« 鯵の呪い | トップページ | はるなのに »

2011.04.12

美しい鳥

201104121

世界には想像を絶するくらい美しい鳥がいる。
上の画像は、少し前のブログにも登場していた【ニジキジ】
名前のとおり、頭からミドリ、オレンジ、キイロ、キミドリ、ミズイロ、アオ、ムラサキイロのメタリック総天然色なのである。
残念なコトに、このときは眠たかったのか?ずっとこの体勢だったので背中の辺りを撮る事が出来なかったのが悔やまれる。

201104122

これは、 【キジ】
子供の頃、親父が山へキジ撃ちに行く時、いつもくっついて行った。
親父が撃った散弾銃の赤いプラッチックの薬きょうを回収する役と、当時飼っていた猟犬(セッターとポインター)が咥えて持って帰って来たキジを腰に付けたストリンガーに掛けて運ぶ役だった。
今にして思えば、残酷な親父と残酷な子供だった。

201104123

これは、南東チベット、西中国、北ベトナム辺りに生息する 【ベニジュケイ】

201104124

もの凄く鮮やかな鳥である。

201104125

興奮したのか?喉のトサカ?ヒダ?が広がってきた。

201104126

これは、東アフリカに生息する 【フサホロホロチョウ】

201104127

ホロホロチョウの仲間で、水を飲まなくても生きられると書いてあった。

それにしても美しい。
キンケイやギンケイ、、、クジャクなんかは何時まででも眺めていたい。
特にキジやオウムの仲間は艶やかだ。
子供の頃に飼っていた【キボウシインコ】のケンちゃんも美しかった。
何処に仕舞い込んだのか忘れてしまったが、黒地に青と赤と緑の入った羽が子供の頃の宝物だった。

本日の1曲。

|

« 鯵の呪い | トップページ | はるなのに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鯵の呪い | トップページ | はるなのに »