« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016.10.17

蘇民将来之子孫也

201610160

気が付けばもう1ヵ月もブログを更新していなかった。
と言うのもこの1ヵ月、何かとゴタゴタが続いて気が落ち着かず、こんな呑気なブログなんて書く気がなくなってしまったと言うのが本当のところ。

201610161

10月の初めにこのCDアルバム宇多田ヒカル【Fantome】を買って聴きたおした。
邦楽のCDアルバムなんて久しぶりに買ったのだが、前回買ったのはちょうど10年前で、やはり宇多田ヒカルの【ULTRA BLUE】で、その前もやはり宇多田ヒカルの【SINGLE COLLECTION】(これは何故か未だに新品未開封)

しかし、宇多田ヒカルって、やっぱり天才だな。

このアルバムも全11曲中、あまり好みではない曲は、6曲目と9曲目だけ。
とくにお気に入りは、椎名林檎とのコラボ曲『二時間だけのバカンス』『人魚』『真夏の通り雨』『道』

201610162

ヒロシが、10月7日の深夜、正確には8日(土曜日)の午前2時過ぎにご飯を食べに来て、、、

1日に6~7回やって来るはずのヒロシが、8日の午後5時半まで来なかったのだが、何かちょっと様子がおかしい。
目を見開いて舌を出し、涎を垂らしているのだ。
そして、ブラシを見せても寄って来ない。
もちろんご飯も食べない。
そして、ソワソワ、ビクビクして落ち着かない様子。

9日(日曜日)も昼過ぎにやって来るが、近寄ると逃げる。
離れたところから見ていると、ご飯を食べようと試みるが口の中が痛くて食べられない感じ。
おそらく口内炎か歯槽膿漏かもしれない。
夜は、何処で過ごしているのか分からないので様子を見に行くことも出来ず心配が募る。
嗚呼、、、『真夏の通り雨』が聴こえてきそうなくらい切ない。

早く保護して獣医さんに診てもらいたいのだが、奇しくも世間では3連休、、、困った。

10日(月曜日)「何でやねん!体育の日なんて要るのかよ!」と自分勝手な事を口走る。
夕方、ヒロシがやって来たが、相変わらず近寄れないし食べない、、、困った。
夜8時半頃、オカちゃんにご飯をあげていたらヒロシがやって来た。
オカちゃんが居るので少し気が緩んだのか?足元まで近寄って来たのだ。

今しかない。
もう3日もご飯を食べていないから体力も低下してるし脱水症状も出ているはず。
このチャンスを逃したら何処かで力尽きても探し出してやれない。

手の届く所にヒロシが、、、一か八か、、、それっ!

獲った! 獲ったどっ! 悪いけど絶対この手を離させへんぞ!
ヒロシを抱きかかえて、急いで機械場に走って行き床におろした。

水とご飯とトイレを置いて今晩はお泊り頂くことにしよう。
明日、朝一番で病院に連れて行くからそれまで辛抱してや、、、ヒロちゃん。

その晩、工房に泊って様子を見ていたのだが、少し鳴いていたけどすぐに静かになった。
疲れたのかなぁ、、、

朝、ケージを持って機械場に入ったのだが、、、あれぇ? ヒロシの姿がない?
アチコチ探していたら角ノミ盤の下で隠れているヒロシ発見。
ドタバタしながら何とかヒロシをケージに入れて病院に向かう。

9時20分に連休明けの病院の前でシャッターが開くのを待つ。

先生が診察台の上で固まっているヒロシの口をこじ開け、、、
「口内炎ですね。」 右下の歯茎の辺りが真っ赤に腫れていた。

野良猫の場合、口内炎で真っ先に疑うことは『猫エイズ』
なので、血液検査と白血病・エイズ検査をお願いした。
そして、採血してヒロシを連れて車で待つことに、、、
さすがに3連休明けなのでお客さんが待合室に溢れていたのである。

201610163

20分ほど経った頃、先生が呼びに来てくれたのでヒロシを連れて診察室へ、、、

それで、、、「血液検査の結果は、肝臓も腎臓も全く異常ないですね。」
と言い、結果データの数値を見ながら説明を受け、、、

エイズ検査の結果なんですが、と差し出された検査結果サンプルに赤いラインが浮かんでいた。
あぁ、やっぱりエイズやったんか、、、と気持ちが少し暗くなりかけてたら、、、

「白血病もエイズもなさそうですね。」って。
よく見ると、赤い1本線は陰性だったのだ。良かった。

そして、口内炎の炎症を抑える抗生剤(コンベニア)と点滴を打って、ついでにノミがいたのでマイフリーガードもやってもらって、懐事情が寂しくなりはしたものの久しぶりに明るい気持ちで我が家に帰ったのだった。

あくる日の午後、ヒロシがやって来た。
そして、108時間ぶりにご飯を食べた。
と言ってもまだ本調子ではないので食べる量は少なめ。
もちろん痛そうにしているし、近寄ると逃げる。
顔の表情も強張って、ニャン相が少し変わって見える。

その後も1日に1~2回やって来てご飯を少し食べる。
だけど、目を合わせようとしないし、呼んでも知らんぷり。
覚悟はしていたけど、やっぱりちょっと寂しい。

ふと気が付けば、ドアの向こうにヒロシはいないかと見に行ってしまう。
そして、隣のマンションの駐車場を眺めながら『人魚』の歌詞がアタマの中エンドレス。

201610164

上の画像は、八坂神社の『蘇民将来之子孫也』のお守り

じつは、このお守りを香道具にコンバートするのが今回の仕事。
これが精神的にキツイの何のって、、、
しかも、これをやるのは16年ぶりなのだが、はたして目がついていけるのか?って、それが心配。

201610165

まずは、これを4つに切り分けるのだが、この材質が曲者で、、、
おそらく栂(ツガ)の木なのだが、この手の針葉樹は冬目(年輪の黒っぽい部分)と夏目(白っぽい部分)の硬さの差が大きくてしかも目幅が広いので、鑿で加工するとき、まるでカステラと板チョコを何枚も重ねたものを出刃包丁で押して切っているような感じ。
欅や楢みたいにほぼ均一な硬さの加工しやすい材木とは訳が違うのである。
それにしても何か罰当たりな気がする。

201610166

1mmの切り代を刃の厚みが0.4mmの胴突き鋸で慎重に切って行く。
失敗は許されないと言うプレッシャーで、ときどき鋸が動かなくなったり、、、
何かダルマ落としみたい、、、けど、やっぱり罰当たりな気がする。
蘇民将来の祟りなり。

この後、麻紐を通す為に開けられていた穴を埋めて、ひたすら彫り彫り。
彫ったら印籠を付けて、合口を調整したら、、、

ここまで来たら鼻歌が、、、『道』

201610167

はい。 出来上がり。

201610168

はぁ、、、やれやれ、、、『二時間だけのバカンス』が聴こえてくる。
今年は、あと1件、気の抜けない香道具の仕事をクリアせねば、、、

本日の1曲。

今日、少し楽になったのか?ヒロシの顔の表情が穏やかに見えた。


| | コメント (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »