閲覧注意!

201912071

この時期のニャンコさんは寝るのが仕事。

昨日あたりから大阪市内も朝晩が冷えるようになって漸く冬を感じるようになってきた。

ぴょん吉も夜は、毛布を被って湯たぽんを抱きしめながら寝ている。

あぁ、、、今年もまた指先がひび割れて痛い~

手がガサガサに荒れて、唇がピチッて切れて、、、

明け方、不用意に寝返り打つと、太ももの裏がつったり脹脛がこむらがえりしたり、、、

そんな季節がやってきた。

---------------------------------------------------------------------------------------

ここから先は、閲覧注意!

ひと月ほど前、玄関先の側溝とアスファルトの境目で頑張って根を張っているスミレの葉っぱを貪っている毒々しい色の芋虫が2匹いるのを見つけた。

201912072

壊滅状態のスミレちゃんと、2匹のイモと、そのウ〇コたち。

201912073

体長約4cmの見るからに毒々しいイモ。

黒くて赤くてトゲトゲで刺されたら痛そうな怖そうな悪そうな如何にも危険な容姿。

でも、見た目とは真逆で、実際は穏やかで大人しい【ツマグロヒョウモン】の幼虫である。

もちろん毒も無い。

201912074

間違って道路に出たら車に轢かれたり人に踏まれたりして危険なので、スミレが生えているヤナギの鉢に強制収容。

そして数時間後、2匹とも脱走。

あくる日、ローズマリーの中で発見。

201912076

昼頃に蛹化してバットマンに変身。

201912077

頭の後ろ辺りにキラッと光るメタリックな突起がカッチョ良い。

いつ羽化するのかなぁ? もしかして越冬するの?

201912078

上の画像は、ツマグロヒョウモンのメス。

以前、ウチで羽化した人懐っこくて可愛いツマグロヒョウモンのオス。

--------------------------------------------------------------------------------------

今日、木工教室の片づけを終えてからハスラーに乗って菅原のコーナンへ行ったのだが、、、

片道5分ほどの距離の道中、行き帰りで3回も煽られた。

1回目は、行きで長柄橋から柴島に向かって、法定速度50km/hの片側2車線の道路を60km/hで走行中、右カーブからの下り坂で後ろから猛スピードで走ってきたシビックくらいの小型乗用車にパッシングされてクラクションを鳴らされたのだけど、、、はぁ?何か?

追い越されるときにその車の運転席を覗くと20代くらいのアホガキ2人。
これだけ「煽り運転」が問題視されてるというのに、、、ホントにアホである。

2回目は、そこから1kmほど進んだ東淡路の辺りで白のミニバンが、そこどけ!って言わんばかりに車間距離を詰めてくる。
さっきも書いたが、法定速度50km/hの片側2車線の道路を60km/hで走行中なんだけど。

信号待ちで止まったときにミニバンが隣の車線に入って来たので運転席を覗いたら30代くらいの女がスマホで話ししながら止まった。
これだけ「ながら運転」が問題視されてるというのに、、、ホントにアホである。
しかも煽ってくるし。学習能力全く無しか?

3回目は、コーナンからの帰り、菅原1丁目の交差点を左折したあと、妙に飛ばしてくる車がバックミラー越しに見えた。
そして、東淡路の辺りでその車は、ハスラーの後ろに張り付いた。
何度も書くが、法定速度50km/hの片側2車線の道路を60km/hで走行中なんだけど。
どこのアホボケカスじゃ!と思ってよく見たら、、、情けない事にそれが、プロ?の悪質ドライバー
殆どテールtoノーズ状態で、ルームミラー越しに運転してる男の顔がハッキリ識別できるくらいの車間距離で1kmほど煽って頂いた。

マナーの悪さ天下一品! さすが関協タクシー

客を乗せて、その運転は無いやろ、、、ホントにアホである。
客が急がせてるにしても、腐ってもプロやろ。それで飯食ってるんやないの?

今更ながら、学習と教育って何?って思う時がある。

本日の1曲。

201912079

 

| | コメント (0)

2019.11.25

柊の季節

【業務連絡】

11月30(土)の12時(正午)より2020年1月~3月期の木工教室の 予約受付が始まります。

その他の教室では今日現在、NHK日曜日(午前)クラスに空席があります。

---------------------------------------------------------------------------------------

201911221

12年くらい前の節分の柊鰯の小枝が今年も花を咲かせた。

現在樹齢12年。樹高45cm。幹回り1,5cm。

201911222080309

12年前の柊鰯がコレ。

12年って、あっという間に過ぎ去った感じがする。

そして、今年も残すところ僅か。

この前2019年になったばかりだと思っていたけど、、、

201911222

ぴょん吉もヒロシもオカちゃんも気が付けばもう7歳半。

人間の歳に換算したら45歳? もうオッサンやん。

-----------------------------------------------------------------------

先日、十数年ぶりに礼服(喪服)を着たのだが、、、

確かあの時はまだ着れたけど、、、
ちょっと、いや大分キツかったような、、、

なので、数年前からそろそろ新調しようと思いつつ、、、
だけど、こう言う服はあまり着ることが無いので中々行動に移せないのが現状。また今度、また今度、と思っているうちに時が経ってしまいやがてその時が来て慌てる慌てる。

しかも前回、着てから体重が3~4kg増してるし、、、

案の定、試着してみたらあっちもこっちもパッツンパッツン。
ズボンのボタンは辛うじてとまったが、丈が、、、
上着は、肩と胸と腕がパンパン。袖は短いのなんのって。

そう言えば、この喪服作ってもらったのは、確か19歳のときだったよな?
35年も経ってるやん。そりゃキツイわな。
体重が62~3kgくらいの時やもんなぁ。
8kgの差って案外大きいもんやなぁ。

でも、ご飯の美味しい季節やしなぁ、、、、困った。

 

本日の1曲。

 

 

| | コメント (0)

2019.11.13

さあ、がんばろうぜ!

20191113

エレファントカシマシの「俺たちの明日」がアタマの中で流れている。

前回のブログの記事を書いてからひと月以上経過してしまった。

40日前に発症した頭位目眩症は、三半規管に迷い込んだ耳石がまだ帰ってきていないけど、今は普通の生活ができるくらいにほぼ治まった。

だけど、頭を右に傾けて覗き込むように見上げると何時でも何処でも目を回すことが出来る。

それにしても10月は何も出来なかった。令和元年空白の一ヶ月である。

そして、11月に入っていろんな事が一気に押し寄せて精神的に参ってしまいそうになったけど、昨日ひとつ前に進むことが出来て少し楽になった。

9月の健康診断の時は、一ヶ月かけてやっと1kg体重を減らしたけど、今回は4日で2kgも減ってビックリ。

ストレスって怖いなぁ~

それはそうと、朝ドラ「スカーレット」の主題歌「フレア」を歌ってるSuperflyの志帆さんの声聞いてたらなんか元気が出るよなぁ、、、

本日の1曲。

| | コメント (0)

2019.10.11

パープルタウン

201910111_20191011234501

木工教室の後片付けを終えて窓の外を見ると街並みが紫色に染まっていた。

台風19号、、、猛威を振るうのはヤメテケレ。

201910112

目がまわり始めて今日で9日目。
まだまだ回ります。

10月2、3、4日を寝て過ごし、5、6日の木工教室は、様子を見ながらバックヤードで横になり、、、
7日(月曜日)、辛抱しきれず近くの総合病院の耳鼻咽喉科で診察を受けたのだが、どう言う訳か?病院に居る間、まったく目はまわらず。
検査の結果、やっぱりと言うか、何んというか、明確な原因は特定できないそうで、おそらく疲労とストレスが引き金になって良性発作性頭位目眩症を発症したのではないか?という素人にも容易に想像できる答えだった。
それでも快方に向かっているので、無理をせず様子を見てくださいと、、、

で、家に帰ったら案の定、目がまわって7、8、9日と中2日で3連休の後の3連休。
だけど、昨日はさすがに仕事をしないとマズいなぁ、、、と思い4時間ほど香道具の製作を進めた。
昨日、今日は、朝起きて2時間ほど調子が悪いけど、横になるほどのしんどさはないので、ちょっと嬉しい。

あとは、タイガース頑張ってくれ。

本日の1曲。

 

|

2019.10.03

朝からグルグル目眩でイタコンふ~らふら

201910030

このところ、香道具の製作に追われていて深夜まで残業が続いていた。
昨日は、伊丹市昆虫館に行く予定だったので、切りの良いところまで仕事を進めておこうと深夜3時過ぎまで頑張った。

-----------------------------------------------------------------------------------

そして朝、携帯電話が鳴って飛び起きた。

うわぁ~~~ アカン~ 
目の前に広がる世界がめまぐるしく動いている。
まるで洗濯機の中でグルングルン揉みくちゃにされてる感じ。
どうやら今年2回目の良性発作性頭位めまい症である。

しかも、今回は今まで経験したことが無いくらいキツイ

過去に経験しためまい症は、目がまわっても20秒ほどで復帰できて、頭を出来るだけ動かさないようにしていれば普通に仕事もできていたのだが、今回は、めまいが治まってもしばらくの間、視点が定まらず、身体がふわふわよろよろして吐き気をもよおすので横にならざるを得ないのである。

201910031

昼前、吐き気も治まり少し楽になったので、ヤマダの運転で予定通り伊丹市昆虫館に向かった。

11月4日まで「蛾売りおじさん」の作品が展示しているので、予てよりヤマダが行きたがっていたのである。

201910032

この伊丹市昆虫館は、大阪国際空港(伊丹空港)の上空から良く見える場所であの日本地図の昆陽池があるところ。

やはり見どころは、何といっても「チョウ温室」だ。
まるで、蝶々の楽園、、、目がまわってなければサイコー!

201910033

【オオゴマダラ】

時折薄れる意識の中で、頭の中エンドレス。

「♪ そ~して私は、蝶になり~ ♪」

201910034

【ツマベニチョウ】

「♪ 夢のなかに飛んで行くわ~ ♪」

201910035

【ムラサキマダラ】

「♪ 飛んで 飛んで 飛んで 飛んで 飛んで 飛んで 飛んで 飛んで 飛んで ♪」

201910036

【リュウキュウアサギマダラ】

「♪ まわって まわって まわって まわる~う~ ♪」

そして、めまい症2日めの今日。
目眩と吐き気がバージョンアップされて、1日中ほぼ寝たきり。
今までの残業は、いったい何だった?

「♪ 一日一歩 三日で三歩 三歩進んで、五歩下がる~ ♪」減ってるがな!

今年は、一事が万事この調子。
今日は、この記事書くだけで5回も洗濯機に入った。
あぁ~しんど~ 

何回か、エプリー法を試してみたけど、なかなか耳石が元に戻ってくれないし、、、
早く治ってくれないかなぁ、、、ホント困りますわ。

昨日も今日も全く仕事をしていないし、、、
明日もたぶん出来そうにないので、平日3連休決定やな。フフフッ。

本日の1曲。

| | コメント (0)

2019.10.02

10月やで!

201910011

このところ、消費税の軽減税率やキャッシュレス消費者還元制度とかで大賑わいしてるけど、、、
アナログ派の昭和40年男としては、個人的には、現金一括ニコニコ払いが好きなのだが、、、
キャッシュレス時代に突入した今、もうそんな呑気なことをほざいている場合ではないよなぁ。
ぼぉ~っとしてたら馬鹿を見るだけやもんな。
と、しみじみ思う10月の初めの第一歩。

201910012

それにしても10月やで!
なに? この暑さ?
今日から冬服着る季節やったはずやで!
中学生のころは、間違いなく紺色のカーディガン着てたけどな。

201910013

でも、やっぱりスポーツの秋やなぁ~
ラグビーって、あんまり興味ないけどスゴイと思う。
あと、阪神タイガース、、、どういう事?
CS出られるって、、、間違って日本一になったらどうしよう。
「2019世界野球WBSCプレミア12」日本代表にタイガースの選手は一人も選ばれてないけど。

201910014

この先、まだ暑い夏日があるらしいけど、ここは少しだけ秋が感じられる。
でも、去年の今頃は、路地の金木犀がもう咲き始めていたのに、今はまだ蕾も出ていない。
今更ではあるが、異常をきたしてるな。地球の自然環境は、、、

201910015

ヒロシもオカちゃんも今年は蚤の発生が少なかったのか?掻いている姿をほとんど見ていない気がする。
そのせいか?俺様も今年は1回も蚤に噛まれていない。
今更ではあるが、異常をきたしてるな。地球の自然環境は、、、

本日の1曲。

| | コメント (0)

2019.09.16

Good-bye 53

20190916

昭和44年型のカワサキ【650W1-S】

製造されてからもう50年も経つのか、、、

Z2と共に帝塚山の木工屋の隅っこで木箱に封印されてかれこれ22年。

W1、Z2、mini-1000、その他、、、果たして復活できるのだろうか?

本日の1曲。

| | コメント (0)

2019.09.05

残暑厳しすぎ。

201909051

漸く夏が終わったか?と喜んでたら、、、残っていやがった暑すぎる夏が、、、

201909053

火曜日に生活習慣病予防検診に行ってきた。

今年は、3ヵ月前にビールもスポーツドリンクも止めて間食も控えめにしていたのだが、3ヶ月でたったの1kgしか落ちなかった。
う~ん、、、毎年この季節になると3kgほど落とせていたのだが、、、
幸い今回もメタボはクリアしていたけど、、、まあ、体重くらいはまだ何とかなる。

ただ、残念なことに年々身長が縮んでいて、恐ろしい事にこの2年で5mm低くなっていたのが衝撃的だった。
思えば、40歳を過ぎた辺りから少しづつ縮んでいるようで、成長期のピーク時から1,5cm低くなっている。
人は寿命が尽きるまでにいったい何センチくらい縮んでしまうのだろう?

しかし、人体の不思議と言うか何というか、、、視力だけは小学生のころから変わっていないのである。
厳密には、近くはどんどん見え難くなっているのだが、遠くは良く見えていて両眼共に1,5だった。
もう54年も使用しているのに。

201909052

検診が終わって、胃カメラ検査の時に打った鎮静剤が抜けきれないフラフラ頭のまま、いつものように中津から淀川の河川敷を眺めながら土手を歩いていたのだが、今年はツマグロヒョウモンもトノサマバッタもほとんど見かけなかった。

眩しい夏の終わりの河川敷。静かで穏やかな昼下がり。

201909054

オカちゃんは、1年くらい前から左目頭が涙で赤茶色になっていて、半年ほど前から目やにが出て痛そうにショボショボしていた。

見るに見かねて、2週間前に行きつけの動物病院でステロイドと抗生剤の錠剤を処方してもらった。
さすがにオカちゃんをとっ捕まえて目薬点眼はあり得ないので、ちくわの欠片に錠剤を仕込んでご飯に混ぜて10日間(ステロイドは2回)投薬した。その甲斐あって、オカちゃんは以前の様に凛々しくてお茶目なニャンコさんに戻った。

201909055

昼過ぎ、もの凄く晴れているのに大粒の雨が降ってきた。

201909056

どしゃ降りのネズミの嫁入り。じゃなくてキツネの嫁入り。

201909057

オカちゃんは、ハスラーの下に避難。

201909058

ずぶ濡れのヒロシは、タオルで拭いて乾かしてやると気持ち良さそうに寝そべっていた。

ヒロシもオカちゃんも元気にしてくれていたらそれで良い。
それ以上は望まない。その距離感が良いのかも知れない。

そんな残暑厳しいセプテンバー

本日の1曲。

| | コメント (0)

2019.08.31

Smoke on the Road

201908311

【業務連絡】

8月31(土)の12時(正午)より2019年10月~12月期の木工教室の 予約受付が始まってます。

その他の教室では今日現在、NHK日曜日(午前)クラスに空席があります。

---------------------------------------------------------------------------------------

この2~3日で、ようやく真夏から解放されたような気がする。
精神的にも体力的にも色々出来そうで、ヤル気が湧いてくる季節到来か!
と思ったら、、、昨日は、酷い雨だった。
線状降水帯がもたらした九州北部の豪雨災害とは比べ物にならないけど、ウチの実家も少し被害を受けた。

工務店の都合で今月の初めに屋根瓦を撤去し、ブルーシートを被せられたまま3週間も放置されている実家の2階が大雨漏り。
「なんでやねん!ボケっ!このクソ〇〇工務店めっ!」って悪態付きながら3時間かかって後始末。
畳も壁も天井も家具も心もビショビショのぱぁ~

あぁ~予定が狂う~

一気にヤル気が失せた金曜日の夜。

201908312

夕方、実家に向かう途中の谷町筋で前方に見えるアベノハルカス。

半分くらいの高さしかない。 ように見える。

201908313

気が付けば、残りの人生が3分の1有るか無いかってところまでやって来た。

二十歳くらいの頃、50~70歳くらいの人たちが「歳いったら何も出来へんようなるで。若いうちに何でもやっときや。」と、口を揃えて言っていた事が最近しみじみと分かる。ちょっと複雑な気分。

中々、思い通りに自分だけの時間が使えない。

本日の1曲。

 

 

 

| | コメント (2)

2019.08.21

スモーキン・ブギ

201908180

8月1日の朝、起き上がろうとしたとき、ぐるぐるぐるぅ~って、またアレだ。
良性発作性頭位眩暈症である。

5年前に初めてその症状が出てから2年に1回くらい起きるので、もうそんなに驚かないのだが、これが出ると急に動けないので憂鬱。
今回は2週間ほどで治まったけど、忙しい時はヤメテいただきたいと切に願う。

夜、風呂上がりにヒロシとオカちゃんをブラッシングしていると、冷たい風がすぅ~っと吹いて少しだけ体の熱気を持ち去って行った。
ほんの少し秋の気配が感じられたような気がする。

8月の夕暮れ間近の空は、どこか哀愁が漂っていて心が落ち着く。
でも、実際は、熱気ムンムンでジッとしていても汗が噴き出てくるし、蚊に刺されて痒いし、、、

少年の頃は、あんなに夏が待ち遠しかったのに、、、
あぁ~ 早く秋になれ。

----------------------------------------------------------------------------------

先日、27年ぶりにタバコを買った。

と言っても吸う為ではない。
今は吸うつもりもないし、吸いたくもないのだが、、、

先日、「2019年10月以降、ゴールデンバット・わかば・エコーの3銘柄が在庫限りで生産終了する。」という記事をネットニュースで 見て少々残念な気持ちになったのである。

17歳くらいの頃、殆どのタバコがフィルター付きなのにあえて両切りタバコを吸うのが恰好良いと思っていた。
アルバイトの時給が、430円~480円の頃である。
波乗りに夢中だったあの頃、単車に夢中だったあの頃、バイトの給料が殆どガソリン代に消えていった。
そんな時に1箱50円のゴールデンバットは有難い存在だった。

それが無くなってしまうと聞くと、なんだか懐かしさが込上げてきて、、、
なので、今見てもお洒落なパッケージのゴールデンバットを1箱だけ買ってみたくなったのだ。

でも、1箱330円もするのには驚いた。しかもフィルター付き。

201908181

タバコに興味をもったのは、小学4年生のとき。

昭和50年頃に流行っていた『スモーキン・ブギ』

小学校の掃除の時間になると、キー坊とコバやんの仲良し3人組で、ホウキをギターに見立てて「♪ 初めて試したタバコが、ショートピ~ス スゥーパッパッ ♪」って「ダウン・タウン・ブギウギ・バンド」の真似をしていた頃である。

当時は、1ヶ月に1回くらい家に誰も居ないときを見計らって、親父が吸った「いこい」のシケモクに火を着け、煙を口にいっぱいに溜めて「プッハ~」って吐くのが楽しみだった。所謂フカシってやつ。でも大人って何でこんな変な味の煙を吸って美味しいなんて言ってるのだろう?馬鹿じゃないの?って思っていた。だけど、しかめっ面で、タバコをふかす仕草と指に付いたニコチンの残り香が、大人への憧れと罪悪感にワクワクしていたのだ。それは、三面鏡の前に座ってニヤニヤしながら母親の真っ赤な口紅を塗ったときなんかとは比べ物にならないくらいのスリルだった。

それから4年、、、中学2年のときに母親の「ハイライト」を1本盗んだ。そして初めて本当にタバコを吸った。
「♪ たちまち眩暈でクラクラ飯も食えず~パッパッ ♪」初めのうちは、もう二度と吸うもんか。と心に誓うのだが、、、

高校生になる頃には、ホントにあの歌の様に、、、

♪ 目覚めのいっぷく、食後のいっぷく、授業をサボって喫茶店でいっぷく ♪
♪ 風呂入っていっぷく、クソしていっぷく、そいでまたベッドでいっぷく ♪
♪ 朝から晩までスモーキン・ブギ、 朝から晩までスモーキン・ブギ ♪
♪ ス~パッドゥ・デ・スモーキン・ブギ。 スゥーパッパッ ♪

になっていた。

学校の帰りに三国ケ丘の駅の売店で、ショートホープ1箱とマッチを買って(ちょうど100円)3~4人で駅のトイレで 「♪ スゥーパッパッ ♪ 」
ときどき補導員のオッサンに捕まって「♪ スゥーパッパッ ♪ 」
学校の体育館の屋根裏で「♪ スゥーパッパッ ♪ 」
実習室の裏で「♪ スゥーパッパッ ♪ 」
生活指導の先生に見つかって「♪ スゥーパッパッ ♪ 」
停学2週間で「♪ スゥーパッパッ ♪ 」

結局27歳でタバコをやめるまでショートホープを吸っていたのだけど、またジジイになったら死ぬ前にもう1回ハーレーに乗ってショーホー吸ってやろうと思う。

201908183

【Harley Davidson FXSTS Springer Softail】1991年型スプリンガーソフテイル 

201908182

この単車を手放した頃、タバコもやめた。

そう言えば、先週ピーター・フォンダが亡くなられたなぁ、、、
ワイアットもビリーももうこの世には居ないのか。

本日の1曲。

| | コメント (0)

2019.08.15

台風10号、こっち来るなよ!

201908140

今日の高校野球も良かったなぁ、、、

でも、明日は台風の影響で試合が無いのかぁ、、、

201908141

上の画像は、昨年の大阪北部地震のあと、台風21号が大阪を直撃したあくる日のウチの実家の屋根の様子。

90年前の土がむき出し。

201908142

そして、約1年経った現在の様子。

201908143

今月の初めにようやくブルーシートが被せられたのである。

どこまでが本当の話しか分からないけど、昨年は大阪北部地震と台風21号の被害がかなり大きかったらしく、工務店曰く、職人と足場がみんな出払っていて、、、なので、1年待ってやっとウチの番が回ってきたそうだ。

盆休み明けから本格的に修理が始まるらしい。

それにしても昔の家の屋根って、、、瓦と土でいったい何Kgあるんやろ?

201908144

昔は、人力で瓦や土を持って上げてたんやろなぁ、、、

201908145

この画像は、このブログで何回も使いまわしてるけど、90年前の実家。

----------------------------------------------------------------------------------

昨日、帝塚山の木工屋に材木を取りに行ったのだが、、、

材木をレジアス号に積み込んで、、、さぁ、帰ろうか。と、、、
クルマに乗り込もうと思って、何かいつもと違う事に気付いた。
車体が右に傾いているのである。

あっ! 何か刺さってるやん。

201908146

帝塚山に行く途中、天王寺辺りで車線変更したとき、車体がちょっとロールしたような気がしてたけど、、、
左折するとき、後輪が「ぐにゃ」って捩れたような気がしてたけど、、、

とりあえず、帰る途中に自動車整備工場かパンク修理できるガソリンスタンドがあれば直してもらおうと、、、

あぁ~ 盆休みやんけ! どっこも開いてへんやんけ!
しかも四天王寺周辺が渋滞で動けへんやんけ!

201908147

何んとか、自宅に辿り着いて、、、

今日の午前中にパンク修理をすることに、、、

201908148

あぁ~ 暑い。一瞬にして汗だく。

201908149

何でこんなもんが刺さっとんねん!

でも、釘やったら自宅まで帰ってこられへんかったよな、、、きっと。

2019081410

小一時間で、パンク修理は完了したけど、、、

暑くてバテそう。

本日の1曲。

 

 

| | コメント (0)

2019.08.10

インチキ花火大会

201908101

灼熱、熱波、熱帯夜、、、何んとかならんのか?この暑さ。

201908102

今年の夏は、雨が降らないどころか夕立すらない。

なので、アスファルトやコンクリート、鉄筋に蓄積された太陽熱がいつまでも冷まされずに居座り続ける。

気のせいかも知れないが、最近、暑すぎて公園のクマゼミが鳴くのを控えているような気がする。

そんな暑い暑いなか、甲子園球場では高校球児たちによる熱い熱い戦いが繰り広げられている。

今日は、3試合とも中々見応えのある対戦だった。

みんなガンバレ!って、みんな応援したくなる。

ちなみにヤマダは、この炎天下で学ラン着て応援していた熊本工業の応援団の女の子を応援していたみたい。

-----------------------------------------------------------------------------------------

今日は「なにわ淀川花火大会」の日で、夕方からウチの前の道は河川敷に向かう人たちが急ぎ足で行き交う。

直ぐ近くの長柄橋の歩道には行列ができ、土手の上にも見物客が押し寄せ、花火が打ち上げられるのをまだかまだかと待つ。

花火大会の会場は、長柄橋から3Kmほど下流なので、この辺りでも比較的良く見える。

しかも入場料は要らないので穴場になっているのだが、、、

やっぱり大勢の見物客の中に混ざって見るのは暑苦しいし、何よりも蚊に刺されて痒いのである。

 

夜、8時少し前に「ズドーン ドドーン」ってスゴイ音と振動とともに花火大会が始まった。

熟睡していたぴょん吉は、音と振動に驚いて慌てて布団から這い出てきた。

201908103

テレビ大阪で、花火大会の生中継を放送していた。

さすがに生音と振動を体感しながらのLIVE放送は臨場感がある。

涼しい部屋で蚊に刺されることも無く、おまけに解説まで聴ける。

やっぱり、プロ野球も大相撲も花火大会も解説付きが良い。

201908104

 

201908105

 

201908106

 

201908107

 

201908108

 

201908109

 

2019081010

そして、午後8時40分、グランドフィナーレ

これから人混みの中、汗だくで家路に就くんやろなぁ。

本日の1曲。

| | コメント (0)

2019.08.04

ステータ&アマチュア

201908021

あぁ~連日の猛暑が体力を根こそぎ奪っていく。
もう朝から「なんでやねん!」って言いたくなるほど暑い。
ヤル気が失せるくらい地球の温暖化を体感する今日この頃。

45年くらい前、夏休みの宿題の絵日記に「今日は、31度もあって暑かった」と言うようなことを書いた記憶がある。
31度って、今の感覚で言えば涼しくて快適なんだがなぁ、、、
当時は、光化学スモッグや日射病が真夏によく出る警報だったけど、日射病で命を落とすと言うようなニュースはあまり聞かなかったし、熱中症って言葉もなかった。
日差しの強い日に小学校の朝礼で、一人か二人倒れるくらいだったような気がする。

今は、外に出ると息苦しいくらい熱い。

201908022

で、またまた「3代目&初代コンビ」の3代目自動かんな盤の修理の話し。
機械修理の話しはもう飽きた。オモロない。と思うけど、今後の記録として書いておこうと思う。

201908023

今度は、ひと月半ほど前にモーターの回転が不安定になり絶縁ワニスの焦げるような臭いがしたのである。
モーターが焼けてしまったのかも知れない。

201908024

このモーターを外すには、送りローラーを外さなければならない。
ローラーを取り去ると、その奥にモーターを固定するボルトがあるのだ。

201908025

深緑のプラッチックの部分がモーターで、アルミダイカストの部分が送りローラーの減速機。

この時、試しにモーターの電源を繋いでみたら難なく回る。
う~ん? でも、モーターが焼けたような臭いがしたので内部の部品を交換しなければ、、、
とりあえず、モーターを分解してみることにしたのだが、、、

201908026

減速機は簡単に外せるのだが、このモーターの減速機の反対側の軸に付いているドライブベルトのプーリーが外せない。
専用工具が必要なのだが、この為だけに買うのは勿体なくて悔しいのでどうしようか?

どうせモーター内部のコイル(外側のステータと軸側のアマチュア)を交換するのならこのままメーカーに送って交換して貰えば良いのではないか?
と言う訳で、減速機を外した状態でコーナンプロに持ち込んで交換修理の依頼をした。
後日、見積りが上がって来るらしいので遅くても10日ほどで出来上がって来るだろう。
念の為、事前に日立のカスタマーセンターに電話をかけて部品の値段を調べておいたのだが、ステータが¥6,200。アマチュアが¥12,800。
入れ替えるだけなので組み換え工賃は¥5,000くらいかなぁ?
消費税を足して¥25,000くらいで直るのであれば、自動かんな盤を新たに買い替えることを思えば安いものである。

----------------------------------------------------------------------------------------

そして、待つこと1週間。
コーナンプロから電話があり、「モーターの修理の見積りが上がって来ました。税込みで¥47,370になります。」って、すごく明るい声でそう言われた。

えぇーっ! 4万7千3百70円 ってかっ!

てことは、組み換え工賃が¥28,370もするのか?
コーナンプロの人は「見積りは無料ですので、、、」と言うので申し訳ないがキャンセルしてもらった。

201908027

上の画像は、2年前に縦挽き昇降盤のモーターを交換したときのモノ。

このモーターは、重さが28kgもある日立の三相モーター(3馬力)で¥38,000だったのだが、今回のこの小さい100Vのモーターって新品でいったいお幾ら万円なんやろ?

まさか3馬力モーターより高いって事は無いよなぁ。

----------------------------------------------------------------------------------------

仕方がないので、何とか自分で直そうと思い、まずはドライブベルトのプーリーをどうやって外すか考える。
この手のプーリーの構造を考えると、平行キーが内蔵されている様子は無いのでネジ式であることがわかる。
プーリーの側面に開いている小さな2つの穴に専用工具を嵌めて回せば良いのだが、、、
そして、モーターの回転方向から考えると逆ネジに違いない。

う~ん、、、  あっ、そうか!

201908028

もの凄くシンプルな方法で外れた。

真ん中の羽が付いている部品がアマチュアで、その軸の付け根に付いているベアリングを外せば交換できるのである。
深緑のモーターのボディの中にあるのがステータ。2本のネジで止めてあるだけ。
これだけのことで¥28,370(部品交換工賃+取り次ぎ手数料)ってぼったくりやん。

結局アマチュアとステータを点検したところ目立った異常が見当たらないのである。
で、不具合の原因はいったい、、、、

実は、アマチュアの軸のベアリングが内部破損してモーターに負荷が掛かって熱を持ち、絶縁ワニスが少し焦げたのかも知れない。
早速、ベアリングを交換して3台目自動かんな盤を元通りに組み立てて試運転をしたところ調子良く可動してくれた。

メーカー修理をキャンセルして良かった。結局、ベアリングの交換だけだったので¥498で直った。

是にて一件落着。

しばらくは、機械修理の記事は書かなくて済みそうである。

----------------------------------------------------------------------------------------

下の画像は、信号待ちで止まっている【kawasaki 900 super 4】

俗にいうイエローボールカラーのZ-1
たぶん、フロントサスペンションにリフレクターが付いて、リアフェンダーが標準のものなのでイエローボールに塗り替えた72~73年のZ-1か、それ以降の無塗装のエンジンを黒塗りにしたZ-1A?もしくは、Z-2?
そんなマニアックな話しは置いといて、河川の汚染・光化学スモッグ・日射病が当たり前だったあの懐かしい大好きな70年代の単車が、今見ても全く色褪せていない。

Z-1、Z-2ってやっぱり最高にイカシテル。

201908029

よく見たら若そうな女性が乗っている。セニョリータか?

1986年に限定解除してZ-2に乗り始めたころ、当時はZ-1(輸出専用)なんて滅多に見かけることが無くて、カワサキのZと言えばZ-2だったのだが、乗ってる輩は、岩城滉一主演の映画「爆発暴走族」に影響された一癖も二癖もありそうな自称「硬派」な黒い革ジャンを着たゴリゴリの堅物か、あるいは、楠みちはるの漫画「あいつとララバイ」に憧れた自称「走り屋」か、または、映画「マッドマックス」でKZ-1000に乗るグースみたいなイカつい恰好した奴らがほとんどだった。ちなみに自分は前者の方。

まさか、真っ赤なポシェット肩からぶら下げて、「ちょっとコンビニでも行って来る」って感じの出で立ちの女性が乗ってるなんて想像もつかんかったわ。
今は、大型自動二輪の免許が教習所で取れるので、大型の単車に乗る人も増え、それに伴ってZ-1もアメリカから大量に輸入されて国内ではZ-2よりも数が多いらしい。
俺も欲しいなぁ~ノーマルのZ-1。
その前にZ-2を復活させなアカンけどな。

本日の1曲。 Señorita

| | コメント (2)

2019.07.26

なんてこった、、、

201907171

朝、植木に水遣りしていると太陽の熱が寝不足のポンコツの身体にジリジリと容赦なく照り付けてくる。

オカちゃんもヒロシも日中は何処かの日陰で避難しているのか、姿を見せない。

あぁ~35度超えの季節到来か。

201907172

初代手押しかんな盤を修理した1週間後の話し。

今度は、「3代目&初代コンビ」の3代目自動かんな盤の刃軸から異音が、、、なんてこった。

201907173

そして、分解開始。

201907174

今度は、手押し鉋盤のように簡単にはいかないのである。

201907175

送りローラーのチェーンもスプロケットも外さないと、、、

201907176

こういう木工機械の為の専用工具は持ってないので、手持ちの工具類を駆使して刃軸を抜き取る。

201907177

ものたろうのクーポンを使って「♪なんて~滑らか~♪」のベアリングを購入。

201907178

そして、元通りに組み立て。

201907179

これでしばらくは心配はいらないかなぁ。

2019071710

ついでに「4代目&2代目コンビ」の手押しかんな盤の刃軸がゴロゴロ鳴り出していたので、早い目にベアリングを交換しておいた。

2019071711

もうこの手押しかんな盤は攻略済みなので、小一時間あればベアリング交換ができるようになった。

2019071712

昨日は天神祭り。京都では祇園祭が、、、

でもどう言う訳か?最近は見に行く気がしない。

今月は、気が重たくなるような辛いニュースやもううんざりって感じのニュースばっかり。

先日、天神橋筋商店街を歩いていて感じたのは、先々週までは、如何に韓国人観光客が多かったかと言う事。

いつも大勢の人たちが行きかう商店街も長い行列を作っている某寿司屋の前もガラガラ。

大阪暮らしの今昔館の前も、スーパー銭湯なにわの湯周辺も韓国人観光客の姿は皆無。

10年前の天六の姿に戻りつつある。

それにしても日韓関係って、、、自分が思うには、コレが近いかな。

 

あぁ~ぁ、、、 もう、7月も終わってしまうんやなぁ、、、

8月、9月は、香道具製作が目白押しで超忙しい感じやし、、、

暑い暑いって言うてんと、もうちょっとヤル気ださんとな。

本日の1曲。

 

| | コメント (0)

2019.07.16

ハイコーキ

201907131

ハナムグリに興味津々のぴょん吉くん。

今日は、参院選の期日前投票に行ってきたのだが、、、
この何年かは選挙に行っても自分の中でイマイチ盛り上がらない。
候補者一覧を見ても与党は誤魔化しや驕り。野党は追及と反対。
そんなイメージでしか見れない。
キラキラと輝きを放っている候補者が見当たらないのである。
あと、れいわになって新しく選ばれたオリーブが労働の解放を目指して幸福になり安楽死を考える党とか、、、
Nから国民を何ちゃらする党とか、、、訳わからんし、、、
そんなんされたら毎日楽しみにしてる朝ドラ見られへんなるから困るし、、、

あ~ぁ、、、いつになったら抜け出せるんやろ。
このドロッとしたぬるい空気感、、、居心地の悪いデジタル社会。
毎日ワクワクしていたあの頃、、、30数年前の日本をもう一度覗いてみたい。

201907132

上の画像は、日立工機の小型自動かんな盤【P100RA3】

オレンジ色の安全カバーが付いているのが荒材木の捻じれや反りを削って平面を出す「手押しかんな盤」で、集塵ダクトが付いている方の「自動かんな盤」がコンビネーションになっていて自動かんな盤のみの販売もしている日立工機のロングセラー?の小型の木工機械。

ウチには、最大切削幅300mmの大きな手押しかんな盤と、500mmの自動かんな盤(重量約1トン)があるのだけど比較的稼働率が低く主に使っているのは、この画像の日立の機械。

この機械は、150mm幅の材木が削れる手押しカンナと、300mm幅の板が削れる自動カンナなので、ウチの木工機械の中では稼働率がダントツで、この22年間で自動かんな盤が4台目になる。

上の画像の左側が3代目自動かんな盤と初代手押しかんな盤仕様。
右側が4代目自動かんな盤と2代目手押しかんな盤仕様。

ちなみに現在、日立工機は『ハイコーキ』って可笑しな名前になっている。

201907133

昨年末、3代目&初代コンビの刃軸ベアリングの劣化によるものと思われる異音が鳴り始めたので、しばらく使っていなかったのだが、、、
4月頃、ヤマダが4代目&2代目コンビを使っていたので止むを得ず3代目&初代コンビを使うことにした。

そして、いつものようにスイッチボタンを押したら、、、

ギュオーン! ゴロゴロゴロゴロォーッ! って、手押しかんな盤からもの凄い音が!

201907134

なのでバラシてみた。

201907135

やはり、ベアリングがヘタっていた。
特に動力の反対側の小さい方のベアリングは内部破損で完全にロック状態。

201907136

小さい方のベアリングを受ける方のダイカスト製のホルダーも摩擦でガタガタ。

201907137

ホームセンターコーナンプロで部品を発注。
右のライトグレーの方が新品。

201907138

新しいベアリングに換えて、、、

201907139

新しいベアリングホルダーを組付けて、、、

何か? 去年の暮れから機械の修理ばっかりやってるよなぁ~

本日の1曲。

| | コメント (0)

2019.07.01

梅雨の晴れ間?

201907011

そろそろヒロシが仰向けに転がってる季節がやって来る。

画像ではまだ半分横向いてるけど。

今日は映画の日なので、午前中にハスラーを車検に持って行くついでに映画館に行くことにした。

天気予報では、今日は雨が降る様なことになっていたけど、、、確か?梅雨入りしていたよなぁ。

 

で、前からヤマダが観たがっていた『アラジン』を観に梅田TOHOシネマズに行ってきた。

実は、あまり期待はしていなかったのだけど、、、

201907012

ところが、思いのほか良くて、、、DVD欲しいかも。

詳しくは書けないけど、ジャスミン役のナオミ・スコットが良い。

とにかく歌が上手い。ちょっとアリアナ・グランデの歌声に似ていたような気もする。

そして、ジーニー役のウィル・スミスが冒頭で歌う『アラビアン・ナイト』最高にワクワクする。

ウチに帰ってYou Tubeで見たけど、日本語吹き替え版の木下晴香さんが歌う『スピーチレス』も違和感全く無し。

この映画は、観て損は無いと思った。

そして、今度ディズニー映画で観たいのが『ライオン・キング』

あぁ~楽しみ。

本日の1曲。

| | コメント (0)

2019.06.23

ほぼ、「なつぞら」

201906231

今年、近畿地方の梅雨入りは無いのか?
今週は、もう梅雨が明けてしまったのか?と勘違いしそうな夏空が続いている。そして、連日の夕立ち?ゲリラ豪雨?

それにしても雨が降った後は、少し空気が冷たく感じて気持ちが良いのだけど、降る少し前までのあの蒸し暑さは憂鬱だ。

 

憂鬱と言えば、1週間ほど前から道路を挟んで斜め向かいの3階建ての駐車場の取り壊し工事が始まったのだが、とにかく音が凄いのなんのって。床も壁も全て鉄骨製の建物なので埃は少ないけど、鉄板を引き裂く音、ガス切断された鉄柱を重機が引きずる音、スクラップ積載車に積み込む時に投げ落とす音、それはそれは凄まじい。
そして、解体用つかみ機が重量物をつかみ損ねて重機のキャタピラがバウンドするときの振動は、震度1強くらいの体感。
それが朝の8時から始まるのだ。
あぁぁぁぁぁ~ぁ! はやく終わってくれぇ~

201906232

蒸し蒸しジメジメ鬱陶しいこの時期、雨天曇天でも目を楽しませてくれるのが樹幹いっぱいに生い茂る緑の葉っぱとのコントラストが美しい青紫の花。

たぶん、今のところこの世界中の花を咲かせる樹木の中で一番好きな樹が、このジャカランダ。

上と下の画像は去年撮った画像。

毎年楽しみにしている樹高約15メートルくらいある立派な森ノ宮某所のジャカランダ。

201906233

で、今年は、、、、

201906234

えっ!

なに? コレ? あの見事な樹幹が上半分バッサリ。

ガッカリである。

常緑樹なので葉っぱはあまり落ちてこないと思うけど、大量の花殻の掃除が大変なのかなぁ?

201906235

先日、車で谷町筋を走っていると、ふと目に入ってきた青紫の花。

谷町9丁目の「妙光寺」というお寺。

谷町筋は、1ヵ月に3往復くらい走っているのに今までジャカランダがあることを知らなかった。

天王寺の一心寺の境内にも何本かジャカランダが咲いているのは見て知っているのだが、お寺にジャカランダって何か関係あるのかなぁ?

 

 

話しは変わって、昨年末。

幅13ミリのバンドソーの刃(メーカー純正)が、優しく使っているのにすぐに切れてしまうので、勿体ないから切れた刃を溶接し直してもらえないか?と行きつけの機械工具屋さんに相談したところ、店のお抱えの刃物研磨屋さんが、1本約¥3,000-で溶接してくれると言う。

う~ん、、、新品を買うより少し安いけど、、、迷った結果、まだ切れるのに捨てるのが勿体ないので溶接を2本依頼した。

201906236

で、戻ってきたのがコレ。

201906237 

ちゃんと鋼が溶着していないのである。

しかも溶接で盛った部分をグラインダーで削り過ぎて薄くなっている。

1枚目の画像を見ても分かるようにくの字に折れている。 

これじゃ、刃にテンション掛けてスタートボタン押した瞬間ブッチンやな。

それに、よく見たらノコ刃の先っちょも削ってしまっているし、、、 

あ~あ~ ¥6,000-払ってこれは無いだろう。

とりあえず機械工具屋さんに電話して、状態を説明したら、、、、

研磨屋が「やっぱり受けるんやなかったわ」って後悔していたそうだが、だったら出来るって言うな!代金貰ってからそんな事言うなって話し。機械工具屋もそんなこと客に言うな!みんなプロ意識が欠落してる。

機械工具屋に持って行って目の前でヘタクソ溶接をへし折ってぶっちぎってやろうと思ったけど、大人げないので返金してもらった。

201906238

その時に一緒に研磨に出していた幅76ミリの大きいバンドソーの刃も後日、付け替えてビックリ‼

長さ2,850ミリで143山あるのだけど、山が2つ崩れてしまっているので材木を切るときノコ刃がしゃくって切り口がバキバキ。

このノコ刃は、メーカー純正品で1枚の値段が、¥17,000-もするのにこれではもうどこの研磨屋に持って行っても再研磨してくれない。

高い使い捨てになってしまった。しかも研磨代を支払って、、、

どんだけ技術の無い、無責任な研磨屋だろうか?

刃物が幾つあっても足りない。そして研磨に出せば出すほど赤字になる。

あまりに酷過ぎて怒りが笑いに変わってしまったので、もうこのド素人研磨屋および、客の預かり物を検品もしないで手数料を取って渡すような無責任な機械工具屋とは決別することにした。

201906239

さらに上記のバンドソーの刃と一緒に研磨に出していた丸ノコの刃も付け替えて切ってみた。

丸ノコの刃の外観はキレイに見えたのだが、実際に使用するとノコ刃のアサリ(左右の振り分け)が、まるでデタラメで切り口がガタガタ。

今回の件で、勉強になった事。

木工機械の刃物の研磨は、ホームセンターコーナンでも請け負ってくれると言う事。

木工機械の純正部品もコーナンで注文できるという事。

その他、殆どの機械工具・部品は、ものたろうで揃うという事。

今は、もうそんな時代なのだ!と言う事。

本日の1曲。

| | コメント (0)

2019.05.29

三台目・ミニフォルテ・ブラザーズ(組立て編)

201905290

 【業務連絡】

5月31(金)の12時(正午)より2019年7月~9月期の木工教室の予約受付が始まります。

その他の教室では今日現在、NHK日曜日(午前)クラスに空席があります。

---------------------------------------------------------------------------------------

昨日は、朝から残忍で身勝手な事件のニュースで1日が始まった。
犠牲になられた方々に心からご冥福をお祈り申し上げます。

大阪は、1中雨が降っていて、機械場に籠って仕事をしていると、蒸し暑くて想像以上に体力を消耗し、夕方には中途半端に絞った雑巾の様にクタクタになってしまった。
今からこんな調子では、果たしてこの先の湿湿蒸し蒸し鬱陶しい梅雨~茹だる様な夏を乗り切れるのだろうか?
あぁ、、、早く秋にならんかなぁ。
 

今日は、いよいよミニフォルテの組立てに入って行こうと思う。
 

201905291

上の画像は、既に送りローラーを組付けて、綺麗にしておいたラベルやプレートを元の位置に貼ってある。

201905292

 ガランガランと音を立てていたのは、本来この場所に2本のネジで取り付けられているダストカバーのネジが、1本無くなっていて、しかももう1本のネジも緩んでいた為である。
そして、ネジが無くなっていた方のネジ穴は、たぶん無理やりネジを捻じ込んだようで、ネジ山が潰れて新しいネジが入らなかった。

なので、タップで修復。ねじねじねじねじねじねじねじねじねじ、、、

201905293

モーターのボディ内部にまで木屑が入り込んでいたので、思いのほか掃除に時間がかかってしまった。
そして、綺麗になったモーターを組付ける。

201905294

モーターのプーリーと刃軸にドライブベルトを張って、減速機を組付ける。
この時、送りローラーのスプロケットにチェーンを掛けるのだが、これが慣れないうちは難しくてちょっとしたコツがいる。
この作業は、1号機と2号機も含めてもう20回くらいこなしているので楽勝だけど。

201905295

全てのパーツを組付けて試運転。

簡単に書いたけど、ドライブベルトの張り具合、カッターヘッドの高さ調整、替え刃の取り付け(3枚刃の微調整)、送りローラーの調整をきっちりとやっておかないと、ミニフォルテの本領が発揮できない事は言うまでもない。

201905296

画像では判り難いが、厚さ0,5mmまで削ることが出来たので合格。
その後、慣らし運転を兼ねて約30分連続運転×5回程度したが、不具合も無く調子良く可動している。

もちろん現在も使用中。

201905297

before 

201905298

after

201905299

before 

2019052910

after

2019052911

3台目・ミニフォルテ・ブラザーズ ‼

ついでに10年前に中古で購入した1号機は、刃軸のベアリングから異音が出ていたので新品に交換。

8年前に中古で購入した2号機は、過去に大きな故障をした形跡はあるけど、主要部分は丁寧に修理・交換してあったので悪いところが全くなく絶好調。

ちなみに、製造番号で見ると、1号機は最終型。2号機は中期型。3号機は初期型。

細かいところを見ると、ボディーの鋳型の形状以外にモーターのプーリーの大きさ、昇降シャフトの蓋、木っ端返しの形状が違っていたりする。

このミニフォルテ・ブラザーズは、3台とも入手後に自身がバラシて整備しているのだけど、それぞれの使われていた環境や手入れの具合が部品から見て取れるのが興味深い。例えば1号機はミニフォルテを複数台所有している大きな木工所で不特定多数の従業員に使われ、時には荒っぽい扱いを受け、アルミダイカストの昇降ハンドルは折れて別のハンドルが付けられている。やがて、送りローラーが破損し、調子の悪くなった1号機は使われなくなり湿気の多い倉庫の片隅で何年も放置されていた。(想像話し)

2号機は個人営業の小さな木工所で大事に使われていたのだが、ある日、生き節の入った国産ヒノキの板を削る際、誤って切り込み量を多く取ってしまい、それによって欠けた大きめの硬い生き節が刃軸と木っ端返しの間に挟まったか?或いは、硬くて短い角材を通した際に、送りローラーの調整が狂っていて、角材が横向きになってしまい刃軸と木っ端返しの間に挟まってカッターヘッドが破損し、その衝撃で刃軸や送りローラーも破損。しかし、小さな木工所には代替え機が無い。困った経営者は早急に信頼できる機械屋に修理を出した。破損したカッターヘッドはアルゴンかプラズマ溶接で欠損した部分を肉盛り整形し、刃軸のベアリングと送りローラーを新品に交換。モーター自体もややくたびれていたので、そこに在庫であった同サイズのモーターを入れ替えた。ようやくミニフォルテは修理から戻ってきたのだが、、、残念なことに年老いた木工所の経営者は体調を崩してしまい、廃業せざるを得なくなってしまったのだ。

数日後、お爺さんは、昇降盤や角鑿盤、自動鉋盤など大型の木工機械を中古機械屋に引き取ってもらうことにした。だけど、ミニフォルテだけは残しておきたかった。数年後、家業を継がなかった長男が、物置で養生シートに包まれた小型の木工機械を見つけた。処分に困った長男は知人に相談し、ヤフオクに出品することを決めたのだが、、、いったいお幾ら万円で出品すれば良いものだろう? この話し、いつまで続くねん!

まだまだこの想像話は続きそうなので、この辺で止めておくが、、、

3号機は、大体1号機と2号機を足したような感じ。
ちなみに3号機は近々手放す予定。

是にて、3台目・ミニフォルテ・ブラザーズ物語は終了。

本日の1曲。

| | コメント (0)

2019.05.27

三台目・ミニフォルテ・ブラザーズ(再生編)

201905280

今朝は快晴だったけど、午後から曇天。

さぁ、今週も頑張って行こう! 
って、思っていたけど、3時ごろから急に睡魔に襲われて6時半まで熟睡してしまった。
で、何でか?夢の中でトランプ大統領とメラニアさんにトランプのマジックを披露してたなぁ。
もちろん小学生レベルのインチキ手品で呆れられてたけど。

あぁ、、、もう日が暮れてしまったなぁ。
明日から頑張ることにしようと思う。

201905281

前回の『分解編』の最後に書いた「材木を食べてくれない原因の送りローラー」は、幸いなことに割れや欠損が無かったので、ゴムローラーの表面を旋盤で削って再利用することにした。

201905282

上の画像は、加工後のゴムローラー
入り口側のゴムローラー(下)に少しデコボコが残っているけど、このくらいなら許容範囲内だと思うので、直径27,5mmで旋盤終了。
(ちなみに新品のゴムローラーの直径は30mm。)
今回は、組み立ての時に入り口側のローラーと出口側のローラーを入れ替えようと思っているので、たぶん?ちゃんと材木を食ってくれると思う。

高価なゴムローラーが再利用できそうなので、約2万8千円の節約。

201905283

ゴムローラーのシャフト、スプロケット、軸受けの錆び取りが済んだの図。

201905284

そして、問題の刃軸。

『ギュオーン』って鳴っていたのは、この刃軸の両端にあるベアリングの使用限度が超えてスムーズに回転しなくなっていたからである。
特にモーターからの動力を受ける側(画像の右側)の劣化が酷い。

201905285

バラシて新品のベアリングに交換。

201905286

外装パーツの手直しと掃除をして、再塗装。

元色のライトグリーンは、何か古めかしい感じ(古いけどな)なので、ライトベージュに塗った。
本当は、12年くらい前に買ったアサヒペンの「ウィニーグリーン」と言う塗料が余っていたので、新しく買うのが勿体なかったらしい。

201905287

今回、カッターヘッドは外す必要が無かったので、付けたまま本体も塗装。

201905288

本体の塗装が乾いたので、ロゴもキレイに化粧直ししておく。

201905289

ホームセンターで、ステンレスの薄板を買ってきて、あるモノを製作。

2019052810

 何を作っていたのかと言うと、削り取ったカンナ屑が送りローラーに飛び散らないようにする為の薄いステンレス製の部品。右端が本機に付いてあったモノで、使い物にならないくらい破損していたのである。

真ん中が今回作り直したモノなのだけど、DIY用の加工し易い磨きの掛かったフェライト系のSUS430で作ったので、ちょっと垢抜けしないところが残念。
強度的には必要にして十分な上、まったく見えないところに取り付ける部品なので、これでも良いのだが、本当はマルテンサイト系の硬いステンレスが欲しかった。

2019052811

塗装の硬化待ちの間にアルミのプレートの汚れ落とし。

ピカールでいきなりゴシゴシすると、プリントが剥げてしまいそうなモノは、歯磨き粉で優しく拭き拭き。

さて、下ごしらえは終わった。次回は、いよいよ組立てに入る。

本日の1曲。

| | コメント (0)

2019.05.26

三台目・ミニフォルテ・ブラザーズ(分解編)

201905261 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、昨日のブログでチラっと書いた「機械の再生修理」の話し。
昨年の末に書いた記事の中に出てきた【ミニフォルテ】と言う古~い機械。

『自動一面カンナ盤 ミニフォルテFX120』は、1989年に愛知の飯田工業が生産を開始した機械で、0,5mmの厚さにまで木材を削ってしまえる優れもの。そして、30年経った今、残念ながらもう生産は終了しているのだが、未だに人気のある機械で中古機械屋で整備された物?は10万円~15万円ほどで取引されている。ヤフオクでもポンコツは4万円台~程度の良いもので12万円くらいで出品・落札されているのだ。
ただ、困ったことに専用の使い捨ての替え刃も生産が終了しているので、定価6000円ほどの替え刃が、ヤフオクで2~3倍の値段で売買されているのが現状。(純正品と同等の替え刃をリプロダクション生産してくれる刃物屋さんはあるらしい。)ウチは、14回交換できるだけの替え刃のストックがあるので、機械に取り付けてある分を含めても重大なアクシデントが無い限りこの先20年は、替え刃には困らない。と言うか、あと20年もこの仕事ができるのか?

201905260

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミニフォルテのカタログには、3色のバリエーションがあるみたいだけど、ほとんどベージュしか見た記憶がない。1度だけライトグリーンをヤフオクでみたけど、個人的にはスカイブルーが好きかも。

今回譲り受けたミニフォルテは、少なく見積もっても四半世紀以上前に製造された初期型で、かなり酷使されており、使われなくなって20年ものあいだ、倉庫の片隅で埃とカビにまみれたまま放置されていたのである。

201905262

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見た目は、ハッキリ言って汚いポンコツだ。

201905263

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恐る恐る電源を入れてみた、、、

201905264

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キュッって鳴ったあと、ジャランジャラン、ガランガラン、ギュオーンってなんだか賑やかな音がする。

201905265

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん材木を削ってみようと思って刃口に入れてみたけど、、、
うぇっ!って吐き出されて、それでも無理やり突っ込んだけど飲み込んでくれない。
まぁ、起き抜けに食えんわな。拷問やな。

201905266

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、分解である。
分解って、なんで楽しいんやろ。

減速機の蓋が中々外れなかったり、、、

201905267

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

送りローラーのスプロケットを連動させるチェーンのテンショナーがグラグラしていたので外そうと思ったらプラスネジの頭が潰れていて回せなかったり、、、

ジャランジャランの原因はコレかなぁ?

201905268

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この部分は、既に手が入っていた形跡があり、純正のワッシャではなく急ごしらえの在りもののワッシャ3段重ね。
ちょっと強引な荒っぽい修理がそこかしこ。
潰れたネジの頭は、金ノコで溝を切ってマイナスドライバーではずした。

201905269

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず、バラシた。

2019052610

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

材木を食べてくれない原因は、コレ。
入り口側の送りローラーが劣化してガタボコ。
この部品は、10年前に別のミニフォルテを修理したときに新品を購入したのだけど、当時で1本1万2800円+税もしていたので今回は、、、、う~ん

次回に続けよ!

本日の1曲。

 

| | コメント (0)

2019.05.24

ひと段落

201905241

5月でこの暑さはキツイかも知れない。
この週末がちょっと憂鬱だ。
それにしても4月~5月の何と忙しかったこと、、、
機械の故障 → 修理 → 野暮用 → 週末は木工教室 →
別の機械の再生修理 → 香道具製作 → 週末は木工教室 →
他の仕事 → 機械の再生修理 → 週末は木工教室 →
また別の機械のメンテナンス → 香道具製作 → 週末は木工教室 →
香道具製作 → 4日前にやっと香道具の納品が出来た。
こんな感じで、漸く鉄と木と油と埃まみれの生活から解放されて少しホッとしているのだ。

今回、香道具を製作している間、ずっとYouTubeを自動再生でランダムで聴いていたのだけど、、、
PCから流れてきた『君はロックを聴かない』という曲がツボにはまってしまった。
なので、5月の myマンスリー・アーティストは【あいみょん】
まさか、あいみょんを聴き倒すとは思わんかったなぁ~
『貴方解剖純愛歌~死ね~』って、えげつなく画期的な歌詞やなぁ。

 
さぁ、ひと段落ついたところで、ちょっとのんびりとしたい気もするけど、、、
だけど、ボーっと生きてんじゃねくて、アレやって、コレやってって動いてるほうが何となく幸せな気がする。
本日の1曲。

 

| | コメント (0)

2019.04.11

桜の花を見に河川敷へ、、、

201904091

先週末のポカポカ天気から一転、今日の寒い事。
また、ストーブのお世話に、、、
一昨日の月曜日に桜の花を見に河川敷へ散歩に出かけたのだが、、、

201904092

ありゃりゃ!  目隠しされてますけど、、、

201904093

『この先 通行止』ってアンタ!

201904094

今のこの時期に通行止めですか?

201904095

しかも一旦、土手を降りて河川敷に、、、

201904096

この先の公園に続く桜並木の開花を見に来たのに肝心の桜並木を迂回するって?

201904097

鉄の壁をぐるっと回って、、、

201904098

桜並木が消えてるって話しや。

どれだけ重要な工事かは知らんけど、来年の2月まで導水管撤去工事が続くらしい。
ってことは、工事後に新しく桜の木を植えたとしても、、、

201904099

ここは残してくれるよなぁ?

2019040910

たかが桜、、、されど桜。
有ると、無いでこれだけ寂しい気分になるのって、やっぱり桜は偉大である。

本日の1曲。

| | コメント (0)

2019.03.30

2年ぶりの登城

201903272_1

27日、大阪でも今年のサクラの開花が発表された。

仕事もひと段落ついたし、天気も良いし、絶好の散歩日和である。

そんな日は、木々に囲まれた静かな道をカメラ片手に小鳥を探して歩くのが心地よい。

と言う訳で、2年ぶりに大阪城公園へ鳥撮り散歩に出かけたのだが、、、

201903271_1

あれ? ここはどこの国のテーマパークかな?

 

見渡す限りの観光客。

すれ違う人々は、みな異国語を話している。

ニーハオ!  アニヨ!  コップンカ。

201903273_1

それにしても2年間でこんなに環境が変わってしまうのか?
森ノ宮駅から噴水広場に向かう水路は埋められて花壇になってるし、、、
噴水の周りには、スターバックスや『R Baker』というパン屋とか『ボーネルンド・プレイヴィル』なんて言う児童向けの遊戯施設が出来ていたり、、、
ああ、、、ベンチに座ってハトにエサをあげてるお爺さんも居ない。
ああ、、、ベンチに座って口開けて居眠りしてるサラリーマンも居ない。
ああ、、、ベンチに座っていちゃツイてるバカップルも居ない。
ああ、、、ベンチの周りに群がっていたハトも、、、噴水で水浴びしていたカラスも、、、
ああ、、、あの長閑な風景がもうそこには無い。

201903274_1

パン屋の裏側、、、これがお洒落ってヤツか。
草が生い茂った木陰で昼寝していた人々はいったい何処へ行ってしまったのだ。

201903275_1

以前、ここは、草木が鬱蒼と茂っていた市民の森。
市民の森や、この先の太陽の広場東の森辺りは、昨年の台風21号で沢山の樹木がなぎ倒されて風景が変わってしまったらしいけど、、、
ただ、自然災害で変わってしまった景色は、、、
しかし、目先の金に目が眩んで壊してしまった景色は、、、
大阪市のふところ事情の関係なのか?アジア各国からの観光客を呼び込んで外貨を稼ぐ絶好のチャンスなのは分かるけど、なんかちょっとやるせない。

201903276_1

そんな人間の事情なんか知る由もないスズメちゃん。

201903277_1

相変わらず渋いジョウビタキのジョー。

201903278_1

いつもお洒落なシジュウカラの旦那。

201903279_1

なんだこりゃ?
アカゲラやサンコウチョウで賑わっていた飛騨の森が壊れてる。

2019032710_1

コマドリやノゴマ、コルリやクロツグミが居たあの森が、、、

2019032711_1

これがかつての森の姿か?

サクヤルミナ? イルミナージュ? 3Dマッピング?
森を壊してまでやらんとアカンもんかなぁ?

2019032712_1

こんな電飾祭りは、それこそ大阪万博のPRも兼ねて舞洲とかでやった方が良いいような気もするけど、、、
これが、綺麗な景色か?
それはそうと、ここまで来て、まだバーダーやカメラマンに一人も会っていないことに気付いた。
ここには三脚&バズーカレンズを担いだカメラマンがいつも10~20人くらい居たはずなんやけど、、、
あのカメラ自慢に花を咲かせていたお爺さんたちはいったいどこに行ってしまっのただろう?
我が物顔で三脚を広げて森を占領していたあのカメラマン達は今、皮肉にも大勢でやって来る観光客や電飾のイベント目当てにやって来る家族連れに居場所を奪われてしまったのか?

2019032713_1

ヤツデの実を啄むヒヨドリのお兄さん。

2019032714_1

水を飲むハシブトガラスのカァー君。

そろそろ昼ご飯を食べようと天守閣の裏、大手前配水池の横にある白龍大神へ行くと。

2019032715_1

ここにも台風の爪痕が、、、

2019032716_1

なんだこりゃ? 3Dマッピングの装置?
バリケードで囲まれていて先に進めない。

2019032717_1

いつも昼ご飯を食べていたコンクリートのテーブルも関係者以外は立ち入り禁止である。

bad idea ?
終わったな!大阪城公園。

2019032718_1

西の丸庭園の空堀の石垣でトカゲを捕食中のチョウゲンボウのチョーさん。

2019032719_1

いつも可愛いけど、目は笑っていないメジロのジロー。

2019032720_1

なかなかジッとしてくれないエナガのエッちゃん。

2019032721_1

いったい1日に何台くらいの大型観光バスが入ってくるのだろうか?

2019032722_1

ここは何処?

 

本日、出会った野鳥は、ツグミ、シロハラ、ジョウビタキ、シジュウカラ、メジロ、ツバメ、チョウゲンボウ、ハクセキレイ、エナガ、オオバン、ヒドリガモ、カルガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カワウ、キジバト、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ムクドリ、スズメ。

出会った猫は、たった1匹。

本日の1曲。

| | コメント (0)

2019.03.20

next

201903181

 

時々、自転車置き場の前の側溝の中をジッと覗き込んでいるヒロシとオカちゃん。
いったい何が居るのかなぁ?と見に行ってみると、、、何も居ないのである。
たぶんイタチが溝蓋の下を移動していたのか?ネズミが下水管の中からチョロチョロと顔を出しているのではないかと推測する。
先日、深夜にヒロシとオカちゃんが対面の歩道の角に座って寛いでいたのだが、そこに食べ物を咥えたイタチが走ってきて鉢合わせ。
一瞬、イタチは足を止めて驚いた様子だったのだが、それ以上にビックリしたのか?ヒロシもオカちゃんも固まって微動だにしない。
それを見たイタチは何事もなかったように悠然とその場を立ち去った。
次は、ヘビかな? カニかな? 何かな?

 

201903182

 

先日、信号待ちで止まったとき、反対車線の某整備工場に止めてあった1960年代に生産されたトヨペット・コロナラインを見かけた。
帰って画像をPCに移してみたら『暮らしの手帳社』と書いてあった。当時の社用車かも?

 

先週、次の香道具に使う材木を取りに帝塚山の木工屋に行った帰りに近くの外車屋(スーパーカーを扱っている)の前を通った。
ここは、2~3台が収まるくらいの広さの小さな車屋で、ランボルギーニ・ミウラやウンタック・アニバーサリー、ガヤルド、フェラーリ・F355などが時々ショーウインドウに入っていたりするのだけど、車を停車できない交通量の多い片側2車線の道路なのでいつも前を通るときに一瞬しか見れないのである。
この日は、20メートルほど離れた反対車線の左側だったので1~2秒しか見れなかったのだけど、、、
あっ! 赤いカウンタックLP400
1~2秒の間に目に焼き付けた記憶を辿ると、確かに赤いカウンタックLP400。
しかも後付けの黒いオーバーフェンダーとボンネットのランボルギーニのエンブレムのすぐ上に青っぽい四角いステッカーが貼ってあったような気がする。
そんな訳ないか? 本物は、横浜の某所にあるらしいし、、、
それに内装の色が黒っぽかったような、、、ホイールがブラボーホイールとは少し違っていたように思うし、、、
ウルフ・カウンタック1号車仕様かもな。
それでも良いよなぁ、、、カウンタック。こじんまりして、スマートでぺったんこで。
今となっては、1億円でも買えないっていうのもスゴイよなぁ。
次は、どんなスーパーカーが入ってくるのかな?
201903187

 

今回の香道具製作中に聴き倒したアリアナ・グランデのCD

 

左からデビューアルバムの『ユアーズ・トゥルーリー』
セカンドアルバムの『マイ・エブリシング』
3作目のアルバム『デンジャラス・ウーマン』
4作目のアルバム『スウィートナー』
真ん中が5作目の最新アルバム『サンキュー、ネクスト』
1,2,3作目までと4,5作目で楽曲の雰囲気が変わってきたのは、あの事件やあの出来事の影響かなぁ。
どれも良いアルバムだけど、個人的には、3作目が一番好き。

 

次の6作目は、どんな感じになるのかなぁ?
本日の1曲。

| | コメント (0)

2019.02.27

ブルー

【業務連絡】

明後日、3月1日(金)の12時(正午)より2019年4月~6月期の木工教室の予約受付が始まります。

その他の教室では今日現在、NHK日曜日(午前)クラスに空席があります。

---------------------------------------------------------------------------------------

201902271

あぁ~昼寝したい~

このところ時間の使い方が下手なのか?体力気力が低下しているのか?なかなか物事がスムーズに進まない。
やりかけ及び思案中の案件が幾つもあって、尚且つ半月後に納品予定の香道具も全行程の6割ほどしか出来ていない有様。
さぁ、どうする、、、やるしかないけどな。

201902272

昨日は、車に乗っていると日差しが暑くて顔が火照ってくるので止むを得ずクーラーを入れたけど、、、
今日は、室内で作業していると寒くてストーブが離せない。
で、明日は雨かぁ、、、レイニーブルーやなぁ、、、

ブルーと言えば、アルピーヌ。

201902278

上の画像は、後列左が【Alpine Renault A110 1600S】 1971Monte Carlo
後列右が【Alpine Renault A110 1600S】 1973 Rally Maroc
共にトロフュー製の1/43モデル
前列がミニチャンプス製の1/43モデル【Alpine Renault A110 1300S】

201902279

実車のエンジンは、1,100、1,300、1,500、1,600、1,800
ノックダウン生産やライセンス生産をしていたらしいので色んな種類があるみたい。
よう分からんけど。

2019022711

実車のボディーはFRPで、フェンダーやスポイラーの形が色々あって、外観を見ただけではグレードが分からない。
個人的には、1,300 のゴルディーニエンジン搭載車が好き。
よう知らんけど。

2019022710

フランスのライトウエイトスポーツカーは、リアエンジンが多いような気がする。
よう分からんけど。
10年くらい前から見ているサイト

201902273

先日、Yさんが購入された新型のアルピーヌA110(ピュア)2017

201902274

初代のA110をオマージュしたデザイン。

201902275

エンジンはミドシップになったらしい。
ちなみにトランクスペースは、スーパーのレジ袋が2つ入るくらいの大きさ。
まぁ、この車でわざわざスーパーに買い物しに行く必要はなさそうやけど。

201902276

パドルシフトと液晶モニターとアーチ形のセンターコンソールに埋め込まれたプッシュボタンスイッチが最新スポーツカーの必須アイテム。
サベルト製のバケットシートは、初代A110のデザインに似ていた。

201902277

パドルシフトの車って、バックするときどうやって操作するのか聞いてみたら、センターコンソールにある『R』のボタンを押すそうだ。
ちなみにニュートラルギアもパーキングブレーキもボタン操作。
ちょっと走ってみたら?と言われたけど、35年間、当たり前のように左手はシフトレバー、右手はハンドル、左足はクラッチペダル、右足はアクセル&ブレーキペダルで操作していたアナログな昭和40年男には最先端のハイテクカーは、難し過ぎて理解するのに時間がかかるので辞退したけど、この先10年後、これが当たり前になってるんやろなぁ?
知らんけど。

本日の1曲。

| | コメント (0)

2019.02.12

時の流れ

201902101

湯たぽんを3個挟んだ布団の間に潜って寝るのが、今年の冬の過ごし方。
でも独りぼっちになる深夜~朝は、湯たぽん入りのちぐらで寝てるみたい。

201902102

一昨日、自宅の2階で晩御飯を食べていると、裏の路地でヒロシが怒っている声がしたので窓を開けて下を覗いた。
路地のブロック塀の上にヒロシとオカちゃんが座っていて隣の駐車場の方を見ている。

あれ?  ガリちゃん?
半年ほど前に野良生活に戻ってしばらく姿を見せなかったガリちゃんが帰ってきたのだ。

慌てて下に降りて駐車場に向かった。
一瞬、ガリちゃんは驚いて逃げてしまったのだけど、「ガリちゃん。こっちにおいで!」って呼ぶと顔が見えるところまで戻ってきてくれた。
そして機械場のドアを開けてガリちゃんが入ってくるのを待っていたのだけど、、、
5メートルほど離れて、それ以上は近寄って来なかった。
でも久しぶりに見るガリちゃんは元気そうにみえた。

もう少しガリちゃんを見ていたかったのだけど、、、

ちょっと待てよ? 確かガリちゃんは昨年末にこの世を去ったはず。

あぁ、、、これは夢かぁ。

きっと最後のお別れをしにきてくれたのかもなぁ。
そう思うと何だか寂しい気がした。

201902103

一昨日、ガリちゃんが亡くなってちょうど49日目だった。

201902104

体調を崩したり、精神的に落ち込んだり、ストレスが溜まったりすると右手の親指の爪にはっきりと痕跡が残る。
上の画像は、一月ほど前に撮ったものなのだが、爪の頂上付近の凹みは、チャコちゃんの時、7合目辺りは、ケンちゃんの時、麓に見えてきているのはガリちゃんの時のダメージ。

結構、精神的なダメージが大きかったんやなぁ、、、

でも、チャコちゃん、ケンちゃん、ガリちゃん、今まで仲良くしてくれたニャンコさんたちも時々夢に出てきてくれたら嬉しいなぁ。


深夜に凸凹の爪を眺めながら時の流れを実感する。
そして確実に自分の寿命も縮んでいることに気付く。

本日の1曲。

| | コメント (0)

2019.01.23

木鐘ベルトサンダー

201901221

今日のブログのタイトル『木鐘ベルトサンダー』って『獣神サンダーライガー』とタッグ組んでそうやなぁ。

上の画像は、枕木鐘(マクラモクショウ)と言う仏具。
木柾や木鉦と書くのが一般的なのかもしれない。
この枕木鐘は、小さな木槌のような倍(バイ)というもので上面をキンキン・コンコン打ち鳴らす木の鐘で、大きさは横方向(長い方)の寸法が、3.0寸~5.0寸まで5分刻みにおそらく5種類ほどあり、材質は主にケヤキ、カリン、サクラで出来ている。

じつは、木工屋を始めた1997年から3年間ほど、この枕木鐘の加工の仕事をしていた事がある。
22年前、知人が、木の塊を旋盤で太鼓饅頭の様な形に丸く削って内側を刳り貫き、表面に磨きを掛けた日蓮宗で使う木鉦を製作されている木工さんから「枕木鐘を加工出来るところはないか?」って相談を受けてるんやけど、、、やってみる?って打診されたのだった。

当時、脱サラ(懐かしい言い方)して木工を始め、最初の頃はお金が出て行くばかりで、何もかも手探り状態、木工家具製作と言っても注文の殆どが身内がらみで収入が安定しなかった頃なので、この枕木鐘の仕事は本当に助かっていたのだ。

まず初めに充分乾燥させた長方形の材木の底面を旋盤で加工したものを支給されるのだが、乾燥の過程で木材に捻じれや反りが出ているので、バンドソー(帯鋸盤)や昇降盤(丸鋸盤)である程度形を整えてから両端の穴を開け、お借りした専用の溝切り機械で穴と穴の間を水平に切り、更にバンドソーで側面を斜めに切って傾斜をつける。そして、上面も同じようになだらかな傾斜をつける。
これが1ロット約100個あって、ここまでは比較的スムーズに進むのだけど、このあとが、、、、

これもお借りしたベルトサンダーに#80くらいの粗い目のレジンクロスを着けて全体を整形するのだが、、、
その時、ひとつひとつ上面を叩きながら音色の確認をする。それが慣れないうちは難しくて、カチンカチンって硬い音になったり、ポコンポコンって薄っぺらい音になったり、、、材質によってもそれぞれ音が違ってくる。
なので、不良品を出して迷惑をかけたこともあったり、、、
そして、キンキン・コンコン鳴るようになれば、#120くらいで仕上げのサンディングをするのだが、、、
カリンやサクラの場合は比較的早く綺麗に仕上がるので嬉しいのだけど、ケヤキが結構手強い。
根っこに近い部分や幹の付け根辺りの硬い部材、高樹齢のヌカ目の部材は別として、樹脂分を多く含んだものや若くて粘りのある部材は、すぐに焦げてしまうのである。
そして、何より辛いのが、このケヤキの粉塵。
辺りが黄色い煙幕になるのは勿論の事、この粉塵を吸い込むと噎せる噎せる。
なので、マスクの上からタオルで顔と頭を覆って防塵メガネを掛けて粉まみれになるので、夏場はそれはそれはもう、、、まぁ、今となっては良い思い出なのだが、、、

で、ウチでやる加工は、ここまで。
この後のワックス仕上げは木工さんが施すことになっていた。

ちなみに上の画像の枕木鐘は、当時、ウチにあったケヤキの端材で作って、試しに漆で仕上げたモノ。

201901222

これが、その時使用していた日立のベルトサンダー

残念ながら、木工さんは現在もうこの仕事をやめられているのだが、、、
数年前にこのベルトサンダーを譲り受けていたのだけど、何かとバタバタしていて、、、
昨年もいろんな事があって、結局、欠品していた直角定盤の部品を取り寄せて、新しく作ったワゴンに固定したまましばらく手付かずで機械場に置いてあった。

そして、ようやくその時がやって来たのだ。

201901223

まずは、横になっているベルトサンダーを万歳させて、、、

201901224

下半分をカバーして、、、

201901225

定盤と集塵ホース差し込み口を取り付けて、、、

201901226

上半分のカバーを作って、、、

201901227

被せたら、、、

201901228

はい! 『フルカバード・ベルトサンダー』の出来上がり!

201901229

安全操作・集塵効果絶大のコンパクトボディーに生まれ変わったこのベルトサンダーの製造年は1997年。
もう22年も前の機械だけど、まだまだ現役、これからも現役。
大事に使わせてもらおう。

本日の1曲。

| | コメント (0)

2019.01.04

穏やかな河川敷

201901031

昨年、ケンちゃん、チャコちゃん、ピョンちゃん、ガリちゃん、ヒロシ、オカちゃんが食べ残したキャットフードが約2kg溜まっていたので、昨日、河川敷へ散歩がてらハトやカモメに会いに行ってきた。

201901032

この時期、カラフルな野鳥は見ることが出来ないけど、比較的地味な野鳥はやって来る。

201901033

いつもは直ぐ逃げてしまうのに、傍までやってきて手のひらに乗せたパンを食べてくれた可愛いスズメたち。

201901034

ハシボソガラスも穏やかな感じだった。

201901035

ジリジリと近寄ってくるユリカモメ。

201901036

ドバト、オオバン、ヒドリガモ、スズメ、ハシボソガラス、ユリカモメ、、、みんな可愛かった。

本日の1曲。

| | コメント (0)

2019.01.02

2019年

20190102

昨年は、楽しい記事が少なかったけど、今年はもう少し楽しい記事が書けるようにしたいと思う。

時々しか更新しませんが、本年も宜しくお願い致します。

本日の1曲。

| | コメント (0)

2018.12.31

mokkouyaの2018年のおさまらない日々

暮れも大晦日だけ。
なのに、mokkouyaは本当に最後の最後までおさまらない2018年だった。

永く付き合いのあるA社を通じて、B社にある修理の依頼をした。
その修理というのはメーカーの想定外の修理なわけだけれども、B社に変わる前身の会社の時代からA社に依頼してやってもらっていた修理だったので、ダメ元でお願いしてみた。
はっきり言って面倒な修理なので「出来れば」でいいのでという感じだったのだけれども
快く¥●000-でできるというので発注(←ここ重要)

数日が過ぎ出来上がってきましたとA社から連絡。
昨日引き取りに向かう。

急いでいたのでその場では確認せず引き取って帰って、開けてびっくり!

一応修理してあるのだけれど、「なにこれ!」的修理。
素人目に見ても次使うときには確実に壊れるのが判るくらいの出来。

これがお金を払ってしてもらう修理?

あまりにも納得できなかったので速攻、これはどうなの?とA社に電話すると
A社の奥さんは明らかに面倒でぞんざいな対応。挙句の果てに
「B社が、こんな修理引き受けたくなかったって言うてましたわ」と
それ、お客に言う?!って耳を疑う言葉。
マジか!

じゃあ年明けに持ってきてくださいという話で電話は終わったのだけれども、
mokkouya二人して、気持ちのおさまらん空気になり、差し違えるのも覚悟で(まぁ物騒な・笑)今日30日引き取った品物を持ってA社に突撃した。
店先には奥さんと代替わりした息子。
「ああ、毎度」といいつつも明るい顔ではない。

その後の展開は予想通りだった。
これ見てくださいと持っていった品物を、まじまじと見る気もない様だった。
むこうからしたら、うちは出来上がりに文句をつけるクレーマーなのだろう。あまりにも腹が立ったのでB社から帰ってきた品物を検品せずに出してるんですか?と問うた。
そしたら、B社を信用して開けていないという。
おいおい、せめてここで、「確認してませんでした、えらいスンマセン」と出んかー?
そして確認して当たり前だと思うけど。
それでお金もらってるのに、怠慢すぎやしないか。


実は今までも同様なことが何度かあって、そのたびにこの繰り返しだった。

今回は返金となり、おさまったのかおさまっていないのかよくわからない終わり方になったけれど、うちはA社にしてみるとうっとうしい客なのかもしれない。

永く世話になってきたけれど、もう終わり。そんな気がした。
うちがA社の立場ならお客に申し訳ない気持ちになるのだけれど、皆さん、これ間違っていると思う?

こんなこと年明けまで持ち越して、悶々するのが嫌で今日片付けてきた。
気持ちがおさまらなかったので、久々にブログを書いた。

今日はもう大晦日。
最後にはもっと別の楽しいことをUPしたいな。

| | コメント (0)

«I feel like crying now