっとする。

それはそうと、今度の衆議院解散総選挙、、、投票には行くけど、いったいどうすりゃ良いのやら?
ずるい党、、、姑息党、、、腹黒党、、、八方美人党、、、理想ばっかり言ってる党、、、

いったい誰の為の、何の為の政治をやってるんやろか?
コロコロコロコロ人事変えて、、、大臣変えて、、、
まぁ、でも実際にちゃんと仕事をしてるのは、そういう人たちの部下なんやろうけど、、、

それはそうと、国会議員って何で先生って呼ばれるんやろ?
お飾り議員って、頭数以外に何か仕事してるんかなぁ?
あのタレント気取りの図々しい税金泥棒が国政から消えるのは喜ばしいが、、、


それはそうと、久しぶりに木の看板を作ってみた。

上の赤い方も下の黄色い方も20年前に京都の銘木屋さんで購入したケヤキ。

201710052

それはそうと、今日は、身内の宣伝ですよ。

今月から、姉が大阪と奈良で三味線教室を始めました。

詳しくは、コチラ 『音巡座』

楽器を弾いたり吹いたり叩いたり出来る人って憧れるよなぁ~
中学生の頃に憧れていた元イーグルスのドン・フェルダーや元UFOのマイケル・シェンカーみたいにギター弾けたらなぁ、、、


それにしても、、、ウチは、15年近く木工教室をしているけど、未だに良い教え方が分からん。
人に何かを教えるって本当に難しい。
自分が木工に興味を持ち始めた頃まで遡ってみたら解かることがあるかも知れないけど、もうその頃の新鮮な思いや発見、感動が中々蘇らない固い脳みそになってしまった。
そんなポンコツが時々「センセ~」と呼ばれる時がチョッとコッ恥ずかしかったりする。
事もあろうか、京都の超有名国立大学の教授が以前ウチの教室を受講してくれていたのだが、そういう人から「先生」なんて呼ばれた日にゃ、もう機械の陰に隠れてしまいたいくらい申し訳なく思ったりする。

201710053

刻字は、真剣勝負。
輪郭の筋彫りが一番難しい。

201710054

下地の塗装で荒が見えてくるので、何だか合格発表を見に来ている気分。

201710055

仕上げの塗装で、良くも悪くも諦めがつく。

201710056

最後の墨入れは眼精疲労と肩凝りの賜物。

201710057

そして完成!

ちなみに、当木工教室でも看板製作が出来ますょ~!

本日の1曲。

|

« 風は秋色 | トップページ | 『和』の手仕事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風は秋色 | トップページ | 『和』の手仕事 »