« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016.09.16

Good-bye 50 

20160916_2

本日の1曲。

|

2016.09.15

芸術の秋

201609141

今週は秋雨の真っ只中で、週間天気予報は軒並み☔マークがついている。
中秋の名月は、期待できないかもなぁ。

そう言えば、久しく行ってない大阪城公園も秋の野鳥の渡りのシーズン半ばに差し掛かっているが、、、
仕事が一段落ついて、心身ともに良好で、平日の晴れた日が何日あるか分からないけど、チャンスがあれば息抜きに鳥撮り散歩に出かけたいなぁ、、、


今日は、朝からどんよりとした空模様。
午後から雷雨の予報だったので午前中に出発。
出かけた先は、通天閣が間近に見える茶臼山。

201609142

大阪市立美術館へ『デトロイト美術館展』を見に行って来た。

モネ、ルノワール、ゴッホ、セザンヌ、モディリアーニ、ピカソ、、、
美術の教科書でお馴染みの有名画家の作品が展示さてている。
といっても個人的には、これらの作品の評価の基準がまったく分からないので何処がどう素晴らしいのかさっぱり、、、たぶんこういうのは飾る場所によってかなり影響されるんやろなぁ?
雰囲気がすべてのような気がする。
どちらかと言うと、デッサンや俯瞰図、透視図のような緻密なものが好きなので、油絵の良さが分からんのかもなぁ。

しかし、この『デトロイト美術館展』は人気があるようで、何とお客さんの多いこと。
ちょっと目が回りそう。

なので、1年半ぶりに動物園へ、、、

201609143

おやつを貰ってご機嫌のホッキョクグマのイッちゃん。
以前飼育されていたホッキョクグマは、オスのゴーゴ。
ゴーゴとイチで551の蓬莱なんやて。

201609144

することが無くて暇そうなアシカ。

201609145

忙しそうに食べているアミメキリン。

201609146

することが無くて暇そうなライオン。

201609147

うろうろしているアムールタイガー。


昼過ぎ、小雨そぼ降る動物園を後にした。

さぁ、帰って仕事仕事。
と意気込んでいたら頭痛と吐き気でバタンQ~

嗚呼~予定が狂ってしもたわ。

本日の1曲。

| | コメント (0)

2016.09.10

映画試写会【怒り】

20160909


今日は、五代友厚さんの像がある大阪商工会議所・国際会議ホールへ映画の試写会に出かけた。

【怒り】既に原作を読んでいるヤマダは辛口の評価をしていたけど、、、
個人的には、なかなかのモノではないかと、、、日本アカデミー賞の何らかの賞をとるだろうと思うのだが、、、

先日、訳あって数日前からこの原作本を読んでいると書いたのだが、結局全部読み切る事が出来なかった。
と言うか、実のところ上巻の4分の1しか読めていないのである。
なので、ほぼ予備知識無く映画を観ることになったので、原作との違いが分からないまま素直に観られたので良かったのかも知れない。
でも、引き続き最後まで原作本を読んでみたいとも思った。

「いやぁ、映画って本当にいいもんですね~」by水野晴郎

本日の1曲。

| | コメント (0)

2016.09.08

6耐

20160907_4

鉋屑が大好きなケンちゃん。

今日は、6時間耐久カンナ掛けをやった。
午後3時にスタートして9時にゴール。
板削りをしている時間は、実質5時間ほどで、途中カンナ刃の研ぎの為、3回ピットインし、アクエリアスの補給が4回と珈琲の補給が1回。
あとは、寸六鉋を握りしめてひたすら板を削るのである。

この仕事は、昨年の10月に注文頂いていた『許状挟み』と言う品物なのだが、「急がないので、お手隙の時にでも、、、」
と言う事だったので今年の4月頃に納品する予定で進めていた仕事だった。
が、しかし、右肘の故障で8割がた出来ていた製作をストップせざるを得なかったのである。

ちなみにこの『許状挟み』と言うのは、香道の御手前において、ある一定の作法を終了された方にお出しする免状を収める為のもので、縦八寸四分、横三寸二分、厚み二分の二枚の板の間に免状を挟んで真田紐で結わえて保管する道具で、主に目幅(年輪の幅)が一分以下の檜や杉、栂などの針葉樹の柾目板で出来ている。

ウチでは、加工性と均一な材質、比較的入手が容易な点で唐檜(スプルース)を使用しているのだが、これが100組ともなると結構キツイ。
そもそも数ものの仕事が苦手なので、、、
それに最終仕上げがカンナ仕上げと言うのが気が抜けないところ。
ピシッとスパッとピカッと切らなければならないのだ。

なので、6耐終了後は、腹筋、背筋、大胸筋、上腕二頭筋、太腿、腕、肩、首、指のあらゆる筋肉がヘトヘト。
そして、腰、膝、肩、肘、指の関節がガクガク。
大きい鉋を握りしめていた右手中指の先っちょなんて皮膚の感覚が麻痺してるし、、、
あらためて、カンナ掛けは全身運動なんだと痛感。

このあと、10月中に納品予定の神経がピリピリしそうな香道具の仕事が迫ってるけど、右肘は大丈夫なんやろか?

本日の1曲。

| | コメント (0)

2016.09.07

99.9%

20160905

喉の痛みを感じるようになって、もうひと月が過ぎようとしている。
痛みといっても風邪をひいた時の様な強い痛みではなく、扁桃腺が荒れた様なイガラっぽくてヒリヒリするという感じで、食べ物を飲み込んだ時に違和感がある程度なのでまだ我慢できるのだが、、、
ただ、1ヵ月も痛みが続くのは、やはり長い気がする。
寝る前にクーラーと扇風機を2時間タイマーでつけているせいかも知れないけど、、、やっぱり気になる。

最近、クタクタに疲れて布団に横になった瞬間に寝てしまうし、、、

なので、ネットで調べてみた。
『喉頭がんの症状~こんな症状には要注意~』

【のどの痛みや異物感が、1ヵ月以上続く場合】・・・ 当てはまってる。

【声のかすれ・声枯れが、1ヵ月以上続く場合】・・・ 小さな声でしゃべると時々かすれる。

【血痰が出る場合】・・・ 2ヶ月の間に2回出た。

【首にしこりがある場合】・・・ これはまだ無いようである。

【咳き込んだり呼吸がし辛い場合】・・・ たまに咳き込む事がある。

【耳に痛みが現れる場合】・・・ 時々ある。

【食べ物が飲み込みにくい場合】・・・ 今のところ、まだ大丈夫。


と言うように自己診断していくと、ちょっと怖くなってきた。
父親も叔父も癌で亡くなったので、その可能性は高い気がするし、、、
だけど、まだまだ死ぬ訳にはいかない。

そして、どんどん不安になった挙句に大事に仕舞い込んであるクルマや単車、約500台のミニカー、Car&Bike雑誌・専門書、千代鶴や石堂の鉋、大工道具の専門書(道具曼荼羅3冊など)や伝統工芸・木工藝の図録、フェンウィックとレスターファインのルアーロッド、ABUとミッチェルのリール、ルアー一式、音楽CD、、、
全部写真撮って、ヤフオクに出品しなアカン!(全部の出品データを作るのに何ヶ月掛かるねん!って話しやけど)もしも癌やったら治療費捻出の為に俺の宝をお金に変えとかなぁ、、、

で、何はともあれ病院へGO!
先週、クルシミマス・イヴでお世話になった総合病院の耳鼻咽喉科で診察を受けたのである。
そして、斯く斯く云々、現在の症状および経緯を覚えている限り事細かく説明したら、「じゃぁ、ちょっと覗いてみましょう」と鼻から内視鏡を突っ込まれ涙がちょちょぎれた。

その場で内視鏡のデータをモニターを見ながら説明を受けたのだが、、、
「咽頭にも喉頭にも声帯にも癌は見当たりませんね。」
「下咽頭に炎症が見られますが、喉に関しては、そんなに心配は要りません。」

おぉ~リアル『天使の梯子』やぁ~

ただ、血痰が出たり、咳き込んだりすると言う事なので、呼吸器内科での受診をお薦めしますとの事。
もしかして、肺ガ~ン
とりあえず肺のレントゲンを撮って帰った。

20160906

兎に角、今日は蒸し暑かった。

猫さんたちにご飯をあげ、周辺のニャン糞掃除をし、ゴミ出しをしたあとチャリをぶっ飛ばして総合病院の呼吸器内科の診察を受ける事に、、、

ハンカチ片手に汗だくになって受付で順番を待っているのだが、前のお婆さんが『はぁ? なにぃ? わからん?』って、、、しまいには怒りだすし、受付の人も大きい声で何度も何度も同じ説明してるから、『3度も言わせるなぁーっ!』って心の中で、朝ドラ「とと姉ちゃん」の花山さんを真似て叫んでしもたわ。

そして、待合室の椅子に座ってヤマダに借りて来た吉田修一さんの『怒り』を読み始めた。
この『怒り』は、訳あってあと2日で上下巻とも読み切らなければならないのだ。 たぶん無理っぽいけど、、、

さぁ、気合い入れて読むぞぉー!
と思ってたら直ぐに呼ばれて、、、えっ、思ってたよりも深刻な状況なのか? 何か嫌な予感、、、

先週、撮っておいたレントゲンの画像を見ながら、、、
「気になるものは何も写っていませんねぇ~」
「ただ、レントゲンでは気管の内部や心臓の裏の隠れたところまで写らないので、念のためCT撮りましょうか?」

そして、再び診察室でCTの画像を見ながら、、、
「99.9%問題ないでしょう。」
「喉の痛みは、急性咽頭炎でしょう。」

ちなみに咽頭炎の症状は、、、

【喉の痛み】、【頭痛】、【発熱】、【身体の倦怠感】、【喉の渇き】
【喉の違和感・異物感】、【咳が出る・咳が続く】などなど、、、

そうか、こっちやったんかぁ。
そう言えば、頭痛も発熱もあったあった。

不思議なもので、病名が判明すると症状が治ってないにもかかわらず安心してしまう。

あとは、再来週、生活習慣病検診で胃カメラ検査をやれば今年の内臓チェックは終了だな。
しかし、、、赤の他人に自分の知らない世界を覗き見られるのって、ちょっと複雑な気分やなぁ。

本日の1曲。

| | コメント (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »