失速

20211026

後半失速ミラクル起こらず阪神今年も優勝逃す。 あぁ~残念! 

週末失速熱出て予定狂い今月仕事納期遅れる。 あぁ~残念!

--------------------------------------------------------------------------------------

ヒロシは、家族以外の人間がまだ怖いようで、木工教室のある週末は工房の隣の部屋で夕方まで過ごしている。

そして年に数回、木工教室がない週末があるのだけど、やっぱり開講する時間になると自発的に隣の部屋に行って寛いでいる。

その習慣が体内時計に組み込まれているのか? 
まさか、、、カレンダーを見ているのか? 

---------------------------------------------------------------------------------------

今朝、少し熱が下がっていたので、帝塚山の倉庫に材木を取りに行って、昼から機械場に籠って製材していたのだけど、仕事を終えてふとスマホを見ると、青いランプが点滅しているのに気付いた。

着信履歴を見ると【06-〇〇〇〇-1234】
これってどこかの警察からやん!

今日はクルマを運転したけど、ひき逃げも当て逃げもした記憶は無いし、人を騙したり、金品を盗んだ記憶も無いし、、、
昨日は熱が出て動けず、1日じゅう布団を被ってヒロシと寝ていたし、、、
やましい事は何一つしていないのだけど、何故か記憶を辿ってアリバイを証明しようとしている自分がいる。

いや、もしかしたら何かの捜査協力の依頼かも、、、、

とりあえず、その番号に掛けてみた。やっぱり〇〇警察だった。履歴を照会してもらうと、〇〇区の交番から掛けられているそうなのでもう一度スマホに電話を掛けてもらうことにした。

少し経って着信音が鳴ったので電話に出ると、「〇〇交番の〇〇と言いますが、どう言ったご用件でしょう?」って、、、こっちが聞きたいわっ!

あの、、、このスマホに着信履歴が残ってたので掛けたんですけど、、、
「あっ、お母様の、、、えぇっと、、、」 はぁ?

「あっ!間違って掛けてしまいまして、大変失礼しました。」 えぇぇぇ~っ!

ちょっと期待外れと安堵が入り乱れて笑ってしまった。 何やねん!

すっかり平熱に戻ってしまった火曜日の夕暮れ。

本日の1曲。

| | コメント (0)

2021.10.14

残り3本

202110121

『ヒロシ』只今、9歳と4ヶ月。

人間様の勝手な都合で、2年前に自由な外猫生活から無理やり家猫になったのだけど、今はもうすっかり人間との生活にも慣れ、家猫の先輩ぴょん吉とも追いかけっこしたり喧嘩したり、、、仲が良いのか悪いのか良く分からないけど、あまり不自由・不平不満は無さそうな感じがする。それと、ほんの少しだけ大阪弁も分かるようになった。ような気がする。

それにしても外猫生活って、やっぱり心身ともに消耗が大きいのか?ヒロシがウチの子になった時、既に歯が殆ど無く、犬歯(上下の牙)が4本だけしかなかった。そして、その4本の内の右上の1本が夏の終わりごろにグラつき始めて、9月に入ってからはご飯もあまり食べられないほど痛そうにしていたのだった。
そして、それから1ヵ月が経ち、10月1日にようやくその痛みから解放された。
その後は、前もって歯が抜けた時の処置用に獣医さんでバイトリル(抗生物質)の錠剤を処方してもらっていたのでご飯に仕込んで1週間服用。

今ではもう以前のように食いしん坊のヒロシに戻って優雅に暮らしている。めでたし。めでたし。

202110122

上の画像は、【重香合】という小さな3段の重箱のような香道具の製作途中。

これに『契り』千切り、チギリとも言う薄板(長さ14mm、幅7mm、厚み1.3mm)を溝に接着する工程。フジヒロ製の香道具は色んな樹種を使用するので、契りが混ざってしまわないように分けて入れておかないといけないのだけど、毎回空き瓶や小さなカップで間に合わせていた。

今回は、画像の様に小さなプラッチックのケースを10個並べられるようにトレイを作ってみた。1ケースに100枚ほど入って中々良い塩梅。
この小さなプラッチックのケース。じつは、以前Bさんから頂いた『蓮根餅』と言うお菓子の容器。

202110123

先週、ノーマルバージョン用のタカサゴ鉄リムホイールにタイヤを装着してみた。

発売当時のZ1、Z2標準装備タイヤは、サービスマニアルによると、フロントがダンロップ「F6B」、リアが「K87MKⅡ-M」なのだけど、フロントは既に廃版で代わりに「F11」が現在代替品として販売している。リアは50年近く経つのに継続販売しているというのがスゴイ!
そして、このタイヤの組み合わせは今でも旧車バイク(カワサキのZ1/Z2、W系、SS系、ホンダCBのKシリーズ、ヤマハXS系、スズキGT系など)の定番である。

ちなみに、リプロバージョン用のDIDアルミワイドリムには、ダンロップの「TTー100GP」を購入済み。

「TTー100」は、オイラが高校生だった40年ほど前、単車の改造と言えば、まずこのタイヤに入れ替えるのが当たり前。と言うくらい定番中の定番タイヤだったのだけど、バブル全盛期の80年代中頃から主流になりつつあったブリジストンの「バトラックス」や「ピレリー・ミシュラン・メッツラー・コンチネンタル」などの海外の高級な扁平ワイドのチューブレスタイヤに市場を奪われ時代の流れには逆らえず姿を消すことになったのだ。
そしてバブルが弾けて、レーサーレプリカと呼ばれる前途の扁平タイヤを装着していたバイクの人気に陰りが見え始め、代わりにネイキッドモデルと呼ばれるバイクの登場により、徐々にクラシカルなスタイルのバイクの人気が高まってきた20年ほど前、「TTー100」は伝統的なパターンを変えず、現行ハイグリップタイヤと同じコンパウンドを使用した【第二世代旧車用ハイグリップタイヤ】として復活したらしい。

202110124

左下の黒いのは、再生したビードストッパー。対面にもう1個付いている。

202110125

大きなビードストッパーが入っているのでタイヤチューブが入れ難いのなんのって、、、

202110126

タイヤにマーキングされている黄色の〇は、個々のタイヤの一番軽い場所なので、チューブのバルブの位置に合わすのが一般的なのだけど、もう少しビードストッパー寄りにした方が良かったかなぁ?と少し後悔。

バランサー(ウエイト)を沢山付けなければならなくなって、ちょっと見苦しくなってしまった。

202110127

フロントは、バランサー1個で収まったのであまり違和感がないが、、、

202110129

リアは、3個も付いて見苦しい。

ちなみに、スプロケットは、30年以上前にハードクロームメッキをしてもらったZ2の純正「630-42T」を付けておいた。
そして、アルミワイドリム用には、「630-35T」のZ1用を付けている。

202110128_20211014120101

思いのほか綺麗になってしまった。なんかちょっと気恥ずかしい感じ。

2021101210

これにて、ノーマルバージョン用の前後ホイール&タイヤセットの再生は終了。

次は、あれやって、これやって、、、まだまだヤルことが山ほどあるけど、フレームの修正に出す『OK!』の連絡がまだ来ないので焦ることは無い。と言うよりもこのままちょっとずつ各部品の再生をしていたいというのが本音。

自分は何かを作ったり、修復したりするとき、完成させる事よりもそのプロセスが楽しいと感じているので、正直ゼッツーのレストアが1年かかろうが2年かかろうがどうでも良いと思っている。ただ、何時まで経っても完成させない気もするので、あえて1年と決めたけど、自分の手に負えない作業を依頼する業者さんの都合もあるので来年の春には間に合わない気もする。でも早くゼッツーに乗りたい。

2021101211

チギリの接着剤が乾くのを待つ重香合たち。
これは絶対に納期を守らねばならない。

けど、完成に近づくと、、、あぁ~

本日の1曲。

| | コメント (0)

2021.10.09

暦の上では秋なんだけど、、、

202110081

9月の中頃、ど根性スミレの葉っぱを食い尽くし、蛹化する場所を求めてウチの玄関スロープを彷徨っていた【ツマグロヒョウモン】の幼虫が漸く羽化したのか?今週の初めに金木犀の葉っぱの上で真夏のような太陽の陽を浴びて旅立ちの準備をしていた。綺麗なオレンジ色の翅が開くのを待っていたけど、、、しばらく経って様子を見に行くと褄黒豹紋の姿はもうそこにはなかった。無事に彼女が見つかると良いなぁ。

一昨日の青森で震度5強を観測した岩手県沖が震源地とされる地震。昨日の東京・埼玉で震度5強を観測した千葉県北西部を震源地とする地震が立て続けに起きているけど、、、しばらくコロナ渦で大地震のことを忘れてたけど、東海・関西も他人事では無い。用心せねば。

202110082

先月、仕上げておいたゼッツーのリアドラムブレーキパネル。
左が元々付いていたモノ。右が昭和49年型のZ2-Aのモノ。

ゼッツーに乗っていた30年ほど前は気にもしていなかったけど、よく見ると年式によって細部に結構違いがあるのが分かる。

202110083

上の画像の細長い扇形の枠(ブレーキシューの残量を示すインジケーター)の中に浮き文字があるのがオイラのゼッツー昭和51年登録の後期に付いていたパネル。

202110084

こちらが昭和49年型のZ2-Aのパネル。
インジケーターの浮き文字が無く、本来この枠内にはステッカーが貼ってあったらしい。

でも、なぜこのタイプは浮き文字を省略しているのだろう?普通に考えると年式が新しくなるにつれてコストの見直しや何やで、こういった浮き文字を廃止するというのは想像がつくのだけど、、、

なので、ネットで調べてみた。世の中には、オイラなんぞ足元にも及ばないようなマニアを超越した「Z1・Z2オタク」という評論家のような人たちがワンサカいるのだけど、年式や車体番号でどんな部品が使われているのだとか、それぞれの部品の特徴を詳しく画像付きで掲載していくれていたりするので、部品を注文する際に何かと参考になる有難い存在だったりする。

が、しかし、どう言う訳か?この昭和49年以降(ちなみに47~48年の初期型にはインジケータすら無い。まぁ、この部分を削り取って人気のある初期型と偽っても分からないのだけど。)のブレーキパネルのインジケーターに関しての記述が見当たらない。正確には1件だけあったのだが、他の部品の様に事細かく特徴を書いているのでは無くてちょっと頼りなく『こちら(浮き文字タイプ)のほうが古い』とだけ書いてあった。

なので、リアがドラムブレーキだった昭和47年~51年までの所謂『Z1』という形式を持つ900スーパー4・KZ900A4。同じく『Z2』750RS・Z750fourA4・A5の画像や動画を沢山見たのだけど、50年近く前のバイクなので、過去に部品交換されているものやレストアや修理の際に中古部品(このブレーキパネルにはリプロパーツが存在しない)をリビルトして使用しているものも多く特定には至らなかった。

202110085

で、例のインジケーターのステッカー。リプロパーツでありました。

202110086

さっそく貼ってみたのだけど、、、コレ貼ってる車両、まだ見た事ないよな。

202110087

どちらかと言うと、バフを掛けてないので燻すんでいると言うこともあるけど、浮き文字タイプ(左)の方が古めかしいなぁ。

ちなみにステッカータイプ(右)のブレーキアームは仮でロングタイプを付けているのでちょっとマヌケっぽい。

202110088

ブレーキパネルの裏側。

左が30年以上前に交換した純正のブレーキシュー。右がリプロの新品。

パネルの裏側の作りも微妙に異なる。

202110089

別にどっちでも良いけどね。

あぁ~くだらない話し、、、by ぴょん吉

本日の1曲。

| | コメント (0)

2021.09.30

フラストレーション

202109291

9月もあと僅かと言うのに今日は朝から日差しが暑かった。

それにしても総理大臣って、何で国民投票で決められへんのやろか?
今回も仕組まれた感がプンプン。目を閉じると岸田さんの手足に糸を結びながらほくそ笑んでるアベとアソウの姿が見える。
大阪都構想の時も思ったけど、一度大きくやり方を変えてみてはどうかな?良いか悪いか分からんけど。

保守的が悪いとは思わんけど、何か煮え切らん。

あと、大谷選手があれだけ好投して、何度も硬球ぶつけられて、敬遠敬遠で打つこともままならない状況なのに他のヒト何でもっと打たへんの?
それにメジャーリーグも時代に合ったルール変更をしたらもっと面白くなると思うのに、、、例えば、申告敬遠を含む敬遠は1試合2回までとか、危険球以外にも故意に与えたデッドボールは即退場とか、球審のビデオ判定を取り入れるとか、、、でも逆にそれがあるから面白いのかも分からないが、、、

それはそうと、阪神タイガース! 2アウト満塁で粘った挙句に空振り三振が一番腹立つわ。

って、ぴょん吉くんがボヤいてた。

------------------------------------------------------------------------------------

今日は朝から香道具の納品に行って、その足で帝塚山の倉庫に材木を取りに行って、ついでに山積み保管してある約200冊ほどある古いCar&Bike雑誌を処分する為、半分ほど持って帰ってきた。

202109292_20210930014101

1986年頃~2000年頃のバイク雑誌。1冊200円とか250円で売ってたんやなぁ。

当時の表紙が、猫好きの杉本彩(右)と「スケバンで刑事」の中村由真(左)

杉本彩と言えば、若い頃、歌謡番組の収録の際に破れかぶれのヒラヒラセクシー衣装を着た杉本彩さんがバンドメンバーと共にスタンバイするワゴンを暗転で舞台中央まで移動させるのを同僚6人くらいで担当していたのだけど、いざ本番になると、スケベ根性丸出しの知らんスタッフが10人くらい増えてた。「Boys」っていう曲やったと思う。

202109293

Z2の表紙、記事、写真が載ってるだけで必ず買っていた。

あぁ~何冊くらい処分出来るか心配。

202109294

昭和57年の「モトチャンプ」16歳のキョンキョンやで。
この2冊は、当時ホンダのモンキーを改造するのに見倒したバイブルなので手元に置いておきたい。

昭和61年の「特選外車情報」は、ミニ1000を探していた頃のお気に入り。

202109295

朝、いつもより少し早起きして動いて疲れてしまったので、ヒロシくんと添い寝。

あゝ、ゼッツーのレストアが進まん。夢の中ではもう乗り回してるのになぁ。

本日の1曲。

| | コメント (0)

2021.09.13

使えるモノ、使えないモノ。

202109121

日中は、まだまだ蒸し熱くてついついクーラーを入れてしまうけど、朝晩は少し寒いくらいで1年を通してこのくらいが一番過ごし易いように感じる。

このところ大阪のコロナ感染者数が、東京と同じくらいか少し多くなっているらしいけど、先月のピーク時からすれば、かなり減ったように見える。だけど本当に終息に向かっているようには思えない。
それにしても、、、次期総理大臣が誰になるのか?そんなに興味は無いけど、国民に選ぶ権利も無いのにマスコミが騒ぎ過ぎてる。それにアソウタロウやニカイカンジチョウがテレビに映る度、イヤな気持ちになる。

話しは変わって、上の画像は『モノタロウブランド』のニップルレンチ。

ウチは、日用品、仕事で使う消耗品、バイク部品、機械工具など様々な商品をモノタロウで購入することが多いのだが、例えば日用品やバイクの純正部品などは、『日替わりカテゴリ特価』などを利用すると他のネットショッピングやヤフオクなどよりも断然安く買えたりするので重宝している。

が、しかし、「モノタロウに物申す!」

出荷遅れや欠品が多いぞ! ゼッツーのトップブリッジボルトを8月の初めに購入手続きしてから3度目の出荷遅れの通知が来た。発送予定が来月だと?コノヤロー! もう既に1ヵ月半経ってるぞ!
まぁ、ちゃんと届くのなら堪えてやるけど、物申したい事はもう一つある。

この『何ちゃらタロウブランド』の工具はヤル気があるのか!

以前、購入した「3本爪パイロットベアリングプーラー」と言う中国製のベアリングを抜き取る工具は、箸にも棒にも掛らんB級のポンコツ商品だった。3本爪の形状が国産メーカーのモノより小さくて華奢で、おまけに材質が悪いのか焼き入れがダメなのか知らんが、踏ん張りが聞かんので、10回使って1個もベアリングを抜き取ることが出来なかった。他にもまだポンコツ工具があるけど、、、やめとく。

202109123

先週、ゼッツーに装着していたDID製アルミワイドリム&ハードクロムメッキのスポーク仕様のフロント&リアホイールを分解した。

202109124

フロントホイールからバラしたのだけど、25年以上前に交換したタイヤのリブがアルミリムに張り付いて中々落ちてくれないのでC型クランプの力を借りた。

202109125

塗装が剥げていたハブを塗り直して、新しいベアリングに交換し、タカサゴの鉄リムと新しいスポークで組付ける。

202109126

ちょっと綺麗になり過ぎた感じ。

202109127

今度は、リアのアルミワイドリムの分解。

202109128

覚悟はしていたけど、フロントの5倍くらい手強い。

コロナ太りで72kgまで増量した昭和40年男が踏みつけようが蹴とばそうがウンともスンとも言わないので、横挽昇降盤のテーブルにC型クランプで貼り付け獄門にしてやった。

202109129

リアのクロムメッキのスポークは、10本ほどニップル(ナットの部分)が錆びついて緩まなかったので金ノコでチョン切って分解。

また後日、新しいスポークをメッキに出して組む予定。

202109122

この『何ちゃらタロウブランド』のニップルレンチ、武骨でシンプルなデザインが気に入って購入したけど、ニップルを締めたり緩めたりし難いし、リムが傷だらけになってしまう。不完全有欠のポンコツ工具である。なのでグラインダーで削って使えるようにしてやった。

2021091210

ホイールのセンター出しと振れ取りとスポークの張りの調整。

2021091212_20210913003701

ちなみにこの折り畳み式のカッチョ良い「ホイールバランサー」は出荷遅れで発送まで2ヶ月待った。

だけど、ちゃんと使える工具だったのでマル。

2021091211

ネットショッピングって、現物を知っている場合は良いけど、画像だけで判断するというのが困難至難である。
特にヤフオクは、どうしようもないクズやゴミのような中古バイク(Z1、Z2)の部品を「希少」とか「入手困難」とか謳い文句を書き並べて、恰も良品であるかのように出品する輩が多いので要注意だ。

結局、アナログな昭和の時代の様にお店に出向いて自分の眼で確かめて購入するのが確実ってこと。

本日の1曲。

| | コメント (0)

2021.09.06

大日本除虫菊の太陽棒鍍金

202109051

今年は、コロナであまり外に出なかったからか?記憶しているだけで3回しか蚊に刺されていない。
蚤にも噛まれなかった。毎年2~3ヵ所くらい身体の何処か痒い虫に噛まれてプチって赤くなるのにそれすら皆無。いったいどうなってしまったのだろう?二酸化炭素の排出量が激減したのか?血が不味くなったのか?

まぁ、こういった夏の痒い虫の憂鬱から解放されたってことは良いことである。

202109052

上の画像のサビサビの小汚いゴム製品は、5月に分解したゼッツーのリアホイールに付いていた「ビードストッパー」という部品。

リムロックとも呼ばれるこの部品は、現在は主にオフロードバイク(特にエンデューロやダートを走行するような場合)に使用するもので、ホイールのリムとタイヤのビードを挟んでズレないように固定する部品。高速走行をするようなオンロードバイクでは、このゴムの塊が2個もホイールの中にあることでホイールバランスが崩れる要因になる為、今では使われていない部品。

でも、半世紀前にハイスペックで世界最速の量産大型バイクであったゼットワンには必要だったのかも知れないけど?
なので、日本国内最速のゼッツーにも当然ついていたのである。

オイラのゼッツーは、とりあえずフルノーマル仕様のレストア予定なのでビードストッパーを付けるのだけど、この純正のダンロップ製【SK-3535 2.15B】なんて古いビードストッパーはもう生産されていないので再利用することにした。

202109053

まずは、締め付けの際に変形したナットの下部をヤスリで整形し、サンドブラストで錆び落とし。

202109054

次に用意した物は、単1電池、電池ボックス、ワニ口クリップ、赤黒の平行線。

まさか、理化の実験でもするのか?

202109055

直列3ボルト仕様。

202109056

プラッチックの小物ケースにサンドブラスト済みのビードストッパーとナット、Sワッシャを細いステンレスの針金で繋いで、その辺にあった楢の角棒に吊るして、真ん中の角棒には亜鉛の塊を同じくステンレスの針金で吊るす。

念の為、それぞれのパーツが通電しているかチェックする。

202109057

準備が出来たケースに水を1.6リット入れる。
そこに『 ♪ ひとかけ みこすり サンポール ♪ 』を0.4リットル 入れると約2%の希塩酸が出来るのである。

感の良い人はもう分かったと思うのだけど、今回、錆止めが目的で「サンポールメッキ」に挑戦してみたのだ。

202109058

そして、ビードストッパーにマイナス極、亜鉛にプラス極を挟む。

♪ でっきるかな? でっきるかな? ハテサテ ホホー♪

202109059

3時間が経過。

昭和のメロンソーダか、令和の抹茶ラテみたいで美味しそうな、、、

2021090510

恐る恐る取り出してみたよ。

おぉー! 綺麗になっとるよ~

2021090511

引き上げた直後はクスんでたけど、真鍮のワイヤーブラシで磨くと嘘みたいにシブくなった。

なんて上品で美しい色をしているのだろう。

でもホントの事を言うと最初のイメージでは、もう少し銀色に仕上がる予定だったのだけど、おそらくサンドブラストを掛けた後、洗浄するのを忘れてそのまま漬け込んだので、サンドブラストのメディア(研磨剤)に含まれる酸化アルミニウムや二酸化ケイ素、酸化チタンなんかが溶け出たのかも知れない。だけど、この色けっこう気に入ってるので良しとする。

2021090512

サンポールメッキの廃液は、また使用するつもりなので珈琲フィルターでこしてペットボトルに保管。

問題は、最後の最後にどうするか?サンポールだけならトイレに流せば良いのだけど、亜鉛やその他の金属が溶け込んでいるので最終的にどの方法で処理するか調べなくてはならないけど、重曹を加えて中和させてから自然に蒸発するのを待つのが良いのかな?

ところで、サンポールの現在の製造元の「KINCHO」って大阪市に本社があって、金鳥は商標名で「大日本除虫菊株式会社」が正式な社名という事を今回初めて知った。

本日の1曲。

| | コメント (0)

2021.08.31

under pressure

202108291

【業務連絡】 9 月 1日(水曜日)の12時(正午)より

2021年10月~12月期の木工教室の 予約受付が始まります。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

大雨と猛暑で出端を挫かれた夏の甲子園 第103回全国高校野球選手権大会も終ってしまいちょっと寂しくなった8月最後の日曜日。

それにしても智辯和歌山は強かった。イチロー先生の技術指導が生かされたのかな。

「智辯 vs 智辯」って、テレビ観戦する側からみると何か新鮮な感じがして楽しかった。1塁側のベンチが智辯学園、3塁側のベンチが智辯和歌山、右を向いても左を向いても、応援スタンドを見ても智辯だらけ。これぞ紅白戦って感じ。統一された紅白のユニフォームがめでたくて良い。

202108292

で、赤と言えば、ウチのサンドブラスト。2ヶ月ほど前に試し吹きしたところ、結構内圧が高くてボックスの継ぎ目やゴム手袋の取り付け部分などから少量ではあるがメディア(研磨剤)が漏れてくるのと、アクリルのスクリーンが膨れてきしむという言う不具合があったので少し改良を加える事にした。

このボックスの側面に空いている穴の内側には、スポンジのフィルターが取り付けられているのだけど、容量が小さくてブラストガンから噴出される圧縮空気の排出が追い付かないので、リョービの小型集塵機(掃除機)の差し込み口が割れてしまった延長パイプを使って細工してみた。

202108293

必要な部分を切り取って内側に塩ビパイプを接着し、逃げの穴を開けた。そしてパイプに小さなLアングルをビスとホットボンドで取り付けて、減圧装置のアダプターの完成。

202108294

減圧装置なんて大層な書き方をしたけど、要するにブラストガンから噴出された圧縮空気の圧を小型集塵機で吸って強制的に減圧するだけのことである。

さっそく【減圧機】と言う名の【小型集塵機】俗に言う【掃除機】を取り付けて試してみたのだけど、掃除機のスイッチを入れたとたんボックス内に取り付けてあるゴム手袋が急にうわっ!って開いて驚いた。掃除機の吸引力が大きすぎてボックス内が真空状態に、、、で、アダプターの外側にエア抜きの穴を開けて調整してみたら何とか上手く行った。

202108295

ストックしていた昭和49年~50年頃のZ2‐Aのものと思われるリアブレーキパネル。

結構汚れているなぁ、、、擦り傷、打痕に加えて製造時の鋳型(砂型)の歪、表面仕上げ(たぶん人の手で1個1個バリ取り&バフ掛けされている)の見落としなどが少々気になる。

202108296

とりあえず、分解掃除。ブレーキシューに昭和49年4月13日のスタンプが押してある。

202108297

洗浄剤に浸けて待つこと5分。ブラシでゴシゴシやってみたのだけど、、、

で、こんな時の為にサンドブラストを買ったのである。

202108298

頑固な汚れもこの通り。ブラシの入らない隅っこも簡単に早く取れてしまう。

一家に1台如何でしょう?サンドブラスト。

202108299

さすがに表面はサンドブラストは使わない。ひたすらサンドペーパーでゴシゴシ。

2021082910

ボール盤にバフを取り付けて磨く。

ちなみに今回のゼッツーのレストアのコンセプトは『ピカピカにしない再生』
なので、小傷も少し残してバフ掛けもあえて8分止めで鏡面仕上げはしないつもり、、、

2021082911

けっこうピッカピカになってしまったけど、これを車体に取り付ける頃には、良い塩梅に表面がくすんで優しい雰囲気になっているはず。

本日の1曲。

| | コメント (0)

2021.08.25

sense

202108251

8月に入って、何かと忙しくバタバタしていたらあっと言う間に9月がそこまで来ている。

 TVニュースは、相変わらずコロナの感染拡大過去最高、ワクチンの接種率がどうのこうの、、、毎日聞いているともうちっとも驚かなくなってしまった。だけど、40代50代の重症化を取り巻く医療逼迫の現状なんかを聞くとやっぱり怖い。

なのでこの夏も殆ど出歩かなかったからなのか、セミの鳴き声もあまり記憶に無い。そしてあまり汗だくになることも無かった。
代り映えのしない日々。強いて言えば、4年半使っていたスマホが壊れて新しくなった事くらいである。

202108252

隣のマンションの植え込みのクワズイモの実が沢山成っている。
芋って逞しいよなぁ。種や茎や根っこ(芋)のどこからでも繁殖できるんやもんなぁ。

芋の話しとは全く関係ないけど、2年ほど前にツイッターを見ていてある動画が目にとまった。昭和40年男が若かった頃に聴いた事がある「レッチリ」や「インコグニート」などの曲をベースギターで楽しそうに演奏している少女。ツイッターのユーザー名は「アヤコノただの15歳」
ええっ! 15歳でこんなに上手く弾けんのん?すっごいなぁ、、、しかもベースを初めてまだ1年って、、、大阪の枚方の出身と言う事で妙な親近感が湧いて、親子以上も歳上のオッサンが即フォローして現在に至る。

そのアヤコノさんが、今年に入って上京し、NHKの「ムジカ・ピッコリーノ」に出演。そして7月にフジロックに出演。やっぱりこういう人は何かが違う。飛び抜けたものがある。素質は勿論、センスが良い。これがオーラってやつなんかなぁ。
と思ってたら、昨日のパラリンピックの開会式で布袋さんと一緒に演奏してるやん。すっごいなぁ、、、ベース初めて3年で。
俺なんかボヤいてたらあっと言う間に3年過ぎてしもたけどな。

202108253

1週間前に完成してやっと納品できた。22年ぶりに製作した「硯箱」

202108254

今回は、通常サイズ16個に加え、深底タイプ4個、テストピースが各1個ずつ、予備1個、見本1個の合計24個。
使用した材種は、上段左から山桜、神代タモ、黄檗。中段左からウォールナット、綾欅。下段左からチーク、槐。右上の角が見本で、塩地、玄圃梨、楢、楡を加えた10種類の材木。

202108255

この見本は、その時に製作した作品に使用した材木の経年変化を観察する目的で、毎回作っているのだけど、こういうのって何か楽しい。

202108256

上が「綾欅」で作った予備。

202108257

寄せ集めで作るのは楽しいけど、こうやって見ると品が無いなぁ。

202108258

硯は規格外寸法の特注品なので、すべて大きさが微妙に異なってくる。

202108259

秋の空。時の経つのは結構早い。50過ぎてから1日が3倍速で過ぎて行く。

さっき、報道ステーションのお天気お姉さんの眞家さんの天気予報みたと思ったらまたやってる。再放送?えっ、24時間経ってるの?
さっき、風呂に入って身体を洗っていたら。また洗ってる。
デジャヴ?えっ、24時間経ってるの?

本日の1曲。

| | コメント (0)

2021.08.02

真夏の昼寝

202108011

柔道、ソフトボール、競泳、サーフィン、体操、野球、サッカー、、、予想以上にワクワク、ハラハラ、ドキドキさせてくれたオリンピックも残すところあと1週間。
巷ではコロナの感染拡大がえらい事になってるけど、いつまでこんな状況が続くのだろうか?ワクチンの効果は期待出来るのだろうか?
なんて考えていてももうなる様にしかならんのは分かっている。しばらくの間、感染予防して耐えるほか術は無いのかもなぁ。

でも、あと1週間は、野球とサッカーで楽しめる。そして、そのあとは高校野球が待っている。只今悪戦苦闘中の香道具の製作も8月の中頃には一息つけると思うので、ぼちぼちゼッツーのレストアも再開できるだろうし、、、この先、結構楽しいコトが沢山待ってるみたい。

202108012_20210802022501

息苦しさを感じるくらい夏の匂いに包まれている河川敷。

202108013

さすがにこの暑さでは散歩の人も犬も居ないなぁ。

202108014

どう言う訳か分からんけど、立派な積乱雲が出ていると見たくてしょうがない。

202108015

それにしてもニャンコさんたちは良く寝るなぁ。

202108016

子供の頃、汗だくになりながら真夏の昼寝をしていたのを思い出す。

昭和40年男が、昼寝から覚めて、家の前を流れる槇尾川でドジョウやタナゴ、オイカワを捕ったり、近くの公園でクマゼミやカナブン、ゴマダラカミキリを捕っていたあの夏。夕方、口の周りをベタベタにしながら甘いスイカを食べたあの夏。初めて間近で見たPLの花火に感動したあの夏。

♪ 八月は夢花火 私の心は夏模様 ♪

本日の1曲。

| | コメント (0)

2021.07.27

やっぱり良かったと思う。

202107261

2ヶ月ほど前からウチの周辺で見かけるようになったクロネコさん。

えっ? どこ? 

ときどき入り口のドア越しにヒロシをからかっている。
右耳をサクラカットされているからたぶんオス猫だと思うのだけど、少し人馴れしている感じで裏の路地にもやって来て機械場の様子を窺っている事がある。
先日は、クマゼミを持参でハスラーの下にやって来て寛いでいた。

体形は、ピョン吉に似ていて、ピョン吉のお母さんの黒猫クゥーちゃんの面影もある。ピョン吉には兄弟が(ピョン吉以外すべて黒猫)5匹いて2匹は若くしてこの世を去り、残りの3匹(雄1匹、雌2匹)は、9年前に猫神様が引き取ったのだけど、このクロネコさんは猫神様のマンションの敷地でご飯を食べていたり、寝転がっていたりしているのをよく見かけるのでもしかしたらピョン吉の兄弟かも?

202107262

何だかんだ言ってたけど、オリンピックが始まって4日経った。

コロナ感染拡大必死!対応が後手後手の政府!バッハ帰れ!呪われたオリンピック開催反対!
って騒いでる人たちの手前、大きな声で言わなかったけど、正直言ってオリンピックが開催されて良かったと思っている。

柔道、競泳、体操、サッカー、ソフトボール、テニス、バスケットボール、卓球、、、世界大会以外は、テレビで放映していても見ないし、気にも留めない競技だけど、オリンピックの時だけは見てしまう。
日本のメダルの数が何個だ何だの言ってるテレビ番組の出演者ってバカじゃねーの?って思っていてもやっぱりメダルを取ってくれたら嬉しいし、良い結果が出せなかったり、勝負に負けて悔し涙をこらえている選手をみると励ましてあげたい気持ちになる。

このオリンピック・パラリンピックの開催に猛反対している野党第一党の皆さんは、今年もこんな状況にも関わらず、きっちりボーナスを貰って、小狡い政府にオリパラ閉会後の日本のコロナ感染拡大の責任の追及に精を出すに違いないと思うけど、悪いのはオリンピック・パラリンピックではない。飲食業の人たちでもない。感染予防や決まり事を守らずに好き勝手やっている人たちを規制できない事である。

それにしても何で台風がこの時期にこの角度でこっちに向かって来るねん!
野球、楽しみにしてるのに、、、

本日の1曲。

| | コメント (0)

2021.07.21

corounochi-level 2

202107201

昨日、仕事を少し早い目に切り上げて梅田に出かけた。

ルクア11階の大阪ステーションシネマで、8月20日上映の映画【孤狼の血 LEVEL-2】の舞台挨拶ライブビューイング付先行上映を観に行ってきたのである。

202107202

前作、第1作『孤狼の血』も結構えげつなかったけど、今回もかなりえげつない。

この映画の原作は、今年の春から読み始めて現在5分の3を読んだところで止まっている第2作『凶犬の眼』と言う事なのだけど、、、確かに犬であった。それ以上は言わないけど。

『凶犬の眼』を早く読んでしまって、完結編の第3作『暴虎の牙』を購入せねば、、、あぁ、楽しみ。

202107203

それにしても毎日毎日、コロナ感染の対応やワクチンやオリンピックの粗探しばっかり、、、

たいぎいのぉ~。

本日の1曲。

| | コメント (0)

2021.07.14

束の間の休息

202107130

先日、行きつけの材木屋さんから抽斗の側板に使うのに適した材木が入荷したとの連絡があったので、昼から品定めに行ってきた。
そして、倉庫の空き状況を考えて15枚ほど分けて貰う。

材木屋さんからの帰りに天王寺で昼ご飯を食べたあと、天気も良いので息抜きがてら前々からヤマダが行きたがっていた天王寺動物園に寄って行くことにした。
天王寺動物園に行くのは、ホッキョクグマのモモが誕生した時なので6年ぶりなのだが、動物園の手前の公園の様子がガラッと変わってしまい何か変にお洒落になっていた。この動物園は実家からちんちん電車で15分くらいで行ける場所なので子供の頃から度々訪れていたのだけど、個人的には20年くらい前までのあの下町の庶民の憩いの場的なのんびりした感じが好きだった。

202107131

お母さんのイッちゃんと昨年の11月に生まれた赤ちゃんのホウちゃん。

202107132

動物園に着いたのは午後2時10分。
着いてから知ったのだけど、ホッキョクグマ親子の観覧は午後2時30分まで。

ギリギリセーフ。

202107133

ホウちゃん、お腹が空いた様子。

202107134

中々こっちを向いてくれないなぁ、、、

202107135

お腹がいっぱいになったのか?寝てしまった。

このあと、園内を歩いてまわったのだけど、ゾウもシマウマもアシカも、、、
前回来た時よりもかなり動物が減っていた。コロナの影響もあるのかもしれないけど、ちょっと寂しい気もする。

202107136

結局、動物園に居たのは1時間ほどだったけど、束の間の休息ができて良かった。

昨夜は小躍りしてしまったけど、今日は奇跡が起こらなかった阪神タイガース。
ホームランダービーでバテバテになっていた大谷翔平。1回戦で敗退したとは言うものの2回も延長戦が見れて楽しかった。

本日の1曲。

| | コメント (0)

2021.07.12

9回裏2アウト

20210712

0対3で今日もタイガース万事休すか?

9回裏2アウト。ランナー1塁。梅野隆太郎。

そして、9番ピッチャーに代わって、このところお疲れの佐藤輝明が代打で登場。打てるかなぁ? また三振の予感が、、、おっ!センター前ヒット!やった!

1番にかえって、近本光司。 おっ!レフト前ヒットや! 1対3。

続く2番、糸原健斗。 おおっ!センター前ヒット! 2対3。

3番、マルテ。 うわっ! センター前ヒット! 3対3の同点やんか!

今日の負けは無くなったなぁ。 

すごいなぁ、、、最後の最後で面白くなってきたけど、、、

4番、大山悠輔。 なんか打ってくれるような気が、、、

初球をシバきよった!うおぉー! サヨナラやぁ~

今日は、最近見た阪神タイガースの試合で一番気持ち良かったなぁ~

先月から香道具の仕事であたふたジタバタして、更に有難いことにもう2件の香道具の仕事を頂いて9月までバタバタしそうな今の状況。中々ゼッツーのレストアが進まなくてイライラ焦ってたけど、今夜のサヨナラゲームでちょっと救われた。矢野監督も精神的にキツかったんやろなぁ。

今週は、スーパースター大谷翔平の33号ホームランの動画も5回くらい見て感動したし、、、13日のホームランダービー、14日のMLBオールスターゲームも楽しみやなぁ~

仕事頑張ろ。

本日の1曲。

| | コメント (0)

2021.06.22

Danbōru-bako

202106211

今朝、モノタロウから120サイズの大きな段ボール箱が届いた。

ピョン吉はインターホンの『ピンポーン!』という音が苦手で、ぐっすり眠っていてもあの音が鳴ると飛び起きて警戒モードに入るのだけど、配達の人の姿が見えなくなるや否や配達物のチェックをするのである。
そして、段ボール箱が大好きなピョン吉は直ぐに上に乗っかるので中身の確認が出来なくなる。
ただ、中身は今すぐ確認しなければならないようなモノが入っている訳でもないので、ピョン吉が降りて来るまで待つことに、、、

202106212

段ボール箱を開いてみた。

紙を丸めて詰め込んであるけど、、、

202106213

入っているモノは、パイプマンと掃除機の柄&ブラシと100枚入りのゴミ袋。
きっちり詰めたら80サイズで納まるのに、、、送料は無料とは言え、120サイズの箱ってちょっと無駄なような気がする。
それに丸めて詰め込んであった紙も14枚。まぁ、これはサンディングや塗装の時に重宝するからウチとしては有難いけど、モノタロウの経営者からしたら無くても良い出費である。

202106214

いつも気になっているのだけど、この梱包作業は上からの指示によるものなのか?作業者の判断によるものなのか?

自分が独立して自営の道を選ぶ前は、関西のその業界では比較的大きな企業の会社員だったので、ファッションショーや野外イベントなどの仕事の責任者を任された際、舞台美術の製作に要する材料の発注や人権費の確保、出張先での必要経費は当然会社持ち。しかも、バブルがはじける少し前。なので自分の腹は痛まないからまぁ良いかっ?と言う考えが何処かにあった。今にして思えばかなりいい加減な計上をしていたように思う。今は、全部自分に返ってくるので、そこんところはまぁまぁシビアになっている。だから余計にこういう無駄が目に付くのである。

202106215

でも、段ボール箱大好き!シャカシャカの紙も大好きなピョン吉はご満悦。

202106216

昼過ぎ、amazonから120サイズの大きな段ボール箱が届いた。

段ボール箱を開いてみた。

シールドエアーの緩衝材を詰め込んであるけど、、、

202106217

中身は、54本入りのちゅーる1箱と通常の6袋入りのちゅーる2個。

きっちり詰めたら60サイズで納まるのに、、、送料は無料とは言え、120サイズの箱ってどう考えても無駄なような気がする。

202106218

約10メートルもあるシールドエアーの緩衝材。

自分がamazonの経営者だったら間違いなく気絶してる。まぁ、この程度でamazonが傾くことは無いと思うけど。

202106219

しかし、これでも利益が出てると言う事は、末端の製造業者はいったいどれ位の利益が得られるのだろう?

消費者あっての販売業者。販売業者あっての製造業者。製造業者あっての消費者。

従業員あっての経営者。会社あっての会社員。国民あっての政治家。

なんかよう分かれへんわ、ホンマ。

本日の1曲。

| | コメント (0)

2021.06.17

砂遊び

2021061500

上の画像は、2000年3月に製作した硯箱のサンプル。

今回の香道具の製作は、この2段重ねの硯箱。
21年も前に作ったので製作手順を思い出すのに時間がかかるなぁ~
当時は裸眼で指紋がはっきりと見えていたけど、今はこのブログの記事を打つ文字すら見えん。
ちょっと頑張らなアカンかも。

この硯箱に使う板の厚みは、1.2mm、2mm、3mm、3.5mm、5.5mm、6mm。
今回、製作するのは全部で22個。使う樹種は、ケヤキ、神代タモ、エンジュ、キハダ、ヤマザクラ、チーク、ウォールナット。

2021061501_20210617001301

今日、ひと月前に割って暴れさせておいた薄板を整面して2割ほど厚いめに削ったあと接ぎ合わせた。
このあと、更に2週間ほど放置してから整面・厚み出しをする予定。

ちなみに接ぎ合わせたこの板は1段目の硯と水滴が動かないように嵌めてある厚さ3mmの薄い板なのだけど、この部分は薄いうえに切り抜きまでしてあるので木目の細かい素直な材木を使わなければ反ったり割れたりすることがある。なので目幅が不揃いな1枚板を使うより、目幅の揃った木目の細かい板を接ぎ合わせた方がリスクが小さいのである。ただし、きっちりと接ぎ面を調整削りして完璧な接ぎ合わせをするのが大前提。

先日、台を新調した土牛が絶好調。
他の部材も厚みを8分仕上げで止めておいたので、1週間後にまた整面・厚み出しをしてから本加工開始。

2021061502

5月の末に届いた大きな段ボール箱。

2021061503

前々から欲しかった90Lのサンドブラスト。

主にゼッツーの部品の錆び落としや再塗装の下地処理に使う予定なので、このくらいの大きさで十分。シリンダーやシリンダーヘッドくらいならサンドブラストを打つことが出来る容量はある。ただ、このサンドブラストは安価な海外品なので、多少の改良が必要だった。

2021061504

作業がし易いようにサンドブラストの台を作ることにした。

まずは、精密図面を書く。

2021061505

この材木、じつは昨年の末にジモティーのあげます情報で出ていた店舗改装の際に出た廃材。

なので、ビスが打ったままであったり、ペンキなんかも塗ったままのツーバイフォーや集成材ばかり。

2021061506

ちなみにこの箱もベニヤ板以外は、この廃材で出来ている。

2021061507

ところで、この廃材はどんな店舗から出たのでしょう。

おそらく中華料理屋さんじゃないかなぁ、、、
上の画像の集成材、塗ってあったペンキがちょっとべとついていたので、プレナーで削ってみたら中華料理屋さんの厨房の匂いが、、、
しかも材にラードのような油分が染み込んでいて、まるで肥松状態。

2021061508

まぁ、なにはともあれブラスト台が完成したので良いとしようではないか!

2021061509

サンドブラストを乗っけてみた。

2021061510

下の棚板を開けると、予備のスクリーンと説明書、その他の部品などが収まる仕様。

2021061511

さっそく、試しに使ってみた。

けっこう内圧が高くてボックスの継ぎ目やゴム手袋の取り付け部分などから少量ではあるがメディア(研磨剤)が漏れてくるので、香道具が納品出来たらその辺の不具合を改良して本格的に砂遊びしようと思う。

2021061512

錆びや塗装は簡単に落とせることが分かった。

このサンドブラストは、ほぼ同じものがモノタロウで ¥25,000ほどで販売されている。

今回、悪い評価が330、どちらでもない評価が270もある中国系の商社がヤフオクに出品していた商品を落札したのだけど、ブラストガン、4種類のノズル、予備のスクリーン(5枚)、LEDの照明も付いてなんと!(税込み)¥8,580+送料 ¥5,500。

ただし、4月27日に落札し、即入金したけど、在庫なしで入荷は5月下旬って、ヤフオクの規定に違反しとるやないかい。まぁ、そんなに急いでないし、自分で不具合を改良出来るのであれば安い買い物だったのかも知れないな。

本日の1曲。

| | コメント (0)

2021.06.13

ブルー

202106091

梅雨と言えば、蒸し蒸しジメジメ、、、だけど今年はそんな感じがしない。
とは言え、何かと憂鬱な時期である。

9年前のそんな時期にピョン吉とヒロシは生まれた。
正確な日は分からないけど、ピョン吉が親猫(クゥーちゃん)のお腹にしがみついていた頃を逆算すると大体6月10日。
とりあえず、1999年6月10日に生まれたケンちゃん、チャコちゃん、ポロちゃん、ダイちゃんたちと誕生日を同じにすることにした。
そして、ちょうどその頃、ヒロシ、ニーゴ、サンちゃん、タンゴも近くのマンションの貯水槽の下で生まれた。なのでヒロシも6月10日と言う事にした。

そのヒロシが、先週の金曜日に急に体調を崩した。
それまで普通に過ごしていたのに昼過ぎに大量に嘔吐。そして3時間おきくらいに胃液を吐くこと15回。
一昨年、急性腎不全で急逝したガリちゃんや、去年、原因不明(ストレスによる猫エイズの発症?異物誤飲?)で急逝したオカちゃんの事が脳裏に蘇った。

とにかく動物病院へ連れて行って診てもらいたいのだが、ヒロシはそれを察知して逃げ回る。心も顔も鬼にして捕獲しようとするのだけど、パニックになりかけのヒロシを見ていると諦めざるを得なかった。仕方が無いので獣医さんに電話して事情を説明し、対処法を教えてもらって様子を見ることにしたのだが、あくる日は木工教室があり土曜午後から日曜まで動物病院は休みなので気が休まらない。相変わらずヒロシは元気が無い。もちろん食べないし水を飲んでも直ぐに吐いてしまう。そして吐く胃液もとうとう赤みがかかってきた。どこかで出血しているのかも、、、そろそろ脱水症状も出てきている。ヒロシはあまり毛玉を吐かないのでもしかしたら胃や小腸に絡みついて詰まってしまったのかなぁ、、、そうなると腸閉塞になってヤバイ事になる。内視鏡手術で届けば良いが最悪切開手術、、、などと悪い方に考えてしまい心配が膨れ上がって眠れなくなる。しばらくヒロシのお腹をマッサージしてやる。

土曜日の朝、木工教室の準備をしてから動物病院へ相談しに行った。月曜日、何としてもヒロシを連れて行く事になった。最悪切開のフレーズが頭から離れない。
ほとんど寝ずにヒロシを診ていたので木工教室の間、時折睡魔が襲って来る。
その夜、また大量に吐いた。
そして、それを最後に嘔吐は止まった。

日曜の朝、ヒロシはご飯を食べた。あれ?
水も沢山飲んだ。あれ?
オシッコも出た。あれ?
夜、ウ〇コも出た。あれ?
そして通常モードに戻った。あれ~?
いったい何やったん?

月曜の朝、「少しこのまま様子を見ようと思う。」と動物病院に電話しよう思っていると、獣医さんが心配して電話を掛けてきてくれた。

ただ、そうは言っても体調を崩した原因は分かっていないので安心は出来ない。ヒロシを観察していると、右目がショボショボして少し涙目になっているのと、右の鼻孔から粘り気のある鼻水が出ている。思い起こせば1週間くらい前、右の耳の中に違和感があるのか時々気にする仕草を見せていた。もしかすると頭の右側の何処かに腫瘍があるのか?と、また悪い方に考えてしまう。

夕方、動物病院に行って、ステロイドと抗生物質を処方してもらった。しばらく錠剤をご飯に仕込んで飲ませることになった。
このまま治まってくれ。頼む!

202106092

谷町7丁目のお寺の境内にあるジャカランダが満開。

202106093

このお寺のジャカランダも見事だけど、一心寺のジャカランダも良い。一心寺にはイペーもあり、5月の初め頃きれいな黄色い花を咲かせる。
ちなみに、いつも楽しみにしている森ノ宮のジャカランダは、昨年派手に剪定されて今年も殆ど花が付いていなかった。

202106094

ところで最近、天六周辺で「ある人」を見かける。
先日、近所のスーパーの前に車を止めてヤマダが買い物から戻ってくるのを待っていたら前から「あの人」がニヤニヤしながら歩いてきた。
ヤマダも何日か前に見かけたらしい。

後姿だけ盗撮しておいた。さて、この特徴的な後姿は誰でしょう?

本日の1曲。

| | コメント (0)

2021.05.28

ノスタルジー

【業務連絡】 5月31(月)の12時(正午)より

2021年7月~9月期の木工教室の 予約受付が始まります。

終息するのか?しないのか?オリンピックやるのか?やらないのか?
新型コロナの感染拡大が少し減ってはいるけど、、、またまた、緊急事態宣言が延長。
そんな緊急事態の真っただ中、木工教室は通常開催しますので受講予約宜しくお願い致します。

202105271_20210528002301

アジサイの花が咲き始めた。

よりによって、今日の大阪市内は朝から大雨。そんな雨の中、吹田方面に用事があって久しぶりに電車に乗ったのだけど、思っていた以上に車内はガ~ラガラ。

202105272

このところ、週に1回くらいの頻度で帝塚山の倉庫に行っている。
仕事で使う材木を取りに行く為だけではなく、2階の片付け&掃除をするという目的もある。

この2階には、個展に出品する為に作った過去の創作家具や、1階に置ききれない材木や、バラしたゼッツーの部品&ストックパーツやその他要るモノ要らないモノ諸々を置いているのだけど、あまりにもモノが多いので予てから片づけたいと思っていたのである。

202105273

まずは、階段を上がってすぐの部屋の材木を片付け、今は以前漆塗りに使用していた3畳ほどの大きさの塗装部屋(うるしむろ)の片付けをしている。ここには、小さめの家具や捨てるに捨てられない思い出の品、雑貨、CAR&Bike雑誌などが所狭しと詰め込まれている。

舞台大道具をやっていた頃の歌謡特番やコンサートツアー、野外イベントなどの舞台図面や台本やバックパスが段ボール箱に詰め込んであったり、それらのリハーサルや本番を撮ったビデオテープやミラノコレクションの舞台セットの転換の音きっかけを練習するためのカセットテープなんかもあったり、、、片付けが中々進まん。

202105274

映画のビデオテープやらパトリシア・カースのミュージックビデオやらLPレコードやら、、、

石野真子さんのデビューアルバムのLP、、、確か昭和53年くらい?中学1年生の時に買ったやつ。
川島なお美さんのセカンドアルバムのLP、、、高校1年か2年くらいだったかな?

今となっては聴く事は出来ないと言うか、聴かないと思うけど、、、何か懐かしくて、ちょっと恥ずかしくて笑いそうになった。

202105275

おかきの缶かんから出てきたSEIKOのダイバーウォッチ。

30年以上前に使っていたお気に入りの時計。ゴムのベルトが劣化して粉々になっていた。このセイコーダイバーはレディース用なのだけど、メンズ用は大きすぎて重たいので、この大きさが丁度良い。高校1年の時、バイトして貯めたお金でこれと同じタイプの文字盤がオレンジ色のを買ってつけていたのだけど、波乗りをしているときに海の中に落としてしまったことがある。
基本的に身体にモノを着けるのがキライなので腕時計は着けないけど、ゼッツーの復活に合わせてこの時計も復活させてやろうかな?

202105276

先日、ゼッツーのリアホイールハブをクリーニングしてスポークを編みかけて止まっていたの続き。

上の小汚い旧式のベアリングは46年前の物でグリスが半練り状態に劣化していた。
なので ♪何て~滑らか~の新しいベアリングに交換。

202105277

新しいスポークを穴に通したところの図。

202105278

このアウタースポーク2本が不良品でネジがバカになっている。

なのでもう1セット購入する羽目になった。残りの38本、どうしてやろうか?

202105279

元の鉄リムが錆び錆びだったので、比較的綺麗なZ1の中古品を使って組んだリアホイール。

スポークの張りの微調整とバランス取りは、まだまだ先の話し。このあとフロントホイールの組替えもやっておかねばならない。

2021052710

画像の上が組替え前。

下が完成。今回のゼッツーのレストアのコンセプトは『ピカピカにしない再生』
なので、小傷も少し残してハブのバフ掛けもあえて8分止めで鏡面仕上げはしなかった。
車体が組み上がるころには、良い塩梅に表面がくすんで優しい雰囲気になっているはず。

2021052711

このZ1、Z2の純正リムである【TAKASAGO】の鉄リム303には、自分が知っている限りでは3種類の字体(フォントが異なる)がある。上の画像は、今回の49年型のゼッツーの物で、「TAKASAGO 215×18」の文字がちょっとお道化たような感じがするのに対し、今回中古購入したZ1の物は、実直さが感じられる。そして303の後にJAPANとある。どちらかと言うと前者の方が好みである。なので、49年型のゼッツーのフロント用もあるので気が向いたら再メッキして組み替えるかも知れない。だけど、今回はフロントもリアもZ1の実直タイプで行くつもり。そして3種類目の字体は、実直タイプの「303」のフォントが「ろ0ろ」になっている物がある。

ちなみに、Z1,Z2は「303」で、同じカワサキのW3は「304」、KZ1000Aは「305/306」、マッハ~KHは「307/308」が使われていたのを確認している。

2021052712_20210528031201

さあ、また明日も仕事しながら何か楽しいコト考えよっと。

本日の1曲。

| | コメント (0)

2021.05.22

道具とは何か?

202105201

播州(三木)の寸6鉋『土牛 鉄火人「井本」』

土牛の鉋には何種類かのグレードがあり、自分が知っている中で一番上等なのが「黒松土牛」そして「青土牛」など。
上の画像は、比較的リーズナブルで当時1万円でおつりが出るくらいで販売されていたポピュラーな鉋である。
この鉋は、34年前に舞台大道具会社『つむら工芸』に入社したときに何故か自分一人だけに支給されたもので、俺の木工人生の出発点と言っても過言ではない道具なのである。

その土牛も今では鋼が半分くらい研ぎ減ってしまい、騙し騙し修理して使っていた鉋台もとうとう限界まできてしまった。

この刃は、特別切れ味が良いと言う訳ではないのだけど、関西の大工道具屋さんでは大体どこでも置いているポピュラーなカンナと言う事もあってガンガン削ってガンガン研いで少々乱雑に扱ってもあまり気にならないので、ついついコレを使ってしまうと言う普段使いの鉋なのである。
と言ってもタモやナラなどの比較的加工のしやすい材木ならコレで十分仕上げ削りも出来る。ただ、柔らかい杉や栂、桧の板目なんかはちょっと役不足な感じもする。なので、現在は主に板の接ぎ合わせの際に接ぎ面を削る専用鉋という位置づけにある。だけど、板接ぎ専用とは言え、ウチでは年間100枚くらいの板(板幅300~450mmくらい)を作るので使用頻度はトップクラスなのだ。

202105202

先日、もうどうにもならん状態だったので、ようやく重い腰を上げ、鉋台を新調することにした。

使用する材は、20年くらい前に日本橋の鉋屋さんで仕入れた白樫の板目材。この鉋に使用する材木については、播州(関西)では板目材の木表を下に使うのが主流で、また新潟三条や東京鍛冶では追い柾の材を使ったものが主流であると聞いた事がある。

202105203

先ずは、墨付けをして荒堀りをしているところ。

ちなみに前述の用途に合わせて8分勾配(鉋刃の傾きの事)で墨付けをした。

202105204

少し工程画像をすっ飛ばして8割方加工を終えて表なじみ(鉋刃の背中の部分)の調整をしているところ。

これは、打刃物である鉋刃は1枚1枚刃の厚みや形状が微妙に異なるので、これをきっちりとやっておかないと、使っていると直ぐに刃が緩んできたり、ビビったり、最悪の場合は台頭にヒビが入ったりするのである。

202105205

小さな畔挽き鋸で、鉋刃が入る溝を広げているところ。

202105206

1分の鑿(ノミ)で調整。

202105207_20210522024201

またまた工程画像をすっ飛ばして刃口と木っ端返しの整形。

この時点で既に「コウガイ」(金属の棒)を打ち込んで、押さえ刃の調整も済んでいる。

202105208_20210522024201

鉋台の面取りをしてからの台直し。

202105209

完成! 鉋刃の長さに合わせて鉋台の厚みを少し薄いめにしてある。

2021052010

試し削り。 まずまずですなぁ。

2021052011

ナラの板の接ぎ合わせ。

この接ぎ合わせと言うのは、幅の狭い板を何枚も継いで幅の広い板を作るのだけど、特にナラなどの広葉樹は、節や割れ、染み(変色)、腐れ、虫食い穴があるので、それらの欠点を取り除くと1枚1枚の幅が狭くなってしまう。なのでこの加工工程が必要になってくる。
そして、ナラに限らず、材木は湿度によって収縮するので、この接ぎ面を適切に調整してやらないと後々になって木口から割れが走ったり接ぎ面が切れたりする。ここでは詳しく書かないけど、板と板を合わせた時に板の中ほどに数ミリのなだらかな隙間が空くように削り合わせてやるのだ。

2021052012

上の画像の鉋は、まだ本格的に木工をする以前に四天王寺の骨董市で買った中古の寸4鉋刃と汎用の新品の押さえ刃を使って、土牛の鉋台を手本にカリン材で初めて作ったもの。もちろん鉋として使用できるが使う用事がないので道具箪笥に仕舞ってある。

余談ではあるが、25年前に大工道具をすべて木で作ったことがある。

2021052013

手前から『三代目 千代鶴 延国』、『石堂 輝秀』

これらは、東京の有名な鉋でさすがに良く切れる。   、、、気がする。

一番奥は、つむら工芸を退社したとき、その後の新しい人生の始まりの記念に大枚を叩いて買った『石堂 飛雲』まだ仕立てていないので切れ味は分からない。この他に『国弘』など、箪笥の肥やしが8丁。

2021052014

実際に使う(使える)鉋は、この5丁。

右から、つむら工芸の先輩が、鋼が切れたから要らないと捨てた鉋刃を貰って鋼が出揃うまで研いだら嘘みたいに切れるようになった鉋刃に木口削り専用の1枚刃仕様の台を打ったもの。これがないと桧の木口削りが出来ないくらい重要な鉋。
右から2番目と3番目は、新潟三条の平出さんで買った『友行 翁面』これが有れば怖いもの無し。
4番目も平出さんで買った『為』ほとんどこれで用が足せる。
そして、左端はこの度、生まれ変わりました播州三木の『土牛』でございます。

ちなみに今現在、土牛の合わせ鉋は製造されていないみたい。
社名も『DOYGU』になってるっぽい。魂売りやがったな!(失言)
しかも今、大工道具でハンマーと言えば『土牛』と言われているらしい。時代の流れとは言うもののなんかちょっと寂しい気もするが仕方ない。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

これまで、『良い』と言われる鉋も使ってみたけど、それらはやはり切れることは切れるが、現在の木工においてそこまでは要求されない領域であり、鉋自体も高価なので小心者の俺には使えない。

道具はやっぱり使って『なんぼ』のもんである。

本日の1曲。

| | コメント (0)

2021.05.18

梅雨入り吐息。

202105171

大河ドラマ『青天を衝け』を真剣に見ているピョン吉。

緊急事態宣言が延長されて1週間。気が付けば、梅雨入りしていた。

それにしても、、、何処やらの何とか教の国々の内戦、どうにかならんのか? 神様の教えなんて信じない俺には全くもって理解できない。
そして、コロナ関連の報道はもううんざり。どこのテレビ局も感染者数ばかり言ってるけど、どれもみんな嘘っぽい感じがする。情報操作を勘ぐってしまう。感染確率のほうが分かりやすいように思うのだが、、、

202105172

5月に入って少しバタバタしていて中々ゼッツーのレストアが進まなかったのだけど、先週からホイール関係をやっていくことにした。

上の画像は、30年くらい前に手に入れたZ2のリアホイール。純正指定のタカサゴの鉄リム「303」
残念なことに保管場所の雨漏りで錆さびになってしまったのだけど、今回これをノーマルバージョン用に使用する為にレストアする。

202105173

まずは、カッチカチに劣化したタイヤを外す。

今となっては、貴重な303鉄リムだけど、錆が深くて傷も多いので再生は断念。腐食部分を真鍮ロウ付けで盛って研磨する労力と再メッキに出す費用を考えると割に合わないのである。

202105174

中々タイヤのリブが持ち上がらないので少々手こずったけど、、、30年ぶりの作業がなんだか楽しくて。

202105175

スポークもニップルも錆びてザラザラ。

202105176

ニップルレンチでギシギシ・パッキパキ言わしながら分解完了。

202105177

リアハブの底面に【49.9.24】のスタンプが押されているので、昭和49年後半にデリバリーされた『Z2‐A』に間違いない。
ベアリングも古いタイプのもので交換した形跡もない。46年ぶりに人の手が入るのである。

202105178

まずは、内側にこびり付いたドラムブレーキライニングのカスや汚れを除去するのだけど、もしかしてこの当時のブレーキライニングってアスベスト入ってる? 念の為、集塵機で吸い込みながらの作業。

202105179

ミニグラインダーとディスクグラインダーを駆使してアルミ地の腐食と目立つキズを取ってからステンレスのワイヤーブラシで地道にゴシゴシ。

2021051710

リアハブに鋳込まれたブレーキドラムも錆びて真っ赤になっているのだけど、ミニグラインダーで錆び落としをするとドラムの面が歪になりそうなので、木工旋盤のヘッドを90度振ってサンディング。

2021051711

最後の皇帝ラストエンペラーじゃなくて、最後の工程のバフ掛け。昭和のオヤジギャグ炸裂。

2021051712

とりあえず、リアハブのクリーニング終了。

2021051713

そして今日。新しいベアリングを打ち込んで、入手済みの程度の良い中古のタカサゴの鉄リム「303」を組付けようと新品のスポークを編んでいたら、、、なんとアウタースポークが2本不良品で、ネジが規定値よりも少し斜めに切れていてニップルが回らない。仕方が無いので1セット40組入りを注文。

ヤル気満々で組み立ててたのになぁ~ ふぅ。

本日の1曲

| | コメント (0)

2021.04.27

緊急事態宣言発令中!

202104261

3回目の緊急事態宣言が発令されて3日目。

ウチのニャンコさんたちには、緊急事態がどうのこうの言ったところで今の状況が分かるはずも無く、いつもの穏やかな月曜日がまた終わろうとしているだけ。そして明日も明後日もゴロンゴロンしている。それで良い。

さて、予定では5月11日(火)まで緊急事態宣言が発令されているとは言え、ウチの木工教室は休業要請施設に該当せず期間中の業務補償等も無いので通常通り開講することにしました。ただし、県を跨いだ遠方より公共機関を利用して通って下さる方や不特定の他者との接触を心配される方もおられると思いますので、期間中のキャンセル及び未振替につきましてはキャンセル料の課金は致しません。勿論、コロナ感染対策はしておりますので、来れそうな方は大歓迎です。

202104262

今年も路地のコンクリートの継ぎ目に根を張って5年くらいになる野茨の花が満開。少し甘く爽やかな心地良い香りに癒される。

202104263

こちらは、3年前にコンクリートの溝の隙間に根を張った???の木。

ところで、最近はパイナップルの話しを全くしなくなったのだけど、2006年4月3日から栽培を始め早や15年。一番多い時で28鉢もあったパイナップル。食べた後のパイナップルのクラウン(葉っぱの付いたヘタの部分)を水栽培し、根が出てきたら鉢植えにして育ててきたのには2つの目的があった。1つは花を咲かせて実を実らせ食べること。これは何時まで経っても花を付けさせることが出来なかったので8年目くらいで諦めた。そして2つめは、路地の小屋で生活していた外猫たちを外敵(主に人間)から守るためのバリケードだった。この件については、もう世話をする外猫が居なくなったのでバリケードも必要が無くなった。

毎年、最高気温が20℃を超えるとパイナップルの鉢を外に出し、最低気温が10度くらいになると屋内に避難させて越冬していたのだけど、今回は屋内に入れずに出したまま冬を越したのである。そして全滅した。そうなることは分かっていたけど、長年世話をしていたパイナップルを自らの手で切ってしまうことが出来なかった。そして、春ごろから植木鉢も少しづつ処分している。夏ごろには、オカちゃんとヒロシが寝起きしていた小屋も解体していくつもり。今年は、単車も2台手放した。コレクションしていたミニカーも全体の約35%(200台)処分した。この先もっともっと身の回りの『モノ』を減らして行こうと思っている。予定通りの寿命で行けば人生の2/3を過ぎてしまった。もうそういう時期にきているのだ。これから先は自分にとって本当に必要と思うものだけを大切にして行こうと思う。

ここ数年、指の爪がボコボコに波打って薄く割れやすくなっている。特に人差し指の爪はボコボコの谷の部分が先まで伸びてきた時、爪が逆反りして何か物を掴んだりすると、いとも簡単に爪先がひっくり返ってしまうのである。そして、その繰り返しで指先の身と爪が深爪の様に剥離して更にひっくり返り易くなり悩んでいた。

今朝、あることに気付いた。

202104264

100円ショップで買ってきた付け爪のパーツ。
これで爪を補強するのだ!
さっそくネイルチップを人差し指の爪に貼ってみることにしたのだが、、、
このチップ、8種類の大きさのものが入っているのだけど、どれも小さくてまるで犬の爪。一番大きいチップで人差し指くらいでしかも巻爪になっている。なのでこれをグゥーで叩いて伸ばして適当な大きさに切って貼ってみた。更にその上からネイルサポートを塗って固めた。
そして、剥離している指先の身と爪を得意のアロンアルファで接着して出来上がり。

結果は、思いのほか強くなって、ひっくり返る不安感が無くなった。ただ、ネイルチップをグゥーで叩いて伸ばした時に白化してしまったので、何か見た目に汚くて気持ち悪い。
ヤマダに貰ったクロネコシールを貼ってみたけど、、、ちょっと何か落ち着かんなぁ。仕事して、手を洗ったらクロネコシールは取れてしまったけど、今回の『爪の補強大作戦』は70%くらい成功かな?

本日の1曲。

| | コメント (0)

2021.04.24

常備薬

202104231

大阪は、昨日も今日も夏日だったらしい。

確かに日差しは暑かったけど、夏日って言うほど夏っぽくはない。
子供の頃(昭和40年代)は、真夏で31度くらいだったように記憶するが、21世紀に入ってからは35度以上にならないと真夏って感じがしなくなった。なので『25度くらいで何が夏やねん!』って思ったりする。そんな事、どうでもいいけど。

202104232

近所の調剤薬局の入り口に植えてある桜の樹に🍒が沢山生っていた。

数年前に大阪城公園の桜の樹で、アオバトが🍒を啄んでいるのを見かけた。緑色のハトが赤い実を啄んでいる姿はホントに美しかった。
大阪城公園ではもう野鳥の春の渡りが始まってるらしいけど、、、緊急事態宣言が解除されたら久しぶりに鳥撮り散歩に出かけてみたいなぁ。

202104233

一昨日の昼頃、急に激しい腰痛に見舞われた。
椅子に座っても痛い。しゃがむ事も立っている事も辛いくらいの腰痛。靴下を履く事もままならない。
ボルタレンやバンテリンなんて塗ったところで効かないのは分かっているので、薬局に行って【ラックル速溶錠】を買ってきた。

以前、テレビのCMで観て『飲み薬で腰痛を治すなんて、、、ホンマに効くんかいな。』って小馬鹿にしていたけど、藁にも縋る思いで飲んでみたら1時間くらいでだいぶ楽になった。今まで馬鹿にしてゴメン。
効力は、効き始めから5時間くらい。イブA錠、ナザール(スプレー)、葛根湯に加えラックルも常備薬に決定!

本日の1曲。

| | コメント (0)

2021.04.19

半年後 。。。

202104181

寝る、、、寝る、、、寝る、、、寝る子。

大阪のコロナ感染者数、連日の1000人越え。1年経って治まるどころか、、、
なんか?この先何年もこんな状態でダラダラグダグダ過ごすような気がしてきた。
ウチは、幸いなことにまだ切羽詰まった状態にないのでこんな呑気な事を言っていられるのだけど、、、明日は我が身という不安が付きまとう今日この頃。

最近、地震の発生も増えてきた様に感じる。

報道番組・情報番組は、こぞってコロナ感染率・重症率・死亡率の算出やK室さんの説明文書などを放送しているけど、もう飽き飽きしていることに気付いてくれ。そんなうんざりなニュースで隠れてしまっているが、世界各地で異常気象による災害が発生していると言う事。ミャンマーの情勢や中国による香港、台湾、新疆ウイグル自治区などへの人権侵害問題。世界経済など、そう言う事をもっと知りたい。

4月も後半に入ったと言うのに今日は朝から肌寒く、午前の木工教室が終わる頃に激しい雨が降った。
そんな悪天候の中、甲子園球場では阪神タイガースが頑張ってるよなぁ~
エンゼルスの大谷選手の活躍も見ていて楽しいよなぁ~
こんな時こそ楽しい事をしたい。現実逃避と言うヤツやな。

202104182

上の画像は、29年前のツーリングでの1枚。
改造度が一番高かった頃のゼッツー。フロントフォークはもう無いけどロッキードのキャリパーは保管してあるのでいつの日にか復活させる予定。オーリンズのリアショックとバックステップは先日売却済み。UASのアルミ角スイングアームは25年くらい前に売却。

近頃、車を運転しているとツーリングライダーを見かけることが多くなってきた。ちょっと羨ましい。

ここ数年、70~80年代の単車や車の人気が高いとは言うものの、実際に走っているのを見かけることあまりない。
やはり単車にしても車にしてもこの頃の旧車は、車体価格が高騰しているので所有していても中々乗ることが無い。と言う事もあるらしい。

202104183

ひと月前にエンジンを降ろしてフレームだけ持って帰ってきたのだが、細かく観察してみるとアチコチ問題が見つかった。
上の画像は、左側のリアウインカーのステーを取り付けるマウントプレートで、画像の左上が外側、左下が内側。
ウインカーステーを取り付ける穴が潰れてしまって、尚且つプレートが内側に5mmほど曲がっているのである。

88年に峠の左コーナーで転倒した際に曲がってしまったのだと思うのだけど、その当時はそんなに気にはならなかったのでグラグラになったウインカーステーのナットを無理やり締め上げたので穴の内側からも潰してしまった。本来は、内側と外側のプレートとの隙間は8mmくらいある。なので画像右のようにバーナーで炙って打ち出すことにしたのだ。

202104184

バーナーで炙りながら細めのタガネでシバキ倒す。

金床が無く浮いた状態では中々キレイに打ち出せないが、マウントブッシュが入る隙間が確保されたので良しとする。(画像右上)
内側に曲がったプレートもある程度戻ったのでアルミパテで歪を修正し、穴の形を整形して終了。(画像右下)

202104185

続きましては、29年前のツーリング画像にあるUASのアルミ角スイングアームを取り付けた時にやってしまった荒加工の修繕。

どうしてもアルミ角スイングアームが、マフラーステーのマウントブッシュパイプに当たって入らないのでステーのパイプフレームを無理やり外側に広げたのだけど、それでも干渉してしまうのでブッシュパイプの内側をディスクグラインダーで削り落とすと言う暴挙に出たのである。

今思うと後先考えない滅茶苦茶な加工だけど、当時の改造なんてこんなモンである。たぶん。

202104186

【右側のマフラーステー】

画像右は補修前。

左が修復後。金属の色が変わっている部分が欠損していた部分。

202104187

【左側のマフラーステー】

画像左は補修前。豪快に削ってしまっている。

右が修復後。金属の色が変わっている部分が欠損していた部分。

202104188

修復した左右のブッシュパイプ。素人が出来るのはここまで。

スイングアームを取り付けてみると左側のマフラーステーが外側に大きく広がっているのが分かる。
ココから先はプロに任せることにする。出来る事なら自分でやりたいが設備が無いので仕方がない。

202104189

これは、オーリンズ・ツインショックを取り付けた時にやってしまった荒加工。
リアショックのマウントボルトなのだけど、ネジを切っている部分を金鋸で切り落して断面にタップを立て、キャップスクリューでショックを固定する仕様に変更したのだ。
今思うと後先考えない滅茶苦茶な加工だけど、当時の改造なんてこんなモンである。いや、有り得ない荒業。暴挙としか言いようがない。

この部分は使えない部分を除去し、マウントボルトを新たに製作して埋め込み溶接をしなくてはならないのでプロに任せるしかないのである。出来る事なら自分でやりたいが設備が無いので仕方がない。

この他にフレームを観察して気になったところは、やはり転倒の際に左側のシートレールの下のフレームが少し下がっている様に感じるのと、ステアリングステムのネックも気になるところ。

気になりだしたら何処も彼処も気になってきたのでフレーム修正機にかけてもらうことにした。
今年の初めに福岡にあるバイクのフレーム修正を得意としているショップに問い合わせをし、予め判っていたマフラーステーとマウントボルトの修復を打診していたのだが、その時点で半年待ちだった。

あとは、福岡までの発送方法なのだけど、フレームの寸法を測ったら3辺の合計が250cmもある。
一般的な宅配便の上限は、3辺の合計が170cm、重さが25kg程度なのでダメである。ヤマトの場合も上限を超え、家財便も家財ではないので取り扱ってもらえない。残るは佐川急便のラージ便しかないのだが、3辺の合計が260cm以内、重さは50kg以内。
ただ、その場合でもフレームを裸で送るわけに行かないので木箱を製作することにしたのだが、どう頑張ってもかつかつ260cmになるのである。

2021041810

試行錯誤の末、260cmジャストで木箱が出来たのでフレームを固定した。右側のスペースにはフレームと一緒にサンドブラスト&塗装をしてもらうスイングアームを入れた。総重量は44kg。何とか一人で運べる重さである。

2021041811

蓋をビス止めした。

縦横どちらに積んでも良いように作ったので配達のお兄さんが運び易いように持ち手を4カ所、ショップのおじさんが蓋を開け易いように持ち手を2カ所内蔵しておいた。

2021041812

さぁ、いよいよ福岡に向けて発送しようとショップに連絡を入れたところ、現時点で加工待ちのフレームが増えすぎて工場に保管するスペースが無いので、半年後に連絡するまで発送を待ってほしいと、、、

仕方が無いので、帝塚山の倉庫に運んで半年寝かせることになった。
半年後と言うと11月前後。それから加工に入ったとして出来上がって来るのが年内?来年?
それまでにやらなければならないレストアは山ほどあるので来年でも全然構わないのだけど、そんなにフレーム修正の仕事を抱えているってスゴイよなぁ。

趣味人を相手にする仕事って、今のコロナ渦でも関係ないんやなぁ。
このショップの技術力が高いからなんやろうけど。

本日の1曲。

| | コメント (0)

2021.04.09

抜けられない、、、

202104081

ちょうど1年前、1回目の緊急事態宣言を受けて4月、5月の木工教室が休講になった。

今日の大阪は、あの時と比べるとコロナ感染者数が遥かに多い。
なのに緊急事態があまり感じられなくなってしまっている。
あの未曾有の恐怖はどこへ行ってしまったのだろうか?

新型コロナの特徴が分かってきているからか?
他国でのワクチン接種が広まり、結果が現れてきているからか?
自粛を求める側の傲慢な態度振る舞いに呆れ果てて馬鹿らしくなってきているのか?

TVニュースの街頭インタビューやワイドショーの飲食店関係者へのインタビューや情報番組のコメンテーターなどの一部の人たちは、口々に政府や自治体の対応の悪さについて批判をしている。気持ちは分からないでもないが、実のところ自分も含め皆、誰かのせいにしたいのだと思う。あるいは責任転嫁をしているようにも思える。本当は、一人一人が意識を変えなければコロナパンデミックから抜け出せないということも薄々気付いているのだ。

202104082

と、偉そうに知った風に書いてみたけど、今日、自転車に乗ってある場所に出かけた。

予てより予約していた大阪造幣局の桜の通り抜け。
この状況下でぬけぬけと通り抜けである。

202104083

が、しかし世の中そんなに甘くはないのである。

202104084

そらそうやろなぁ。でも中止の連絡ぐらいしてくれても、、、

202104085

なので、造幣局の外から眺めてみた。

202104086

サクラが終わり、ツツジが咲き始めて、やがてアジサイが、そしてヒマワリの季節。今年の夏は、いったいどうなっているかなぁ、、、、

それにしてもいつまで続くんやろか?
じゃなくて、一人一人の意識改革や。おまえが言うな。

本日の1曲。

| | コメント (0)

2021.04.04

Dona Dona Part 2

202104031

大阪のコロナ感染者数が666人。3日続けて600人越えかぁ。

ホンマにやるんかなぁ?と言うより出来るんやろか? 五輪ピック。

202104032

1989年型のホンダ XLR250RーBAJA(バハ)

(新車当時の車体価格43万9千円)

32年前に未登録の展示車を38万円くらいで購入した。

202104033

今日は朝から阪神高速湾岸線をぶっ飛ばして和歌山方面に出かけた。

堺泉北臨海工業地帯の工場もぇ~

昭和50年代の終わりごろ、土曜の夜は、この臨海の直線や南港でゼロヨンをやっていた。
当時19歳の俺は、スカイライン・ジャパンに乗って参加していたけど、周りはS30Zの3LチューンやRX7の13Bペリのような早いクルマばっかりで一度も勝ったことが無かった。

202104034

車を走らせること1時間半。

到着したのは、和歌の浦にある雑賀崎(さいかざき)の近く。
実は、オイラが生まれたのはここから少し北に戻ったところにある和歌山城の近くらしい。

そしてこの度、縁があって和歌山県の方が、XLRバハを購入してくれた。32年前に買った時の半額以上で。
今でも結構人気があるらしい。

202104035

エンジンを掛ける時のコツを次期オーナーに伝授の図。

林道で転倒したときなんかは、キャブからガソリンがオーバーフローすることがあって、そのあと鬼のキックをしても中々エンジンが掛からなくて足元がふらふらになり、なんでセルスターターやないねん!って悪態ついていたけど、エンジン掛けられるのも今日が最後。

なのにあっけなくキック一発始動。

202104036

手放す時って、なんかやっぱり寂しいなぁ、、、

202104037

でも、必要とされるのであれば、それが一番良い。さよならバハ。

202104038

新しいオーナーに押されていくXLRバハの後姿を見送った後、雑賀崎の灯台を見に行くことにしたのだが、、、曲がりくねった細い山道を登り切った先に見えたのは、オーソドックスな白い灯台と『駐車料金500円』の看板。他に見どころは無さそうなのでUターンして和歌浦湾に向かった。

202104039

和歌山マリーナシティにあるポルトヨーロッパには入らないで、隣の黒潮市場に立ち寄ったのだけど、、、自分がイメージする市場とは程遠い観光施設だった。

親子連れや観光客の為にバーベキューの具材を販売して、それを隣接の調理場で焼いて食わせるのがメイン。しかも天六市場のレートの3倍くらいの価格に食欲減退。さらば和歌山。

高速をぶっ飛ばしてニャンコさんの待つ我が家へ、、、

本日の1曲。

| | コメント (0)

2021.03.31

ジン・マシン

202103311

第4波は、時間の問題? もう始まったの?

しかし、マン防って? 
何でもかんでも省略したらええっちゅうもんやないと思うんやけど。

『蔓延防止等重点措置』にしても『緊急事態宣言』にしてもあんまり効果があるように思えなくなってきた。
必死になって感染防止に取り組んでいる人たちには申し訳ないが、、、

それはそうと、昨日、朝起きたときに手首が少し痒かったのだけど、時間が経つにつれて赤い発疹が両腕に広がって、やがて全身に、、、こんなに派手な蕁麻疹は、生まれて初めてだったので、とりあえずアレグラがあったので飲んで様子をみていた。

今朝、まだ蕁麻疹が治まっていないので心配になって、近くの総合病院へチャリを飛ばして行ってきたのだけど、皮膚科は火・金曜のみの診療だそうで、内科でも診てもらえず撃沈。

久しぶりに行った病院の受付の職員がいつもの半数ほどしか居なくて、待合室も診察待ちの患者が半分以下。経費節減の為か?照明を減らしていることもあり、何か寂しい感じがした。しばらく病院には行くまいと決めた。明日、薬局へアレグラを買いに行かなくては、、、

202103312

昨日の午前中、ニャンコさんたちが食べ残したキャットフードを持って河川敷へ散歩に出かけた。
河川敷の桜は、この2~3日であっという間に満開になっていたのだけど、ここでは座って花見をするような人は皆無。
親子連れもまばら。
そして、肝心のキャットフードを食べてくれそうなハトやカモたちも少なくて空振りだった。

202103313

昼頃に宅急便が届く予定だったので1時間弱の散歩を終了して、木工屋レジアス号に積んで持って帰ってきたナラの板をせっせと降ろした。
そして久しぶりに洗車。

ヤマダは、ハスラーを買って今年で7年目。初めてのワックス掛けをしていた。

レジアス号は、毎年車検を出した時に車屋さんが綺麗にしてくれるので、掃除と言えば年に2~3回程度、水をぶっかけて雑巾で拭き拭きするくらいなのだけど、今回は脚立に上ってルーフもシャワー&ブラシでゴシゴシしてやった。もちろんワックス掛けなんかはしないけど。
このレジアス号、今年で19年目になるが、まだまだ現役続行中。買い替える気は全くない。昨年末の車検時にクラッチも交換したので只今絶好調。
さすがトヨタ車。未だかつて故障したことは一度も無い。この先レストアして乗っても良いと思うくらい気に入ってる。

ただ、燃費が、、、ポルシェ911カレラ993と同じくらいしかない。
エンジンのオーバーホールの時期が迫ってるかも。

本日の1曲。

| | コメント (0)

2021.03.28

花見の季節

202103281

大阪にもようやく花見の季節がやって来た。

当然、期待外れの緊急事態宣言が解除されている現在は、あちこちの桜の名所は混雑している様子。

そらぁ、そうやわな。 こんな良い季節に家でじっとしてるなんて、、、

今日は、大阪のコロナ感染者数が東京を上回ってたらしいけど、、、

202103282

今年も路地の南京花桃が咲いた、、、3つだけ。

202103283

コンクリートとアスファルトの隙間から毎年綺麗な花を咲かすスミレ草。

もう少し暖かくなったらまた【ツマグロヒョウモン】の幼虫に葉っぱを食べられて丸坊主になってしまうけど。

202103284

何年も放ったらかしているのに毎年花を咲かせてくれるムスカリ。

202103285

ムスカリ同様、ローズマリーも放ったらかしで申し訳ないけど、きっと中途半端な手入れをすると枯れてしまうんやろなぁ。

202103286

いつも行くペットフード店の近くに咲いているカワヅザクラ?

メジロやヒヨドリが花の蜜を啄んでいる様子に癒される。

202103287

近くの公園のサクラ。この辺りでは開花が早い方なので、既に8分咲き。

ちなみに河川敷の桜は、まだ咲き始めたばかり。

202103288

世の中がどんなに困難な状況でもサクラの花を見ていると、なんだかヤル気が湧いてきそうで訳も無く嬉しくなる。

本日の1曲。

| | コメント (0)

2021.03.15

バタンQ~

202103141

今日は、久しぶりに木工教室のない日曜日。

何か?月曜日と勘違いしてしまいそうでちょっと変な感じ。

202103142

今日は、体調も万全。気合一発エンジンを降ろすことにした。

とりあえず、場所を確保する為、手前の材木を奥に積み替えて、XLR250は外へ、ヤマハSRXは隅っこへ、ゼッツーのスペアエンジンは積んだ材木の隙間へ追いやって、チェーンブロックを吊換えてようやく準備が整った。

要した時間約1時間。消耗した体力30%

33年前にエンジンを降ろした時は、若干23歳の若者だったので約80kgもあるエンジンを1人力で何とか降ろせたけど、今は体力的にそうはいかない。しかし、今回はバイタルの500kg吊りチェーンブロックがあるので楽勝!

202103143

だけど、やっぱりそう上手くは行かないのが人生。
10人力のバイタルをもってしても手こずるのであった。
さすがにチェーンブロックを使えば楽に重いものが吊り上げられるのだけど、こういうタイトな隙間を掻い潜って脱着しなければならない案件には人の手には敵わないのだ。
「もうちょっと前上げて、少し時計回りに捻って、、、ちょい前下げ、右持ち上げ、、、」というのが出来ない。

本当は、カムカバーを付けたままエンジンを降ろす予定だったのだけど、あと1cm右下げが出来ず、二進も三進も行かなくなり結局カムカバーを外すことにした。

久しぶりに見るヨシムラのカム。ほとんど組んだ時のままの質感に見える。カムチェーンもまだカチッとしている様に見える。
バラしたらどうか分からんけど。

202103144_20210315032301

結局、2時間ほど悪戦苦闘した挙句、ようやく降ろすことが出来たのだけど、情けない事にもう体内電池切れ掛け。
足が縺れてふらふらするし、、、

でもまだ一仕事残っている。フロントホイール、トップブリッジ、フロントフォーク、ステアリングステム、リアホイール、ドライブチェーン、スイングアーム、サイドスタンドを外して片付けねば、、、

202103145

エンジンは、たぶん腰下まではバラさないと思うけど、シリンダーヘッドを外して必要であればシリンダーとピストンの状態を確認しておかなくてはならないかも知れない。とりあえずシリンダーヘッドの諸点検&クリーニングだけで済めば良いんだけどなぁ。

202103146

それにしても、Z1、Z2の廃版済純正部品や中古部品の値段が半年前からまた更に高くなっている。どこまで値打ちこくつもりなのか?

先日、ゼッツーのエンジンがヤフオクで売りに出されていたけど、、、

まぁ、とにかく今日は疲れた。もうバタンQ~ですわ。

本日の1曲。

 

| | コメント (0)

2021.03.13

37.5

202103101

1年くらい前から風邪を引く事に対してかなり罪悪感を感じる様になっている。
周りに人が居る所でクシャミも咳も憚れる。ましてや風邪くらいで病院にも行き辛い。
公共の施設は勿論の事、食事や買い物に行っても入り口で検温するのが当たり前と言う状況にあって簡単に熱も出せない。
なので、コロナに感染しないよう、また疑われないよう風邪ひきには気を付けていたのだけど、、、

火曜日の朝、何かちょっと胃が気持ち悪いなぁ、、、って思っていた。
昼間、材木屋さんに教室で使う為に購入した材木を引き取りに行き、その足で帝塚山の倉庫に降ろしに行った。
夕方、もの凄い頭痛と悪寒と睡魔が襲ってきて、こりゃアカンと思いそのあとの予定を変更して布団に潜り込んだ。
夜の7時ごろ、熱くて目が覚めた。喉が渇いて熱っぽい。脇に挟んだ体温計を見ると37.5度。

ぎりぎりアウトやんか!その体温。

翌日は、朝から兵庫県に用事があって出かける予定なのだが、ちょっと無理っぽい。

とりあえず葛根湯と解熱剤を飲んで晩飯を胃袋に詰め込んだ。
幸い味覚・臭覚に異常は無い。だけど、横にならずに居られない状況。
ヤル気スイッチが完全にショートしているので、あとは翌朝になってから考えることにした。

--------------------------------------------------------------------------------------------

朝、目が覚めると少し天井が回っているけど、頭痛は治まっている。
体温を測ってみると、36.5度。この時期の自分の体温はだいたい35.8度くらいなので微熱といったところ。
葛根湯と解熱剤を飲んで予定通り出かけることにした。

そして、一つ目の用事を済ませた後、そこから電車で1駅の池田市へ移動し、、、

202103102

安藤百福さんの銅像を見に行ってきた。

202103103

ついでに、マイ・カップヌードルも作って。
容器に絵を描いただけなのだが。

スープは醤油。具は謎肉、ひよこちゃんナルト、チーズ、ネギ。

202103104

蓋を貼って貰って、パッキング。

202103105

コロンと出てきて完成。

202103106

衝動買いしてしまった【ひよこちゃんバス】のトミカ
けっこう重量感があって、手のひらに収まった時の感触が良い。ちなみに113グラム。

昨年の夏ごろから、自分の持ち物(コレクションなど)を少しづつ処分しているのだけど、と書くと聞こえは悪くないが、実際はゼッツーの復活に掛る費用の捻出の為、ネットオークションなどに出している品物の大半を占めるミニカー。
580台ほどあったのが現在約400台。
もう増やさないつもりでいたのに、、、でもこれはミニカーと言うよりも玩具かな?

202103107

木工教室用に仕入れた「ナラ」、「タモ」、「ニレ」を倉庫に入れたらゼッツーをバラす場所が無くなってしまった。

さあ、どうしようか?

202103108

材木を引き取りに行く途中、信号待ちで止まったら対向車線に派手なクルマが、、、

【ランチャ・デルタHF・インテグラーレ・エヴォルツィオーネⅡ】
1992年モンテカルロ・ラリー優勝車のマルティニカラーのレプリカ。

最近、あまり見かけなくなった【ランチャ・デルタ・エヴォルツィオーネⅡ】も今は例に漏れず高騰しているらしい。

本日の1曲。

| | コメント (0)

2021.02.27

若気の至り

202102271

【業務連絡】 3月1(月)の12時(正午)より

2021年4月~6月期の木工教室の 予約受付が始まります。

終息するのか?しないのか?
新型コロナの感染拡大が少し減ってはいるけど、、、
これからの季節、花見シーズン~ゴールデンウィークに突入するにあたって不安は尽きない今日この頃。そんな真っただ中、木工教室は通常開催しますので受講予約宜しくお願い致します。

それにしても、、、一般国民向けの新型コロナのワクチン接種はどうなっとるの?早ければ5月頃とか、6月末とか言う情報が聞こえてくるけど、、、 オリンピックって開催いつやったけ? えっ、7月23日。

202102272

一昨日、少しだけゼッツーをバラした。
まずは、背骨に沿って張り付けてあるメインハーネスを取っ払らった。
まるで人体標本の大動脈と静脈みたい。なんて呑気に眺めていられないので、続いてアクセルワイヤーとクラッチワイヤーとブリーザーパイプなどの靭帯や筋を外して少しスッキリしたところで、いよいよ本日のメインイベントの心臓のもぎ取り。その前に邪魔なファンネルやバックステップ、キックペダルを外しておく。

そして、シリンダーヘッドとキャブレターを繋いでいるインシュレーターのリングを緩めてキャブを揺するのだけど、ビクともしない。
やはりゴム製のインシュレーターの経年劣化に加えて気温が低かったので、ゴムの弾力がなく簡単には外れない。
仕方が無いので、ゼッツーの腰骨の辺りに馬乗りになって、4つの心臓をを両手で鷲掴みして「オラ!オラ!言う事聞かんかい!」って乱暴に揺さぶった。中々手強かったけど、最後にはさすがの強心臓の野郎も力尽きて「スポン」って敢え無く降参してくれた。

202102273

そのあと、オイルクーラーも外されて力無くうな垂れるゼッツー。
クランクケースのオイルクーラー取り出し口からドロドロに汚れた真っ黒い血が流れ出ないようにノーマルのオイルプレッシャースイッチを取り付けて置く。
最後にオーリンズのリアショックとノーマルショックを入れ替えて作業終了。

しかし、ここでとんでもないことが発覚。と言うか、30年前の記憶が無くなっていた。いや都合の悪い事は忘れてしまうというのが正解。
何をやらかしていたのかと言うと、リアショックを固定するフレーム側に溶接してあるマウントボルトのネジ山の部分をカットしてしまっていたのである。本来この部分は、フレームから突き出した14mm軸の半ネジにリアショックを嵌めて袋ナットで固定するのだけど、当時最先端のオーリンズツインショックを取り付けるのに古典的な袋ナットでは様にならないと思い、ネジの部分を金鋸で切り落してその断面に下穴を開けてタップを立て、キャップスクリューで固定する加工をしていたのである。これを本来の形に戻すのは素人には容易ではなく、その筋のプロにお願いして、フレーム側の軸の残りを除去してもらいボルトの製作から溶接まで頼まなければならない。結構費用が掛かってしまうのである。それともう1点、加工してもらわなければならない部分が見つかった。こちらも若気の至りによるもの。

202102274

上の画像は、Z1、Z2用のオーリンズ・ツインショック

30年前に購入した初期の通称「オレンジの骸骨オーリンズ」
当時、ゼッツーの他にもW1やハーレーや250のオフロードなども併用して乗っていたので、使用した頻度はそれほど多くは無く、実質5000km程度なので比較的キズもなく綺麗な状態である。
今現在でもこの初期のガイコツは人気があるので、結構ババチイものでもこのくらいで取引されている。なので、ゼッツーのフレーム修理の軍資金に当てる為に近々ドナドナする予定。

202102275

気が付けば、明後日から3月。
とは言うものの日が暮れたら寒い寒い。ニャンコさんたちもストーブ前に集合。

早くマスクの要らない暮らしに戻りたいなぁ、、、テレビのスイッチ入れても「コロナ」とか「ワクチン」とか「政治家の会食」とか聞かなくても済む楽しい生活に戻りたい。
今、流れてくると楽しくなるCMがある。なんか懐かしいリズムが心地よい。

本日の1曲。

| | コメント (0)

2021.02.20

すばらしき世界

202102191

どう言う訳か?今日は1日中眠たかった。

今現在もまだ緊急事態宣言が発令されていると言うのに俺は何と言う緊張感の無い生活を送っているのだろう?

しかも不要不急の外出を控えなければならないそんな時であるにもかかわらず梅田に映画を観に行ったのである。

202102192

【すばらしき世界】

たぶん?途中で寝てしまうと思っていたけど、、、

とても考えさせられる映画だった。 この何年かの間に見た邦画の中でも3本の指に入るくらい心に突き刺さる映画である。

役所広司さん。仲野太賀さん。なんて魅力的な俳優さんなんだろう。

それにしてもこの映画館。「梅田ブルク7」この先やっていけるのだろうか? シアター3のキャパは207座席有るのだけど、平日金曜日の昼間とは言え、自分たちを含めて12~3人しかいなかった。

202102193a

3日前に少しだけゼッツーをバラした。

途中、雪が降ってきたり、強風が吹いてきて解体中の向かいの銭湯の土埃りに襲われたりであまり分解出来なかったのだけど、やっぱりハーネス類やコネクターは劣化してダメである。 目標は、3月中に全バラすること。

202102194

上の画像は、33年前に全バラしたときのもの。

この頃は超アナログな時代で、バラしながら組み立てるときの為に銀塩写真を撮って現像に出したり、それぞれのコネクターに覚え書きしながら外していったり、組み立てるときはサービスマニュアルと睨めっこしながら頭をひねっていた。今とは情報量が雲泥の差だったのだけど、それはそれは不安でスリル満点だった。
今はスマホで画像撮って、見たいときにすぐ見れるし、分からない事はWEB検索したらうんざりするくらい出てくるし、You Tubeにも沢山UPしてくれてる。良くも悪くも何事においても手っ取り早い世の中である。

だけど今の自分は、なんて恵まれているのだろう、、、全てにおいて有難いと思う。

本日の1曲。

| | コメント (0)

«純正品と代替品