« 実際のウグイス | トップページ | 大槻ケンヂ »

2012.04.06

変なヤツ

201204064

橋の上から蓮池を眺めていたら池の脇の植え込みから1匹の黒猫が飛び出して来た。
そしてその黒猫は、脇目も振らず一直線に池の縁までやって来て水面を覗きこんでいた。
何があるのだろうか?と、少し身を乗り出して橋の下に目をやると、、、

201204065

ウナギイヌ !

あっ、、、良く見るとカワウだった。
ウナギイヌなんて、居る訳ないのに一瞬ドキッとしてしまった自分が情けないやら、恥ずかしいやら、、、
だけど、赤塚不二夫って、、、その発想が天才的やなぁ。

201204066

そう言えば、蓮池の南側にある小さな池の傍にあった柳の樹の下でキジトラ猫が昼寝していた。
思わず、うわっ!ネコヤナギやぁ。
って呟いたのは言うまでも無い。

201204060_2

この時期、変わ~ったヒトを見かけることが多いけど、ヒトに限らず昆虫や魚、野鳥にも変わ~ったヤツがいっぱい居る。
上の画像は、ツル目クイナ科のバン
この鳥は、カモやカモメのように水面をスイスイ泳いでいるのをよく見かけるのだが、足の裏には水掻きは無くてツルのような、、、分かりやすく言うとニワトリの足に似ているのだが、これが結構泳ぐのが上手なのである。
そして、しばしば木に登っているコトがある。
この辺りでは留鳥なので、大空を飛んでいる姿は見たことがないが、寒い地域では越冬のため南に渡るらしいので結構飛ぶのも上手なのかもしれない。
コヤツ、見かけによらず、陸・海・空と3拍子揃ったハイパーなヤツなのである。
走・攻・守揃ったオールラウンドプレイヤーのイチローみたいなモンか?違うか。
ちなみに脚の色は、鮮やかなライムグリーンだ。

201204061_4

こちらもバンと同じく、ツル目クイナ科のオオバン
モノトーンで地味な『千と千尋の神隠し』に出てくるカオナシにちょっと似ている。
この鳥は結構水中に潜ったりしているが、バンと違って木に登ったりしているのは見たコトが無い。
それにしても風変りな鳥である。

201204062

そして、、、、何だぁ、、、コイツ?
髭のオヤジかぁ?
いろいろ調べてみたのだが分からない。
コレに良く似た鳥でウミアイサと言うのが居るのだが、ちょっと違う。

201204063

ウミアイサの仲間には、カワアイサコウライアイサミコアイサなんていうのもあるのだが、、、
う~ん。。。どれも違う。
観月あいさでもないし、、、黒木アイサでもなさそうだし、、、
仕方がないので、某野鳥サイトの野鳥質問箱に投稿してみた。

うわぁ、スゴイ。
すぐに返答があった。
へぇ~ カンムリカイツブリって言うんやぁ、、、
オモロイ顔やなぁ、、、

本日の1曲。

|

« 実際のウグイス | トップページ | 大槻ケンヂ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 実際のウグイス | トップページ | 大槻ケンヂ »